プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数51,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

金融データサイエンス・プラットフォームの共同開発について ~より信頼性の高いビッグデータ分析の実現を目指して~

一橋大学大学院 経営管理研究科 金融戦略・経営財務プログラム

! 2018年5月14日 14時

一橋ビジネススクール金融戦略・経営財務プログラムと野村アセットマネジメント株式会社は、金融データサイエンス・プラットフォーム構築の共同開発研究を開始しました。  本研究は、ビッグデータ処理や人工知能といった先端技術を資産運用に応用するために、一橋ビジネススクール金融戦略・経営財務プログラムが野村アセットマネジメント株式会社の資産運用先端技術研究室「イノベーション・ラボ」と連携して取り組む開発研究プロジェクトです。 資産運用におけるビッグデータ分析でも、金融固有のデータに対して信頼性の高い分析を実現するために、データサイエンスの視点を活かした分析支援環境(プラットフォーム)の構築が不可欠です。本研究を通じて、両者は信頼性・効率性・透明性が高いデータ分析支援プラットフォームの開発を目指していきます。

  一橋ビジネススクール金融戦略・経営財務プログラム(プログラムディレクター・教授:伊藤彰敏、以下「HUB」)と野村アセットマネジメント株式会社(CEO兼執行役社長:渡邊国夫、以下「NAM」)は、金融データサイエンス・プラットフォーム構築の共同開発研究(以下「本研究」)を開始しました。

   本研究は、ビッグデータ処理や人工知能といった先端技術を資産運用に応用するために、HUBがNAMの資産運用先端技術研究室「イノベーション・ラボ」と連携して取り組む開発研究プロジェクトです。研究代表者はHUBの横内大介准教授が務めます。

   最近のビッグデータ分析においては、先端情報技術を活用して膨大な情報を解析し、従来気づかなかったような法則性や関連性を導き出す「データサイエンス」の知見がこれまで以上に求められるようになりました。資産運用におけるビッグデータ分析でも、金融固有のデータに対して信頼性の高い分析を実現するために、データサイエンスの視点を活かした分析支援環境(プラットフォーム)の構築が不可欠です。本研究を通じて、HUBとNAMは信頼性・効率性・透明性が高いデータ分析支援プラットフォームの開発を目指していきます。

 

     一橋ビジネススクール金融戦略・経営財務プログラム

       http://www.fs.hub.hit-u.ac.jp/

   研究代表者 :  横内大介准教授

      http://www.fs.hub.hit-u.ac.jp/staff-research/faculty/yokouchi/



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

一橋大学大学院 経営管理研究科 金融戦略・経営財務プログラム

代表者名

伊藤彰敏

業種

教育

プレスリリース情報

ジャンル

金融・保険

カテゴリ

研究・調査報告

この企業の関連プレスリリース

一橋大学大学院 金融戦略・経営財務プログラムと株式会社QUICKの共催で、5月24日、金融関係者に役立つ『 フィナンシャル・データサイエンスの実践』を開講
! 2018年5月17日 9時
無料公開セミナー「激変する経営環境の中での持続的企業成長とM&A」2017年10月4日 開催:一橋大学大学院
! 2017年9月19日 9時
無料公開セミナーKPMG FAS寄附講義「M&A成功のための処方箋」2016年11月16日開催:一橋大学大学院
! 2016年11月1日 10時
MBAコースの先端授業科目の門戸を広げ、企業の研修要員を限定的に受け入れ 金融戦略・経営財務コース「FinTechとイノベーション」
! 2016年8月29日 11時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る