日本精神神経学会が神戸市内で開催されるのを受け、抗議のデモ行進を開催しました!

旧優生保護法(1948~96年)下の障害者らへの不妊手術問題で、日本精神衛生会と日本精神病院協会(現日本精神科病院協会)が1953年、当時の厚生省に対し、「精神障害者の遺伝防止のため」として不妊手術促進の費用に関する財政措置を求める陳情書を提出していたことが21日、分かりました。障害者らへの不妊手術は53年ごろから増加しており、市民の人権擁護の会は陳情が影響したと指摘。公式な謝罪表明を関係学会に求めています。そのような中、6月22日(金)、約8千人の精神科医が集まる最大規模の精神科学会である日本精神神経学会が神戸市内で開催されるのを受け、抗議のデモ行進を開催しました。

特定非営利活動法人イマジンのプレスリリースアイキャッチ画像
  旧優生保護法(1948~96年)下の障害者らへの不妊手術問題で、日本精神衛生会と日本精神病院協会(現日本精神科病院協会)が1953年、当時の厚生省に対し、「精神障害者の遺伝防止のため」として不妊手術促進の費用に関する財政措置を求める陳情書を提出していたことが21日、分かりました。障害者らへの不妊手術は53年ごろから増加しており、市民の人権擁護の会は陳情が影響したと指摘。公式な謝罪表明を関係学会に求めています。そのような中、6月22日(金)、約8千人の精神科医が集まる最大規模の精神科学会である日本精神神経学会が神戸市内で開催されるのを受け、抗議のデモ行進を開催しました。

  人の尊厳を奪ってきた強制不妊問題が連日のように報道されるようになり国の責任ばかりが叫ばれていますが、その問題に大きく関与していたのは、日本精神神経医学会と日本精神衛生会のトップです。

 6月22日(金)、その日本精神神経学会の年次総会が開催されるのを受け、市民の人権擁護の会(CCHR)は、学会に公式な謝罪表明を求め6月22日(金)14時から東遊園地三宮繁華街にて第一弾のデモ行進、そして、17時15分からポートアイランド南公園に集合し第二弾の抗議デモ行進を開催しました。

 もともとこの強制不妊問題は、ドイツに端を発し、日本の輸入された思想です。障害者に強制不妊手術を施し、大量虐殺したのはナチスやヒトラーを手先としたドイツ精神医学会でした。そして彼らは、その事実を受け、2010年自ら公式に謝罪をしました。

 一方、日本の精神医学会は沈黙を保ち、責任を国に押し付けています。この夏、日本最大の精神医学会である日本精神神経医学会の年次総会が開催されるのを受け、CCHR(市民の人権擁護の会)は一連の抗議の声をあげるデモ行進を実施しました。

主催:市民の人権擁護の会日本支部
TEL: 03-4578-7581  info@cchrjapan.org
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-22-31-711

市民の人権擁護の会は、アメリカの人道主義者L.ロンハバードの調査内容に基づき、1969年、精神医療の人権侵害を調査・摘発するために、サイエントロジーと米シラキュース大学名誉教授のトーマス・サズ博士(故人)によってアメリカ・ロサンゼルスに創設されました。

特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っており、市民の人権擁護の会を応援しています。 


ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 特定非営利活動法人イマジン
代表者名 尾端國次
業種 教育

コラム

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリース

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域