FANZA presents 体験型クリスマスツリー『TOKYO・LOVE・TREE』 12月1日(土)に登場!プロデューサーを務めるのは、建築家の半田悠人!

株式会社デジタルコマース(東京都港区、代表取締役社長 島崎 啓之 以下「デジタルコマース」)は、自社が運営する成人向け(アダルト)事業『FANZA(ファンザ)』の特別企画として、12月1日(土)より、『一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う』をコンセプトとした体験型クリスマスツリー、『TOKYO・LOVE・TREE』を東京の下北沢に誕生させます。

 

「平成最後のクリスマスを誰もが主人公になれる最高のクリスマスにしたい」という想いから、本企画は始まりました。

いつの時代も“恋に落ちる瞬間”に流行や、ルールはありません。

FANZAは、“恋に落ちる瞬間”を作り出し、見るだけでなく、全身で感じるような体験型のクリスマスツリーを作ることができれば、平成最後のクリスマスは誰もが主人公になれる、これまでにない最高のクリスマスになるのではないかと考えています。

 

そんな想いから始まった『TOKYO・LOVE・TREE』プロジェクトは、プロデューサーに「半田悠人」を迎え、人を好きになる瞬間の条件について、人間の感覚や恋愛行動など、それぞれの分野で活躍する5名の専門家、及び幅広い経験から、現代の恋愛の語り部として活躍する5名の恋愛スペシャリストと共に議論・検証し、実際のデザインや施工設営は半田悠人自らが手掛けます。

 “5感”で感じ、一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う、体験型のクリスマスツリーです。

 

今後、制作過程や制作チームの紹介などをFANZA Magazine( https://special.dmm.co.jp/fanza/project/tokyo-love-tree )にて随時を公開してまいりますので、片思い中でも、恋愛中でも、ただただ恋愛したいという人も、一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う、体験型の新しいクリスマスツリーに是非ご期待ください。

 

■『TOKYO・LOVE・TREE』プロジェクトについて

 

<『TOKYO・LOVE・TREE』概要>

会場  :下北沢ケージ

住所  :東京都世田谷区下北沢2-6-2 京王井の頭線高架下

開催期間:2018年12月1日(土)~2018年12月25日(火)

営業時間:毎日13:00~22:00

入場条件:18歳以上の方(身分証を確認させて頂く場合もございます。)

※場内の混雑緩和、危険防止のためにツリーの入場整理券を配布いたします。配布方法やルールは決定次第ホームページにて告知致します。

 

<プロジェクト発足の背景>

心ときめくクリスマスシーズン。

この期間を特別なひとときにしたい、と想う人は多いはず。

そんな皆様に向けて、FANZAでは、一大プロジェクトをスタートしました。

 

題して、TOKYO・LOVE・TREEプロジェクト。

目指すのは、“一緒に見るだけでお互いに惹かれ合うクリスマスツリー”です。

 

プロジェクトでは、人間の感覚や恋愛行動など、それぞれの分野で活躍するプロフェッショナルが議論を交わし、その知見を詰め込んだツリーを製作します。

香りや色、さらに空間自体にも様々な愛の仕掛けを用いたツリーは、互いに惹かれ合うキッカケになることでしょう。

 

片思い中でも、恋愛中でも、ただただ恋愛したいという人も

TOKYO・LOVE・TREEで、ロマンティックなクリスマスをお過ごしください。

 

<プロジェクトメンバー>

 

プロデューサー

建築家 半田 悠人

 

東京藝術大学建築学部卒。人気リアリティーショー『TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY』に出演。通称“ハンさん”、あだ名は"Mr.パーフェクト"。建築を軸に設計・デザイン・PR・プロデュース・映像制作・ブランディングの総合芸術制作会社である(株)デリシャスカンパニーの代表を2016年から勤める。

 

専門領域:色彩(視覚)

市原 恭代

 

