神奈川県・藤野地区の魅力が詰まった野菜ボックスを全国に発送! 10月11日からクラウドファンディングでプロジェクト開始。目標金額30万円、定期宅配の実現を目指す

循環型農業に市民発電所、地域通貨、シュタイナー教育など、独自の地域自治スタイルを続ける、神奈川県相模原市藤野地区での新たな取り組みです。お届けする「BIOBOX」では、オーガニックを中心とした季節の野菜から、天然酵母パン、フェアトレード商品やアート作品まで毎回中身が変わります。プロジェクトは11月30日までです。

独自の地域自治スタイルを創り続ける神奈川県相模原市・藤野地区で月2回ファーマーズマーケットを開催している「ビオ市/ 野菜市事務局」(所在地:神奈川県相模原市、事務局長:土屋拓人)は10月11日(木)、情報詰め込み型野菜ボックス「BIOBOX」を全国へ発送するためのプロジェクトをクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で開始しました。定期宅配を実現して「ビオ市 / 野菜市」の安定した運営を目指すもので、目標金額は30万円。支援コースは3,000円から20万円、期間は11月30日(金)23:59までです。

 

▼藤野の魅力が詰まったBIOBOX発信|CAMPFIRE:https://camp-fire.jp/projects/view/70390
 

 

■支援コースは3,000円から、リターンの中身は「開けてからのお楽しみ」

「ビオ市 / 野菜市」は2015年12月からスタートし、月に2度定期開催するファーマーズマーケットです。今まで参加していただいた有機農家は40軒以上、その他、飲食、ヒーリングなども含めると総参加出店数は100軒を超えました。

 

▼ビオ市 / 野菜市|公式サイト:http://bio831.com

 

回を追うごとに盛況になる「ビオ市 / 野菜市」には、藤野エリアで創作活動を行うアーティストや市民活動家、新規移住者に地元の方など多様な人々が集まるコミュニティースポットとしての役割が強くなってきました。

 

こうした「ビオ市 / 野菜市」の熱気を、藤野地域についての情報、生産品とともにそのまま箱につめてお届けするのが情報詰込み型野菜ボックス「BIOBOX」です。

 

購入していただいた方と藤野地域の住民が繋がり、有機的な関係性を築いていける仕掛けを用意しました。実際に現地にお越しいただいての、イベントやリトリート体験。「リトリート」(リトリートメント)とは日常生活からいったん離れる時間を持つことで、心身をリセットしポジティブに再スタートするという意味です。あるいはビオ市参加農家の種まき収穫、草取り、田植え、稲刈りなどの援農をお楽しみいただける「耕作員」など。藤野エリアで行われる様々な自然体験活動やワークショップ情報などもお届けします。

 

今回のプロジェクトは、「ビオ市 / 野菜市」の取り組みを安定的に行なっていくための取り組みです。来年度から相模原市から交付される協働事業の予算も減り、行政への依存を軽減し自立した運営を目指す必要があります。現在の売り上げと出店料だけで運営を継続するのは難しく、宅配事業は「ビオ市/ 野菜市」の存続に不可欠です。

 

そのため、クラウドファンディングでプロジェクトを開始することにしました。目標金額は30万円、オールイン方式で集まった金額がファンディングされます。
 

支援コースは3,000円から20万円まであり、それぞれリターンを用意しました。すべてのコースでノベルティグッズにお礼状、ビオ市サポートメンバー会員証を進呈。会員証保持者にはビオ市事務局からのお知らせが届くだけでなく、耕作員として活躍していただけます。

 

<支援コース別リターン>

・3,000円コース:(すべてのコースに付くノベルティグッズ、お礼状、ビオ市サポートメンバー会員証)

・5,000円コース:BIO BOX シングルサイズ(※1)1回分 ビオ野菜、ビオ加工品

・1万円コース:BIO BOX ファミリーサイズ(※2)1回分 ビオ野菜、ビオ加工品

・3万円コース:BIO BOX ファミリーサイズ3回分 ビオ野菜、ビオ加工品

・3万円コース:日帰り 藤野リトリート体験ツアー2名様 ご招待 

・5万円コース:BIO BOX ファミリーサイズ5回分 ビオ野菜、ビオ加工品

・5万円コース:日帰り 藤野リトリート体験ツアー4名様 ご招待

・10万円コース:BIO BOX ファミリーサイズ12回/ 半年分 ビオ野菜、ビオ加工品

・10万円コース:一泊二日 藤野リトリート体験ツアー4名様 ご招待

・20万円コース:BIO BOX ファミリーサイズ 1年分/ 24回 ビオ野菜、ビオ加工品

※1)3,000円相当 

※2)5,000円相当

 

リターンの中身は開けてからのお楽しみです。

 

・季節のビオ野菜:オーガニックを中心とした季節の野菜。ビオ市出店農家の思いがこもっています。

・ビオ加工品:ふじの柚子胡椒、味噌、燻製卵、黒にんにく、フェアトレード商品等です。

・天然酵母パン:ビオ市でも大好評、毎回売り切れる天然酵母パンです。野菜の料理にも良く合います。

・フェアトレード食品:藤野ライトハウスより、厳選のフェアトレード食品をお届けします。

・オーガニックハーブ:メディアでも取り上げられ、全国的に名前の知られているハーバリスト石井智子先生のハーブ。本物のハーブで体の中から癒されます。

・やまなみ温泉券&秋山温泉券:温泉を無料で楽しめるチケットです。

・各種整体・ヒーリング体験券:漢方整体森氣庵、JapanHerbScience、秋山温泉watsu

・アート作品:藤野在住アーティストたちによる作品

・情報:イベント情報、ビオ新聞など、町が丸ごとローカルデザインのアート作品と言っても過言でない藤野町の魅力を発信します。定期的に「BIOBOX」を購入することで、日本の最先端とも言うべき地域自治の最新情報を手に入れることができます。

 

■アーティストや市民活動家が多く暮らす藤野地域の活気を伝える

藤野地域は旧藤野町(神奈川県津久井郡)だった1980年代から、芸術による町おこしを実践してきました。人口1万人の約1割がアーティストや市民活動家など、個性的な人が多く住む街です。

 

「ビオ市 / 野菜市」を主宰する土屋が有機農家と知り合いになったことから、循環型農業を広めることに力を入れ、渋谷のビルの屋上に畑を作って様々な媒体から取材を受けました。

 

また、地域通貨「藤野地域通貨よろづ屋」を2009年9月に立ち上げ。これによって物々交換が円滑になり、援農、子育て支援、防災情報、イベントやワークショップの集客など、マネーを介さずに様々な物やサービスが取引されるようになりました。今では藤野地域に暮らす住民の1割(約300世帯)が加入しています。

 

こうした「ビオ市 / 野菜市」の活動は地域創生の先駆けとして、多くのメディアで紹介されてきました。今回のプロジェクトをきっかけに「BIOBOX」の定期宅配を実現し、全国に向けて安定的に藤野の産品や情報を提供していきたいと考えています。

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 ビオ市野菜市
代表者名 土屋拓人
業種 旅行・観光・地域情報

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域