訪れたい街「渋谷」の魅力を、外国人目線でナビゲート。タイムアウト東京がガイドマップ『渋谷でしかできない101のこと』(英語版)第9版を発行。

大規模な再開発プロジェクトなどで、進化を遂げている渋谷の“今“を体感。話題の101スポットを、地図とレビューで紹介します。

東京の魅力を世界に伝える「タイムアウト東京株式会社」(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:伏谷 博之)では、人気のガイドマップ『渋谷でしかできない101のこと』(英語版)のリニューアルバージョンを、2018年4月27日(金)に、発行します。

 

▼『渋谷でしかできない101のこと』:https://bit.ly/2vNaEDt

Time Out Tokyo Inc. 101THINGS TO DO IN SHIBUYA

レストランやカフェ、バー、ショッピング、エンターテインメント、カルチャー、ナイトライフなど、多彩な分野からセレクトした101の「Things to do(=すべきこと)」を紹介。混沌とした渋谷の街を、独自の切り口で案内しています。

 

■無数の顔をもつ「渋谷」をリアルタイムに伝える

「タイムアウト東京」ガイドマップシリーズのうち、最も高い人気を誇る渋谷エリア。第9版となる今回は、神泉町の「ターン テーブル」や2月にオープンしたばかりの「ホテル コエ トーキョー」、カプセルホテル「ザ・ミレニアルズ」といった話題の宿泊施設を取り上げました。また、感度の高い若者が集まる恵比寿エリアからは、ユニークなレストラン「ダイトカイ」やダイニングバー「IGAO」、アートショップ「ナディッフ アパート」などを新たに掲載。渋谷、恵比寿エリアの今を伝えるラインナップとなっています。

 

 

■「Things to do」形式で、そこでしかできない“未知なる体験”を提供

「タイムアウト」は、1968年にロンドンで創刊されたシティガイドです。ロンドンを中心に、NY、モスクワ、上海、シドニーなど世界108都市39か国で展開し、グローバルメディアとして、その名を知られています。2012年夏季オリンピック・パラリンピックでは、公式ガイドブックとして採用されました。

 

「タイムアウト東京」は、そのTOKYO版。2009年の創刊以来、「六本木でしかできない101のこと」や「新宿でしかできない101のこと」などを発表し、東京のローカルエキスパートとして、外国人トラベラーや日本で生活する外国人に向け、アートやグルメ、音楽、イベントなどの街の情報を提供してきました。

 

 

■文化の発信地「渋谷」で、探索と発見を楽しむための1冊に

『渋谷でしかできない101のこと』は、渋谷・恵比寿周辺を訪ねるツーリストたちが、掲載エリア一帯を観光・散策するために用いるガイドマップ。駅や観光案内所のほか主要ホテルでも無料配布されています。

 

「タイムアウト東京」では、今後も地元の目利きによる街情報をワールドワイドに発信するとともに、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを、グローバルネットワークを通じ、広く国内外にお伝えしてまいります。

 

 

【タイムアウト東京株式会社について】

本社:〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-9-9プレステ―ジュ広尾101

代表者:伏谷 博之

設立:2009年7月

電話番号:03-5792-5721

URL:http://www.timeout.com/tokyo

事業内容:インターネットメディアの運用や出版事業などを展開

 

 

【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:タイムアウト東京株式会社

担当者名:安藤

TEL:03- 5792-5721

Email:prgroup@timeout.jp

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 ORIGINAL Inc.
代表者名 伏谷 博之
業種 旅行・観光・地域情報

コラム

    ORIGINAL Inc.の
    関連プレスリリース

    ORIGINAL Inc.の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域