プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数50,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

定額CDNのレッドボックスが全経路でHTTPSをサポートする「セキュアバックエンド」を提供開始

合同会社レッドボックス

! 2018年4月17日 16時

定額CDNサービスを提供するレッドボックスが、負荷分散・WEB高速化をおこなえるエッジキャッシュCDNサービスにおいて、全経路をセキュアな暗号通信(HTTPS)を用いて配信できる機能「セキュアバックエンド」の提供を開始した。主に金融機関やECサイトなど、よりセキュリティを高める必要があるサービスを強力に支援。

定額CDNサービスを提供する、合同会社レッドボックス(本社:東京都世田谷区、最高経営責任者:小川勝久)は、オリジンサーバー間の通信暗号化が可能となる機能「セキュアバックエンド」を2018年04月18日(水)より提供開始致します。

 

▼選ばれる次世代定額CDN

エッジキャッシュ詳細:https://www.redbox.ne.jp/products/edge-cache

 

■全経路SSL化 セキュリティを意識したWebサイトに最適

 

CDNは、広域分散したエッジサーバーがオリジンサーバーの代わりにコンテンツ配信をおこない負荷分散するサービスです。近年では、常時SSL化に伴いCDNを活用したコンテンツキャッシュ以外にも、エッジサーバーとクライアント間で一般的なWebサーバーと同様にSSL通信をおこない、CDNをSSLの終端とすることで負荷削減する利用が加速しています。

 

しかしながら、金融系サイトやeコマース・会員制サイトなどより高いセキュリティが求められる環境では、

エッジサーバーとコンテンツ取得元となるオリジンサーバー間についてもSSLによるセキュアな通信が必須となるケースがございます。

 

この度提供を開始する「セキュアバックエンド」を利用致しますと、クライアントからエッジサーバーそしてオリジンサーバーの全経路をSSLによる暗号化通信が可能となり、よりセキュリティを高めることができます。

 

 

■リダイレクト判定の簡略化

 

クライアントからのHTTPアクセスをオリジンサーバー側でHTTPSにリダイレクトする処理(プロトコルの正規化)において、x-forwarded-protoやエッジサーバーが提供する独自HTTPヘッダーを利用し、クライアントプロトコルを適切に判定する必要がございました。システムによってはこのようなヘッダーによる判定変更が難しい場合も、セキュアバックエンドを利用することにより、システムやサーバーに変更を加えることなく簡単にCDNを導入することができます。

 

 

【合同会社レッドボックスについて】

本社:〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3丁目7番17号 B1

代表者:最高経営責任者(CEO) 小川勝久

設立:2015年3月

WEBサイト:https://www.redbox.ne.jp

事業内容:CDNサービス事業、WEB高速化事業



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

合同会社レッドボックス

代表者名

小川勝久

業種

ネットサービス

プレスリリース情報

ジャンル

ネットサービス

カテゴリ

サービス

この企業の関連プレスリリース

国内初!さらにWEB表示速度を向上させる「Brotli圧縮」を全CDNでサポート
! 2017年12月20日 11時
無料でWEBサイトを高速化するCDNサービス「RAPID START」を発表
! 2017年6月1日 11時
国内初!無料でWEBサイトを高速化できるCDNサービスを発表
! 2015年3月3日 11時
月額3万円台~定額CDNサービスに待望のキャッシュプランが新登場
! 2014年11月11日 11時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る