日本企業初!!「そろタッチ教室システム」がSXSW EDU 2019 Launch Competitionのファイナリストに選出!!

株式会社Digika(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:橋本恭伸)が開発する「そろタッチ教室システム」が米国テキサス州オースティンで2019年3月4日から7日で開催されるSXSW EDU 2019 のLaunch Competitionにおけるファイナリストに日本発のプロダクトとして初めて選出されました。 世界一を目指し、日本発のEdTechプロダクトを日本初で世界最大級の教育イベントSXSW EDUでアピールする素晴らしいチャンスを頂き嬉しく思います。 そろタッチで世界最速の計算力を『楽しく』世界最速で習得し、世界唯一の共通言語「数字」に自信を!をビジョンに掲げ、日本発のEdTechプロダクトにより世界中の子供達の能力開発の仕組みをアップデートし夢の実現をサポートして参ります。

株式会社Digika(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:橋本恭伸)が開発する「そろタッチ教室システム」が米国テキサス州オースティンで2019年3月4日から7日で開催されるSXSW EDU 2019 のLaunch Competitionにおけるファイナリストに日本発のプロダクトとして初めて選出されました。

世界一を目指し、日本発のEdTechプロダクトを日本初で世界最大級の教育イベントSXSW EDUでアピールする素晴らしいチャンスを頂き嬉しく思います。

そろタッチで世界最速の計算力を『楽しく』世界最速で習得し、世界唯一の共通言語「数字」に自信を!をビジョンに掲げ、日本発のEdTechプロダクトにより世界中の子供達の能力開発の仕組みをアップデートし夢の実現をサポートして参ります。

<そろタッチとは?90秒でわかる概要説明動画です>

 

■SXSW EDUとは

SXSW EDU とは、EdTech発祥の地米国のテキサス州オースティン一帯が約1ヶ月間イベント会場となるSXSWの皮切りとして開催され、世界中から約1万人近くの教育系StartupやVentureCapital、教職関係者、学生等が集まる世界最大級の教育イベントです。

もともと音楽フェスティバルの「SXSW」が始まりですが、やがて、映画やビジネス、ゲームなどのコンテンツも追加され、教育もそのひとつとして始まりました。SXSW EDUでは、最新の教育ソリューションの展示や先進的な課題を共有し合うセッション、ネットワーキングやメンタリングの場が用意され、世界中からEdTechプレイヤーや教育関係者、投資家、学生が集まり、2018年には世界47カ国から約1万7000人の来場者が訪れました。

AppleやGoogleといった世界的企業はもちろん、日本からはSony、Panasonic等も参加をするこの複合型フェスティバルの教育部門(SXSW EDU)の目玉イベントの一つであるLaunch Competitionに、日本企業として初めて株式会社Digikaが「そろタッチ教室システム」を引っ提げて登壇します。

テック部門、アーティスト部門においては、今までも様々な日本人クリエイターがこのSXSWのCompetitionに参加をしてきましたが、主催者曰く教育部門における参加は日本企業史上Digikaが初となります。

 

<SXSW EDU 2019 Launch Competition>

https://www.sxswedu.com/competitions/launch/

 

 

■そろタッチ教室システムとは

「そろタッチ」の学び方はネット生(月額3,600円税別)と教室生(月額10,000円※教室により異なります)があります。ネット生は初回登録月は無料で好きな時間に好きなだけ「そろタッチ」を学習できます。

教室生は、「そろタッチ教室システム」を活用し授業を週一回行います。子供達は自宅でそろタッチをどんどん進めて(インプット)、教室では学びの成果を披露したり、楽しくチームで競争をする(アウトプット)反転学習スタイルをとります。また、クラウドを活用することでクラスで同じ課題にチャレンジしながら、学習進捗により全員が異なる問題を解くというアダプティブラーニングも実現します。

<狙い>

そろタッチは継続さえすれば効果のでるプロダクトへ成長しましたが、継続学習こそが最大の課題でした。努力が報われ、やる気を継続させる方法を教室と家庭で試行錯誤し創り上げたのが、そろタッチ(生徒用アプリ)・そろルーム(ファシリテーター用アプリ)・そろホーム(CMS管理ツール) を包括する「そろタッチ教室システム」による人を介在する教室(オフライン学習)とそろタッチ(オンライン学習)がシンクロする学習のしくみです。

<教室と先生の役割変化>

全てのインプットが自宅においてそろタッチで完結するため、教室は完全なアウトプットの場として機能し、先生はそろルームにより珠算式暗算の知識や技術に関らず、幼児初等教育の生徒が集う教室を楽しくファシリテートでき、生徒のモチベーション維持向上に徹することが出来ます。

<保護者と先生の視点>

開発プロセスは保護者の教室に求める想いと現場の先生方の要望を一つ一つかたちにしたものです。子供達のやる気スイッチをどう押していくのかを保護者と先生で議論し、十人十色だからこその多様なお楽しみ機能と現場のファシリテーターの色が出せる操作自由度も盛り込み、子どもがドキドキワクワク楽しみながらアウトプットできる仕組みを教室で実現しました。

<効果>

直営校の退会者の80%以上が暗算検定3級レベルに到達しました(2018年5月現在)。また人が集う教室効果で暗算力(認知能力)と同時に、コミュニケーション能力や自制心など非認知能力の向上も認められます。

そろタッチとそろルームが教室でシンクロする様子を添付動画で是非ご覧ください。

 

 

■そろタッチ教室開校のご案内

教育ビジネスが初めての方もフランチャイズの「そろタッチ教室」で生徒募集・教室開校からサポートいたします。教育機関様はパートナープログラムの「そろタッチコース」で専門性・ご経験を活かした教室運営ができます。

<学習塾のそろタッチ教室システム導入事例ビデオ>

詳細・お問い合わせはこちらから↓

http://www.sorotouch.jp/fc/index.php

 

 

■「そろタッチ」を試してみよう!

「そろタッチ」の学び方はネット生(月額3,600円税別)と教室生(月額10,000円※教室により異なります)があります。ネット生は初回登録月は無料で好きな時間に好きなだけ「そろタッチ」を学習できます。「そろタッチ」にはランキングやゲームなど、お子様の継続学習を促進する楽しい仕組みがたくさんあります。

保護者様からは、お子様の頑張りが一目でわかる学習のきろくなど、ITを活用した機能を高く評価いただいています。2017年日本e-Learning大賞最優秀賞、2018年キッズデザイン賞受賞の「そろタッチ」を月初に登録して、じっくりお試しください!

 

ネット生入会はこちらから↓

http://www.sorotouch.jp/hajime/net.php

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社Digika
代表者名 橋本恭伸
業種 教育

コラム

    株式会社Digikaの
    関連プレスリリース

    株式会社Digikaの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域