近未来の学校教育体験セミナー「みんなでつくる!情報時代の学校」5月仙台で開催 申込多数のため、増席を決定

5月13日に仙台で開催される、近未来の学校教育体験セミナー「みんなでつくる!情報時代の学校」だが、東北各県の教職員、教育委員会など教育関係者の申し込みが多く、増席を決定した。本セミナーは、2017年度に富谷市立明石台小学校で実践された、タブレットを用いて「学びの個別化、反転学習、学校で閉じない学び」などをテーマとした教育の報告会。基調講演には、東北学院大学 稲垣忠 教授を迎え、先日発売された訳書『情報時代の学校をデザインする 学習者中心の教育に変える6つのアイデア』(北大路書房)の中から、情報時代の学校について考える。また、実践紹介は、明石台小学校の実践以外にも、プロジェクト学習の事例、また教育の情報化を支えるインフラ面からの事例など、さまざまな視点からの情報を共有できるセミナーとなる。教育の実践化を進めている自治体は多く、東北各県での関心の高まりがうかがえる。

2017年度に富谷市立明石台小学校において、タブレットを用いて「学びの個別化、反転学習、学校で閉じない学び」などをテーマとした教育実践が行われました。その授業実践の報告会を行います。教育の情報化に興味のある方にご参加いただければと思います。

基調講演には、東北学院大学 稲垣忠 教授をお迎えし、先日発売された訳書『情報時代の学校をデザインする 学習者中心の教育に変える6つのアイデア』(北大路書房)の中から、情報時代の学校についての話をしていただきます。実践紹介は、明石台小学校の実践以外にも、プロジェクト学習の事例、また教育の情報化を支えるインフラ面からの事例など、さまざまな視点からの情報を共有できるセミナーとしたいと思います。

 

■日時

 2018年5月13日(日)13:00~15:30(受付開始 12:30~)

 駐車場はありません。

 

■定員

 40名(好評のため、増席いたしました!)

 教員、教育委員会(指導主事&ICT担当者)、民間教育機関従事者、保護者など

 参加費無料

 お申込み: https://future-school.peatix.com

 

■タイムテーブル(予定)

・主催者挨拶

・基調講演

 東北学院大学 稲垣忠 教授「情報時代の学校デザイン」

・実践紹介(1):学びの個別化、反転学習、学校で閉じない学び(40分)

 報告者:明石台小学校 阿部太輔 先生・齋藤裕直 先生

 算数教育の視点からのフィードバック

・実践紹介(2):プロジェクト学習(20分)

 プロジェクト学習、協働学習の事例発表

 助言者:徳島文理大学 林向達 准教授

・実践紹介(3):それらを支えるインフラ事例

 助言者:NTTドコモ 東北支社 阿部智 氏

・ディスカッション「これからICTを整備したり、研修したりするのに必要なこと」

 ファシリテーター:東北学院大学 稲垣忠 教授

・まとめ

 

■主催

 近未来の学校教育体験セミナー事務局

 

■協力

 株式会社NTTドコモ 東北支社

 凸版印刷株式会社

 フューチャーインスティテュート株式会社

 

■問い合わせ先

 question@practica.jp (担当:為田)



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 フューチャーインスティテュート株式会社
代表者名 為田裕行
業種 教育

コラム

    フューチャーインスティテュート株式会社の
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域