京都・大原野神社で11月17日から初の紅葉夜間ライトアップイベントを開催! 台風で被害を受けた「ご神饌所」復活へ目標金額98万円のプロジェクト開始

11月17日(土)・18日(日)の「お母さんの休息日」には、通常非公開の神様に供えるご神水の特別授与と鯉沢の池にて願いを込めたご献灯を行っていただけます。また、京都の人気飲食店が出店するなど、30代のファミリー層にも楽しんでいただける企画を考えています。夜間ライトアップは11月17日(土)〜11月25日(日)まで開催。

 

「文化を紡ぐ」をキーワードに集まった有志のメンバーによる「大原野神社ライトアップ『光と水」実行委員会」(事務局:京都市上京区、代表:椹木秀明)は2018年10月13日(土)、大原野神社紅葉夜間特別ライトアップイベント「光と水」(11月17日〜25日)開催のため、クラウドファンディングCAMPFIRE(キャンプファイアー)でプロジェクトを開始しました。目標金額は98万円、集まった資金を元に、先日の台風で樹齢450年の大木が倒れ、被害を受けたご神饌所(神様の食事の支度をするための社殿)を日常的にご神水が給水できる施設へと復活させます。支援コースは3,500円から15万円、募集期間は11月17日(土)までです。

 

▼大原野神社紅葉夜間ライトアップ「光と水」:https://www.event-oharanojinja.com

▼京都西京区大原野神社で初の紅葉夜間ライトアップイベントで地域を盛り上げたい|CAMPFIRE:https://camp-fire.jp/projects/view/97494

 

 

 

■支援コース別リターンで「夜間特別フォトウエディング撮影」も

 

 

 

自然と歴史ある京都の大原野神社で11月17日(土)から25日(日)まで、第1回紅葉夜間特別ライトアップイベントを行います。その時期、一の鳥居から社殿までまっすぐ伸びる参道は両サイドに紅葉が茂っており、そこを様々なイルミネーションで彩るというもの。足元には洛西の特産でもある竹を使った灯籠が続き幻想的な雰囲気を醸し出します。

 

ライトアップ期間中の17、18日は今回のテーマである「光と水」を生かし、通常は非公開の神様に供えるご神水の特別授与と鯉沢の池にて願いを込めたご献灯を行っていただけます。さらに、イベントの2日間は京都の人気飲食店が出店します。

 

そこで、先日の台風で被害を受けたご神饌所を復活させるためクラウドファンディングでプロジェクトを開始しました。目標金額は98万円、オールイン方式で集まった金額がファンディングされます。今回ライトアップの費用は地元の方々からのご支援やイベント拝観料でまかないますが、被害を受けた神饌所の整備には数百万円の建築費がかかり、その一部を皆様からの支援金を使用するというものです。

 

支援コースは3,500円から15万円までで、それぞれリターンを用意しました。期間は11月17日(土)23:59までです。

 

 

<支援別リターン>

3,500円:期間中参拝ペアパス、お神水入りオリジナルペットボトル2本、ご献灯キャンドル2機

4,500円:期間中参拝ペアパス、竹灯篭1機(+お名前看板表記)

5,000円:期間中参拝ペアパス、お水入りオリジナルペットボトル2本、ご献灯キャンドル2機、料亭の筍ご飯

7,000円:期間中参拝ペアパス、お神水入りオリジナルペットボトル2本、竹灯篭(+お名前看板表記)

8,000円:期間中参拝ペアパス、お神水入りオリジナルペットボトル2本、ご献灯キャンドル2機、竹灯篭(+お名前看板表記)

8,000円:期間中参拝ペアパス、お神水入りオリジナルペットボトル2本、ご献灯キャンドル2機、オリジナルぐい飲みセット、料亭の筍ご飯

1万円:期間中参拝ペアパス、お水入りオリジナルペットボトル2本、ご献灯キャンドル2機、料亭の筍ご飯、竹灯篭1機(+お名前看板表記)

1万円:期間中参拝ペアパス、竹灯篭2機(+お名前看板表記)