東京のとある大学の情報デザイン学科芸術情報研究室准教授。

カラーユニバーサルデザインCUDO機構理事。

「色とは何か」を求めて歩んでいく人。

個人で異なる色覚が色に対する感性にどのように影響するかを調べている。

カラーユニバーサルデザイン研究では、JIS採択の安全色彩、公共の色彩、小中学校の教科書の色校閲などを進めている。

 

専門領域:脳科学・生理学

近藤 保彦

 

帝京科学大学アニマルサイエンス学科教授。

私たちはなぜ異性に惹かれるのでしょうか。実は脳にも性があって、男脳と女脳ではホルモンの影響も違ってきます。

だから男性と女性では、見えている世界も違うのかもしれません。

動物実験をもとにした脳科学の立場からこの問題について切り込みます。

 

 

専門領域:恋愛・結婚心理学

新上 幸二

 

恋愛分析官。東京大学 医学部卒。大学にて医学・統計学・心理学を専攻。

恋愛や婚活に悩む女性を応援するメディア「愛カツ」(https://aikatu.jp/) の初代編集長。

医学や生物学をバックグラウンドに、恋愛や婚活を科学的に分析する。

 

専門領域:アロマセラピー(嗅覚)

神保 太樹

 

㈱T-LAB.統合医療研究所所長、日本アロマセラピー学会副理事長、

愛知医科大学非常勤講師などを歴任。

fNIRS等の脳機能イメージングを用いた嗅覚機序の解明と応用、

認知症治療や予防への嗅覚の利用や、中枢性嗅覚障害などについて研究を行っている。

 

専門領域:味覚

鈴木 隆一

 

通称「味博士」。AISSY株式会社代表取締役社長兼慶応義塾大学共同研究員。

味覚を数値化できる味覚センサー「レオ」を慶大と共同開発。味覚分析や相性研究を実施。

メディアにも多数出演。

主な書籍は『日本人の味覚は世界一』(廣済堂出版)など。

 

<スペシャルサイト>

11月8日(木)よりTOKYO・LOVE・TREEの情報を紹介する特設サイトを公開します。

 

【TOKYO・LOVE・TREEスペシャルサイト】

https://special.dmm.co.jp/fanza/project/tokyo-love-tree

 

【11月8日公開コンテンツ】

MOVIE① TOKYO・LOVE・TREE プロデューサー半田悠人コメントムービー

YOUTUBE: https://youtu.be/pKuzVxKfNuQ

 

MOVIE② TOKYO・LOVE・TREE 第1回制作会議

YOUTUBE: ロングバージョンムービー https://youtu.be/e9g4HNmtrxU

      ダイジェストムービー     https://youtu.be/qiA-ihOUOC8

 

■「FANZA」とは

 

株式会社デジタルコマース(東京都港区、代表取締役社長 島崎 啓之)は、2018年8月1日(水)より自社が運営する成人向け(アダルト)事業「DMM.R18」の名称を「FANZA(ファンザ)」に変更いたしました。

 

FANZAは、「FANtasy」(ファンタジー)の「FAN」、そして「ZA」は日本語の「~座」の「座」という意味と、「ZからAまで」という二つの意味を込めた造語になっており、「人間の持つ様々なファンタジー、妄想、幻想を、AからZまで取り揃え提供していく場所」というメッセージを込めた名称です。

 

また、ロゴマークについては人体の曲線美から着想を得て、5つの文字が繋がるようなデザインを採用しています。

ゴシック調のフォントは幻想的かつ誘惑的な雰囲気を持ち、「FANZA」のメッセージを具現化したロゴマークになっています。

【FANZA Magazine】https://special.dmm.co.jp/fanza

 

<報道関係者様からのお問合せ>

株式会社デジタルコマース「FANZA」広報部

E-MAIL:fanza-pr@digitalcommerce.co.jp / TEL: 03-4580-9953

担当:堀田、宮田



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社デジタルコマース
代表者名 島崎啓之
業種 ネットサービス

コラム

    株式会社デジタルコマースの
    関連プレスリリース

    株式会社デジタルコマースの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域