プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数53,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

横浜夜景クルーズチケットがついたディナー、6月16日から土日限定でスタート。素材にこだわったコース料理にクオリティーワインやブーケの付いた3つのプラン

ビストロノミー "ラトリエ1959" ヨコハマ

! 2018年6月12日 11時

お店で横浜創作料理を堪能した後に、イタリア語で「聖なる小舟」を意味するサンタバルカ号でのクルージングが楽しめます。プランは3種類で1万2,800円から。コース料理は素材と調理法にこだわり、素材によってはハーブの燻煙を使うなど最適な調理法で工夫しています。

横浜創作料理として「美味しいの先にある美味しさ」を探求するビストロノミー“ラトリエ1959”ヨコハマ(運営会社:株式会社 ラトリエ1959、本社:神奈川県横浜市、代表取締役:中川征夫)は6月16日(土)、「横浜夜景クルーズチケット付ディナー」を土日限定でスタートしました。

横浜創作料理を楽しんでいただいた後に、横浜大さん橋出航のサンタバルカ号に乗船して、横浜夜景クルーズを楽しんでいただくプランです。コース料理は3種類で、いずれも素材と調理法にこだわった料理をそろえました。

 

▼「ビストロノミー“ラトリエ1959”ヨコハマ」公式サイト:http://latelier1959.com

 

 

■週末限定の楽しみ。店内は横浜開港当時の商館をイメージ

 

ビストロノミー“ラトリエ1959”ヨコハマは、厳選した肉や魚介と三浦野菜を中心に融合させた横浜創作料理を、日本ソムリエ協会認定のシェフが選び抜いたクオリティーワインとともに楽しめるレストランです。

 

「ビストロノミー」とは「ガストロノミー(美食)」と「ビストロ(食堂)」を掛け合わせたフランス語の造語。横浜港の開港(1859年)当時の商館をイメージした、壁や装飾品に花があふれる、アーティフィシャルフラワー(生花をリアルに再現した造花)で飾られた美食空間は記念日や接待、パーティーにふさわしい洗練された隠れ家的レストランです。

 

そのようなレストランが、週末は横浜創作料理を楽しみ、その後に横浜の夜景を見ながらのクルージングを楽しんでいただくというコンセプトで「横浜夜景クルーズチケット付ディナー」をスタートしました。

 

プランは3種類です。

 

1. スパークリングワイン1/2ボトル&ホールケーキ&豪華ラヴァーズブーケ付き、肉と魚のWメインなど全7皿コース(1万7,800円)

2. グラスワイン&キュートなラヴァーズブーケ付き、肉と魚のWメインなど全8皿コース(1万4,800円)

3. グラスワイン&プチラヴァーズブーケ付き、フォアグラ鴨フィレ肉と魚のWメインなど全8皿コース(1万2,800円)

 

食材には徹底的にこだわっています。「横浜夜景クルーズチケット付ディナー」では、全てのプランで仏エリゼ宮でも採用されているルージェ社のマグレ・ド・カナール(通称フォアグラ鴨)のフィレ肉を手間をかけて焼き上げ、さらに旬の魚料理も組み込んだWメインのコースとなっております。

 

また「横浜夜景クルーズチケット付ディナー」には組み込まれていませんが、USトップグレードのプライム格付けアンガス牛の「Tボーン(ショートロイン)の備長炭火焼」や、北大西洋のプリンスエドワード島から生きたまま空輸される「活ロブスターの白ワイン蒸し」などの逸品が、ビストロノミー“ラトリエ1959”

ヨコハマの名物料理です。他にも赤毛のアンで知られる海のきれいなプリンスエドワード島から空輸されるアトランティックムール貝や、豪州産の仔羊のコンフィなどを用意しております。

 

野菜は契約農家からその日の午前4時に収穫して届けられる、新鮮な三浦野菜が中心です。キノコは長野、柑橘類は西湘(神奈川県)からなど、産地直送の安全で安心な農産物を厳選しています。