2万円:期間中参拝ペアパス、お水入りオリジナルペットボトル2本、ご献灯キャンドル、恋愛成就カップル特別ご祈祷

3万円:貸切特別ライトアップ30分2組×2日

5万円:法人・団体向け大原野神社宮司による正式参拝、社頭講話

15万円:夜間特別フォトウエディング撮影11月19日(月)もしくは20日(火)予定

※竹灯籠は全て期間中参道へ展示させていただき、郵送はしません。

※ご献灯キャンドルは和紙に願いをご記入いただき、イベント終了後神社にてお焚き上げいたします。

※ご神水入りオリジナルペットボトルを御郵送ご希望の場合は生活用水としてご利用をお勧めいたします。

 

 

<第一回大原野神社紅葉夜間ライトアップ「光と水」紅葉ライトアップ×ご神水特別授与×恋沢池献灯キャンドルイルミネーション>

ライトアップ期間:11月17日(土)~11月25日(日)17:00~21:00

特別イベント期間(お母さんの休息日):11月17日(土)・18日(日)

場所:大原野神社 http://oharano-jinja.jp/html/access.html

夜間拝観料:600円(小学生以下無料)

駐車場:有料

URL:https://event-oharanojinja.com/

ライトアップした時の様子:https://www.youtube.com/watch?v=C3z8jKYUyk0

 

 

■様々な肩書きを持つメンバー、地域の賑わい創出のロールモデル目指す

 

当委員会は陶芸家、飾金具士、伝統産業プロデューサー、大学職員、神職、婚礼事業者と様々な肩書きを持つメンバーで構成。バックボーンは異なりますが、それぞれ文化にまつわる仕事に関わっており、大原野神社と一緒にイベントを企画、運営して地域に賑わいを創出するロールモデルを目指しています。

 

 

現代は、文化の中心であった神社仏閣にも大きな転換点が訪れていると言っていいでしょう。一部の方を除き多くの人にとって神社とは物理的、心理的に距離が離れてしまっています。日本人のDNAに刻まれているであろう「神様=神社」という存在をあらためて人々の心に呼び覚ますべく、新たな魅力づけをして「地域の人々にとって自慢できる場所」とするイベントを企画いたしました。

現在、人口減少は急速に進み、2020年頃を境に東京などの都市部でも減少に転ずると言われています。そのような流れの中、高齢化、単身世帯の増加等に伴い、神社も御祈祷ニーズの減少などで、その維持に苦しんでいます。さらに人口の都市圏集中という社会構造の変化の中で、地方の神社の疲弊、跡継ぎ不足や、祭事を担う地域住⺠の減少なども深刻な問題です。

日本にはお盆やお正月、そして人生の節目には神社仏閣へお参りし手を合わせるという素晴らしい習慣があります。とりわけ神社は「地域の象徴的な存在」、「個人の道徳的な規範」、「日本人のアイデンティティー」として広く信仰の対象とされてきました。

 

しかし、現在の日本の社会を見渡すと、モラルやマナーに反した行動により各地で考えられなかったような残念な事件が起きています。これらは、以前であれば「誰もいなくても神様が見ている、見守られている」と思う気持ちが働いていれば起こらなかったことであり、昨今の宗教離れに一因があると考えています。日常的に神社と心理的にも関係性が薄れているのです。

 

一方で神社仏閣は、御朱印巡りや紅葉、縁日、写経や座禅など観光的な側面で人気が広まりつつもあります。宗教心やご由緒を伝え神社仏閣を「楽しい場所」とし、未来に「日本人のアイデンティティー」を繋げるべく、神社仏閣に対してライトな感覚しか持たない層にも足を運んでもらうきっかけを作りたいと考えました。神社仏閣に触れていただくことで、維持継続できる形を作り出し、訪れる人々にとって「必要な場所」へと魅力づけすることで、国の財産でもある神社仏閣を守っていけると考えたのです。

 

 

今回、大原野神社紅葉ライトアップ「光と水」のイベントでは副題として「お母さんの休息日」と銘打って30代のファミリー層に楽しんでもらえる企画を考えております。

 

多くの方に今回のイベントに参加いただいて個々の家々ではなく地域一帯がコミュニティとなり「地域が家族」となるような関係性を築くことに大原野神社が少しでもお手伝いできれば、これほど嬉しく価値のあることはありません。



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社さわらぎ
代表者名 椹木秀明
業種 その他サービス

コラム

    株式会社さわらぎの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域