プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数54,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

イーオン、中学・高校の英語教師を対象とした「中高における英語教育実態調査2018」を実施

株式会社イーオン

! 2018年9月3日 11時

英会話教室を運営する株式会社イーオン(本社:東京都新宿区、代表取締役:三宅義和、以下「イーオン」)は、中学・高校で英語を教えている現役教師269名を対象に、「中高における英語教育実態調査2018」を実施しました。 本調査は、イーオンが今夏、全国6都市で開催した「中学・高校英語教員向け指導力・英語力向上セミナー(後援:文部科学省)」の参加者を対象とし、「現在の授業運営状況」や「新大学入学共通テストについて」など、実際に生徒に英語を教えている現役教師の方がどのように考えているのかを明らかにするため実施したものです。

 英会話教室を運営する株式会社イーオン(本社:東京都新宿区、代表取締役:三宅義和、以下「イーオン」)は、中学・高校で英語を教えている現役教師269名を対象に、「中高における英語教育実態調査2018」を実施しました。

 

 本調査は、イーオンが今夏、全国6都市で開催した「中学・高校英語教員向け指導力・英語力向上セミナー(後援:文部科学省)」の参加者を対象とし、「現在の授業運営状況」や「新大学入学共通テストについて」など、実際に生徒に英語を教えている現役教師の方がどのように考えているのかを明らかにするため実施したものです。

 

 主な調査結果は以下の通りです。

 

====調査結果トピックス====

 

■新大学入学共通テスト(英語科目)への民間の外部試験導入について、

間近で大学受験に直面する高校教師の方は「不安に思う」が「よいことだと思う」を上回る結果に。

 

 2020年度からセンター試験に変わる大学入学共通テストでの英語試験において、民間の外部試験の導入が決定したことについて意見を伺ったところ、間近で大学受験に直面する高校教師の方は「不安に思う」が4割となり「よいことだと思う」の28%を上回る結果となりました。一方、中学では「よかったと思う」が約半数となり、高校よりも好意的な反応となりました。

 「よいことだと思う」理由としては、「4技能を正しく測定、採点できるため」、「不安に思う」理由としては「経済格差・地域格差が出てしまうから」がそれぞれ中高ともトップとなりました。

 なお、民間外部試験として認定を受けた8試験のうちどの試験がふさわしいと思うかを尋ねたところ、「英検」が中高ともに2/3の票を獲得し、トップとなりました。

 

■新大学入学共通テスト(英語科目)が“4技能を図る内容へと転換してくこと”自体について、

過半数が「よいことだと思う」と回答も、不安に思う方の割合は昨年よりも増加傾向に。

 

 同試験が4技能を図る内容へと転換してくこと自体についての意見を伺ったところ、高校では53%、中学では59%と、ともに過半数を超える方が「よいことだと思う」と考えていることがわかる結果となりました。しかし、いずれも昨年の調査よりもポイントを落としており、「不安に思う」「どちらとも言えない」の比率が高まる結果となりました。

 「よいことだと思う」理由としては、「4技能試験のために学習すれば、将来英語を使いこなせるようになると思うから」、「不安に思う」理由としては「受験に必要とされるレベルの4技能を教えられるか不安だから」がトップとなりました。

 

■「授業は原則英語で行う」方針、高校での実践は“授業時間の半分未満”との回答が2/3に。

一方、中学では過半数が半分以上の時間を英語で授業運営している結果に。

 

 文部科学省による中高の英語の授業運営における「授業は原則英語で行う」という基本方針(高校では導入済、中学では2021年度より導入決定)について、現状の実践状況を尋ねたところ、高校では、「半分未満(25~50%未満)」「あまり英語を使った授業を行っていない(25%未満)」合わせ、約2/3の方が授業の半分以上の時間を日本語で行っている結果となりました。一方、中学では、「おおむね英語を使った授業を行っている」が15%、「半分以上は英語を使った授業を行っている」が4割に上るなど、過半数を超える方が半分以上の時間を英語で授業運営している結果となり、昨年の調査以上に、英語での授業運営が進んでいる結果となりました。

 

■先生にとってサポートが必要な項目「スピーキング指導(高校)」「技能統合型指導(中学)」が1位に。

 

 現在の授業、教授法について、サポートが必要であると感じていることや困難に思っていることについて尋ねたところ、高校では「スピーキング指導」、中学では、「技能統合型指導」がそれぞれ1位となりました。なお、「技能統合型指導」は高校でも2位、「スピーキング指導」も中学で2位(同率)となっており、中高通じて共通の課題となっていることがわかる結果となりました。

※「英文を読み、その内容を第三者に英語で説明する」など、いくつかの技能を掛け合わせた学習指導

 

※考察と調査の詳細については、添付の資料をご参照ください。

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社イーオン

代表者名

三宅義和

業種

教育

プレスリリース情報

ジャンル

教育

カテゴリ

研究・調査報告

この企業の関連プレスリリース

エイチ・アイ・エス、パーソルキャリアと提携し、生徒専用の自宅学習サポートサイト「イーオン・ネット・キャンパス」から海外旅行や転職サイトへの申し込みが可能に
! 2018年12月14日 13時
イーオンの外国人教師が選ぶ「2018年、最も印象に残った日本の出来事・ニュース」 「(大相撲巡業中の救命騒動に端を発した)土俵の女人禁制問題」が1位に
! 2018年12月10日 13時
総合英語学習eラーニングサイト「AEON eラーニング」すき間時間の英語学習として好評の「クイズの館イーオンQ殿」コンテンツ強化
! 2018年12月4日 13時
AIを用いたノンネイティブの英会話スキル評価技術の共同研究により「日本人英語話者向け発音自動評価システム」を共同開発
! 2018年11月22日 15時
イーオンと東洋館出版社が共同で主催する小学校教員向けの無料セミナー「小学校 外国語活動・外国語科 授業力向上セミナー」
! 2018年11月19日 11時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る