~7月1日はこころの日~丸1週間、メンタルヘルスを啓発するパネル展示会を開催します!

市民の人権擁護の会(CCHR)は、7月1日(日)から7月7日までの丸1週間かけて、有楽町駅前広場にて、精神医療の問題を啓発する無料のパネル展示会とオープニング式典を開催します。

特定非営利活動法人イマジンのプレスリリースアイキャッチ画像
 強制不妊手術を促進する「精神障害者の遺伝防止のため」として財政措置を求める陳情書を当時の日本精神衛生会と日本精神病院協会が提出していたことが6月21日、分かりました。陳情書を含む資料を公表したのは、市民の人権の擁護の会日本支部です。

 このような中、市民の人権擁護の会(CCHR)は、7月1日(日)から7月7日までの丸1週間かけて、有楽町駅前広場にて、精神医療の問題を啓発する無料のパネル展示会とオープニング式典を開催します。
 
 人の尊厳を奪ってきた強制不妊手術の問題が連日のように報道されるようになりました。国の責任ばかりが叫ばれていますが、その思想をナチス精神医学から輸入し、日本に普及させたのは日本精神医学のトップでした。この展示会では、特に強制不妊手術が日本に輸入される元となったドイツにおける精神医学発祥の歴史について、またナチスドイツの発端となった精神医学の舞台裏についてなどが紹介されます。

 市民の人権擁護の会は、アメリカの人道主義者L.ロンハバードの調査内容に基づき、1969年、精神医療の人権侵害を調査・摘発するために、サイエントロジーと米シラキュース大学名誉教授のトーマス・サズ博士(故人)によってアメリカ・ロサンゼルスに創設されました。

 特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っており、市民の人権擁護の会を応援しています。 

ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 特定非営利活動法人イマジン
代表者名 尾端國次
業種 教育

コラム

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリース

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域