“MaaS”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“MaaS”の進化による未来予測≪2018‐2038≫~未来絵 編~

株式会社ESP総研(東京都港区、代表取締役:村岡 正悦)は、未来予測レポート“MaaS (Mobility as a Service)”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“MaaS(Mobility as a Service)”の進化による未来予測≪2018‐2038≫~未来絵 編~ を発刊しました。

■はじめに

 

“MaaS (Mobility as a Service)”を取り巻く環境は、今後20年でいったいどのように変わるのか?イノベーション(変革)ポイントをしっかり捉え、1シーン毎に直感的に分かりやすくイラスト(未来絵)化&未来予測して欲しい!こうしたリクエスト(声)を数多くの方々から頂いた。

 

特に、 “MaaS (Mobility as a Service)” に着眼するメーカーの方々ならびに“MaaS (Mobility as a Service)” に着眼するMaaS (Mobility as a Service)利活用ユーザーの幅広い皆さまからである。

 

今や「イノベーション(変革)」が各業界・分野毎に叫ばれている時代。その「イノベーション(変革)」によってどのような未来が創造されるのか?先端技術調査や業界キーマンへの多面的なインタビューを通じて、5年後、10年後、20年後の未来を予測し、来るべき社会の未来像を可視化・イラスト化(未来絵 化)することが求められている。

 

こうした声を受けて、『 “MaaS (Mobility as a Service)”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“MaaS (Mobility as a Service)”の進化による未来予測≪2018‐2038≫~未来絵 編~』を発刊することとなった。

 

「 MaaS (Mobility as a Service)」分野を中心に徹底的に最先端技術調査を実施し、その中で、時間軸で見て「未来カットシーン」「最先端カットシーン」など、尖がっている「観点」については網羅的に全てを抽出した。

 

重視した抽出条件は、「将来、“MaaS (Mobility as a Service)” に着眼するメーカーなどの研究開発に役立つかどうか?」「将来、“MaaS (Mobility as a Service)” に着眼するMaaS (Mobility as a Service)利活用ユーザーにとって役立つかどうか?」「時間軸で見て、最先端 あるいは 近未来・遠未来のシーンかどうか?」「斬新さ(サプライズ)があるかどうか?」「観点の鋭さ=尖がっているかどうか?(サービス・製品・ソリューション開発や技術開発に役立つかどうか?)」「気づき・アイデア」となっているか?などである。これらのハードルをクリアした「観点」(ユニークで斬新な観点)は網羅的に全て抽出した。

 

今回、ESP総研では総力を結集して“MaaS (Mobility as a Service)”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“MaaS (Mobility as a Service)”の進化による未来予測≪2018‐2038≫~未来絵 編~を刊行するに至ったが、当該調査&未来絵制作を担当した 伊藤 伸隆 によれば、以下の調査&未来絵(イラスト化)制作 所感を述べているので、参考にして頂きたい。

 

MaaS (Mobility as a Service)によって社会は大きく変化するだろう。

 

「人」と「モノ」の流通が大きく変わるだろう。「人の流通」の変化では「カーシェアリング」に始まり、それ以外にも自転車など様々な乗物が「シェア」される時代が訪れるだろう。そのような中、自動車メーカー、タクシー業者、公共交通機関との連動による新サービスも増えて利便性が増すことだろう。

 

「モノの流通」の変化では「一般の人」が一時的に配送業務を行うようになるだろう。また、自動運転によるモノの自動運搬が行われ、変化は物流業界に収まらず商品販売業界の自動化が進むだろう。

 

「交通」と「公共交通」も大きく変わるだろう。「交通の変化」では「個人的」なマイカーや「企業」の社用車の多くが「シェアカー」で効率的に運用されるだろう。「乗物はシェアするもの」といった意識の変化によりマイカーが減少し、それにより都心から道路、駐車場のスペースが少なくなるだろう。余った土地は有効活用することで周辺の土地価値はさらに向上するだろう。

 

「公共交通の変化」ではロボットシャトルの自動運転や、各種IoTデータによる新サービス提供が行われるだろう。利用者がどこにいても公共交通データ・サービスをリアルタイムに活用できるようになるだろう。

 

「各種データ活用」により「生活」が大きく変わるだろう。道路上の設置物、走行している車両、個人の携帯、ライフログから集まるリアルタイムなデータの活用が進むだろう。「ダイナミックマップ」による自動車運転中のサポート、高性能なナビゲートなど個人レベルの利便性が向上するだろう。「車両のデータ」により常に車両は最適な状態で運用ができ、万が一事故が起きても「ヘルプネット」により迅速な対応が可能となる。

 

MaaS (Mobility as a Service)によって交通社会の最適化が行われ、さらには新しいサービスの誕生により社会の利便性は大いに向上するだろう。今回の調査を通して「 MaaS (Mobility as a Service)」は私達の社会を大きく変化させるものだと強く感じた。

 

皆さまからの強い期待とリクエストによって、“MaaS (Mobility as a Service)”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“MaaS (Mobility as a Service)”の進化による未来予測≪2018‐2038≫~未来絵 編~をレポート化することとなったが、この調査報告書が「 MaaS (Mobility as a Service)」に着眼する全ての皆様の研究開発(R&D)活動ならびにマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

 

■調査対象

・「 MaaS (Mobility as a Service)」分野 全般

 

■サブタイトル

~“MaaS (Mobility as a Service)”がもたらす近未来市場(社会)創造、最先端技術調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化≪総括絵9枚、個票絵97枚≫~

 

■調査方法

・弊社専門調査員による最先端技術調査後、“MaaS (Mobility as a Service)”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化、つまり未来絵の制作(総括絵、個票絵)を行った。

 

■調査&レポート期間

・ 2018年8月25日( MaaS(Mobility as a Service))×最先端技術調査開始)~2018年9月5日までMaaS(Mobility as a Service)×最先端技術調査を実施し、2018年12月12日に未来絵(イラスト)制作(個票絵ならびに総括絵)が終了した。

 

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集・未来絵の制作】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦

2)調査・分析・レポーティング:ESP総研

(1)(未来絵)イラスト観点抽出< MaaS(Mobility as a Service)×最先端技術調査>:伊藤 伸隆

(2)ビジネスイラスト作成:伊藤 伸隆

 

■トータル・ページ数(報告書)

・116ページ

 

■目次(詳細)・URLはこちら↓

https://www.espers.co.jp/?p=9609

 

■頒価

本体価格180,000円 + 税 *CD-R(PDF)タイプ(全てカラー)

 

【会社概要】

会社名   :株式会社 ESP総研  http://www.espers.co.jp

所在地   :東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル2F

設立   :1999年8月19日

代表者   :代表取締役 村岡 正悦

事業内容 :「市場調査」事業、「未来予測」事業、「映像宣伝」事業

 

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆

窓口:ESP総研「MaaS (Mobility as a Service)×未来予測」調査部門

TEL : 03-5762-8136  FAX : 03-5762-8036

 E-mail : info@espers.co.jp



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社 ESP総研
代表者名 村岡 正悦
業種 その他サービス

コラム

    株式会社 ESP総研の
    関連プレスリリース

    株式会社 ESP総研の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域