 

こうした素材の良さを活かすため、調理法には細心の注意を払うとともに、工夫を施し続けてきました。Tボーンステーキは昼間からじっくりと火入れする長時間を要する低温調理。ロブスターは身が固まらないギリギリの火入れ調整で、みずみずしい身汁が滴り落ちる上品な味わいを演出します。さらに素材によっては、仕上げに炭火やハーブの燻煙(くんえん)をまとわせることも行います。

 

<3種類のコース料理から一例>

【Entre】

はじまりの一品

【Specialite de Potage et Ajillo】

本日のポタージュ。または、本日のアヒージョ

【Hors-d’oeuvre Froide】

季節野菜のジュレ 海の香りを添えて

【Poisson】

<魚料理>鰆(さわら) 酒粕クリーム仕立て 桜を纏わせて 春野菜添え

【Viande】

<肉料理>仏ルージェ社 フォアグラ鴨 フィレ肉の炭火焼 旬菜を添えて

【Dessert】

記念日のホールケーキ 豪華ラヴァーズブーケ付き

【The et Mignardises】

小菓子とお茶

 

■5つの基準でワインを選定、インポーターの選定も実施

 

ワインは5つの基準を設けて、蔵元と同じ状態で味わうクオリティーワインをご用意。ワインそのものはもちろん、生産者やワインを取り扱うインポーター(輸入業者)の選定を行い、価格以上の価値あるワインを選んでいます。

 

5つの基準とは以下です。

 

・品質管理:保管管理、輸送管理ができているか

・コストパフォーマンス:同じ価格帯の品質より飛び抜けた品質であるか

・熟成:時間とともに香り、味わいが楽しめるか

・エレガンス:香り、味わいが繊細、優雅上品であるか

・フィネス:色、香り、味わいの他に偉大な何かを感じるか

 

クオリティーワインと横浜創作料理を楽しんでいただく店内は、気軽にワインとオードブルを楽しんでいただくカウンタースペースと、大切な方たちとゆっくりとご賞味いただけるラウンジスペースがあります。テーブル席(禁煙)が10席と予備が4席、カウンター(喫煙可)が5席です。

 

この度の「横浜夜景クルーズチケット付ディナー」では、はじまりの一品からデザートまで堪能していただいた後に横浜大桟橋に移動していただき、サンタバルカ(SANTA-BARCA)号のクルーズをお楽しみいただきます。船名はイタリア語で「聖なる小舟」。総トン数18トン、全長17.5m・全幅4.65m、速力20ノット、最大搭載旅客数80人の2007年建造の船です。

 

<ビストロノミー“ラトリエ1959”ヨコハマ>

住所:〒231-0044 神奈川県横浜市中区福富町東通2-15-2F

アクセス:JR京浜東北線関内駅徒歩3分・桜木町駅徒歩5分、横浜市営地下鉄関内駅徒歩5分、京急本線日ノ出町駅徒歩5分

 

電話:045-777-8819

営業時間:ディナー 17:00~24:00(L.O.22:00、ドリンクL.O.23:30)

定休日:不定休

総席数:20席(座椅子、カウンター席あり)

 

【株式会社 ラトリエ1959について】

本社:〒231-0064 神奈川県横浜市中区野毛町1-52-505

代表者:代表取締役 中川征夫

設立:2013年4月

電話番号:045-777-8819

URL:http://latelier1959.com

事業内容:

・レストラン、ダイニングバー等の飲食店の企画・運営・経営

・酒類、及びワイン、飲料、食品等の企画・輸入・製造・加工・販売。

・カルチャースクール、観光施設等の企画・運営・経営。

・食文化、地域ブランドづくり等に関する調査研究

・上記に関連する一切の事業

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

ビストロノミー "ラトリエ1959" ヨコハマ

代表者名

中川 征夫

業種

外食・フードサービス

プレスリリース情報

ジャンル

外食・フードサービス

カテゴリ

告知・募集

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る