25,000人の全従業員で進めるプラスチック・スマート  「Green Plastic Smart」(GPS)プロジェクトがスタート

株式会社グリーンハウスは、環境省が世界的な海洋プラスチック問題の解決に向けて、個人や企業など幅広い主体が連携協働して取り組みを進めることを後押しするために2018年10月よりスタートした「プラスチック・スマートキャンペーン」に賛同し、全従業員で進める「Green Plastic Smart」(GPS)プロジェクトを立ち上げました。「プラスチック・スマートキャンペーン」への賛同はコントラクトフードサービス企業としては初めてになります。

 このたび、株式会社グリーンハウス(東京・新宿区 代表取締役社長:田沼千秋)は、環境省が世界的な海洋プラスチック問題の解決に向けて、個人や企業など幅広い主体が連携協働して取り組みを進めることを後押しするために2018年10月よりスタートした「プラスチック・スマートキャンペーン」に賛同し、全従業員で進める「Green Plastic Smart」(GPS)プロジェクトを立ち上げました。「プラスチック・スマートキャンペーン」への賛同はコントラクトフードサービス企業としては初めてになります。

 

 当社はこれまで、プラスチックごみなどの回収を行う年間50回以上の地域清掃活動(2017年度)や運営する社員食堂で、クライアント企業と共にプラスチックストローを削減するなどの取り組みを進めています。GPSの立ち上げに際し、当社は「プラスチック・スマート」を発信するInstagram(インスタグラム)公式アカウント、「グリーンハウス環境(greenhousekankyo)」を開設、これまで社内イントラネットでのみ共有していた取り組みを積極的に対外発信して「プラスチック・スマート」を知っていただく活動を推進するとともに、これら現場や各支社の取り組みのさらなる推進を図ります。また、従業員自らが、「プラスチック・スマート」キャンペーンの趣旨に基づく活動を、利用するInstagram(インスタグラム)などSNSでの投稿を促進します。また、今後は本社においても代替素材の研究、導入などの取り組みを進めます。

 

 

 

  

 

 

 グリーンハウスグループは創業以来の社是「人に喜ばれてこそ会社は発展する」のもと、「地域社会」や「地球環境」へのコミットメントなどESGやSDGsにも合致する経営理念に基づき、食とホスピタリティに関する幅広い事業と社会貢献活動を展開しております。当社は本プロジェクトを通し、本社、各現場、従業員それぞれが一体となって海の豊かさを守り、社会的任を果たす活動をさらに進め、人や社会に喜ばれ、人々の健康を支援する「食を通した健康貢献企業」を目指してまいります。

 

本件に関するお問い合わせ先

株式会社グリーンハウス

​広報室 担当:福田隆憲  Tel:03-3379-1249 e-mail:fukudata@greenhouse.co.jp

〒163-1477 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー17F (http://www.greenhouse.co.jp/

 

 

【参考資料】   

<Green Plastic Smart (GPS) プロジェクトの概要>

 

  <Instagram(インスタグラム)公式アカウント「グリーンハウス環境(greenhousekankyo)」>

  

​   

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社グリーンハウス
代表者名 田沼 千秋
業種 外食・フードサービス

コラム

    株式会社グリーンハウスの
    関連プレスリリース

    株式会社グリーンハウスの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域