プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数54,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

広島府中への大学誘致を見据え、お寺の中でドローンレースジャパンカップが開催!

一般社団法人日本ドローンレース協会

! 2019年1月11日 10時

一般社団法人日本ドローンレース協会は、ふちゅう大学誘致の会と広島県府中市にある「釈迦院」のお寺にて、2019年1月19日(土)に、21世紀の新しいスポーツである賞金付きFPVドローンレース『JDRA TINYWHOOP JAPAN CUP』を開催いたします。今後広島で国内レースタイトルや世界大会が開催されることを目指し、広島県初となるFPVドローンレースを行います。

 

2019年1月19日(土)に広島県府中市にある釈迦院にて、広島県初となるFPVドローンレースを開催いたします。選手申し込み、ドローンの体験(無料のため人数制限あり)、15時以降のレース見学や取材は可能です。ぜひお越しください。

 

開催概要

タイトル:JDRA TINYWHOOP JAPAN CUP No.17 in 釈迦院

日付:2019年1月19日(土)16時〜21時

場所:広島県府中市土生町1158 釈迦院

配信:ニコニコ生放送でライブ配信(17時〜)

主催:ふちゅう大学誘致の会

   府中商工会議所

運営:JDRA 日本ドローンレース協会

   瀬戸内DRONE WALKER

内容:①ドローン体験会(無料)(10時〜)

   ②航空安全祈願法要(13時〜)

   ③FPVマイクロドローンレース(16時)

   ④マイクロドローンHD空撮コンテスト

見学取材:可

 

広島県で初開催となるFPVドローンレースとは?

 

FPVゴーグルをかけて行うスピードドローンレース

全く新しいスポーツ競技であるドローンレース。

ドローンパイロットはFPVゴーグルと呼ばれるヘッドマウントディスプレイを装着し、ドローンについたカメラの映像を見ながら操縦を行い、スピードを競います。今や世界中で爆発的な人気をよんでいるのがこの「FPVドローンレース」であり、JDRAでは国内外でドローンレースを企画運営し、スポーツとしてドローンを安全に普及しております。

 

マイクロドローンは、わずか25gの超軽量のドローンでありプロペラガードが必須であるため、当たっても全く痛くない安全なドローンであり、子供から大人まで、老若男女が一緒に楽しむことができる数少ない競技です。

わずか30gも満たないマイクロドローンが縦横無尽にコースを飛び回る

 

小さく安全であるがゆえに、飲食店や商業施設など人が混み合うスポットでもドローンレースが開催することが可能であり、今回なんと”お寺”の中の本尊がある場所でドローンレースを開催することとなりました。

 

営業中の中華料理屋で行われたドローンレース(店内は満席)

 

日本初開催となる『賞金付きマイクロドローンHD空撮コンテスト』も開催

 

ドローンレース開催地となる釈迦院は、およそ900年の歴史を有する寺院であり、今回はレースや体験会のみならず、寺院を舞台とした空撮コンテストを開催することとなりました。空撮コンテストに参加することが許可されるドローンは200g未満でかつHD撮影が可能なドローンであり、安全面や法律面も考慮した上で実施されます。

 

わずか60gでFHDの安定的な撮影が可能なマイクロドローンが世界中で話題

 

当日の見学は無料、ドローンの体験会は先着となります。

なお、取材については事前にご連絡をお願いいたします。

 

 

主催・運営情報

◯一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)

時速150kmのスピードドローンレースを筆頭に、わずか30gのマイクロドローンレースや、誰でもチャレンジ可

能な障害物ドローンレース「NINJA DRONE 忍©」、ドローンスカイバトルなど開発するなど、ドローンレースの安全で発展的な普及につとめています。

 

◯ふちゅう大学誘致の会

『地域の発展のために高等教育機関を誘致する』という目的で2016年7月25日に府中青年会議所の呼びかけで発足。府中青年会議所・府中市・府中商工会議所・NPO法人府中ノアンテナ・NPO法人アルバトロス・市民などから府中の未来のために行動する有志によって組織され、誘致のための調査や各関係機関との交渉・調整などを行う。

 

◯瀬戸内DroneWalker

「瀬戸内海からドローンの安全文化を創ろう!」を目指して集まったドローンユーザーで構成。メンバーは広島県・岡山県・香川県と瀬戸内各県在中の20代から50代の有志。 瀬戸内海の多島美、ものづくりの街や地元学生・国産ドローンメーカーとの連携とドローンを通じた地方活性に努めています。

 

◯釈迦院

救護山釈迦院の開祖は1100年(康和2年)法印宥清和尚の開基、施主広瀬大膳大夫、藤原通明の建立で、本尊は行基菩薩の御作一尺五寸の釈迦如来像と、定朝作の阿弥陀如来像である。およそ900年の歴史を有する寺院。元禄時代までは救護山実蔵寺釈迦院と号していた。宗旨は真言宗古儀、御室派に属し、本山は京都の仁和寺である。

 

ライブ配信・申込情報

[ニコニコ生放送-番組ライブ配信-FPVマイクロドローンレース]

http://live.nicovideo.jp/watch/lv317853727

 

[ドローンレース申し込み・見学ページ]

https://jdra-tinywhoop-japan-cup-no17.peatix.com/view

 

[マイクロドローンHD空撮コンテスト申し込みページ]

https://peatix.com/event/589158/view

 

 

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

一般社団法人日本ドローンレース協会

代表者名

石神嘉兼

業種

エンタテインメント・音楽関連

プレスリリース情報

ジャンル

エンタテインメント・音楽関連

カテゴリ

サービス

この企業の関連プレスリリース

日本ドローンレース協会、標準化されたルールブックの策定に向け、ドローン検定協会と協力し、さらなる競技人口の拡大を目指す
! 2018年12月21日 12時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る