プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数53,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

自転車盗難補償最大20万円だけじゃない!毎年3万円までの故障修理補償、
個人賠償責任保険までついた驚愕の新サービス「アドバンスプラン」登場!!

株式会社ペダルノート

! 2018年3月12日 15時

自転車盗難補償最大20万円だけじゃない!毎年3万円までの故障修理補償、
個人賠償責任保険までついた驚愕の新サービス「アドバンスプラン」登場!!
新入学、新生活、ニューモデル購入が多い春の自転車シーズンに合わせて
日本初の盗難補償付自転車IOTサービス「ペダルノート」が
全ての自転車のライフラインに進化します! IOTソリューション提供の株式会社ペダルノート(本社:東京豊島区、代表取締役 小原 芳章 以下「当社」)は、3月12日日本初の盗難補償付自転車IOTサービス「ペダルノート」に全ての自転車のライフラインとなる新サービス「アドバンスプラン」を発表することをご報告させて頂きます。また今回の発表にあわせて「無料プラン」の追加とベーシックプランへ「個人賠償責任保険」を追加したこともご報告させていただきます。

IOTソリューション提供の株式会社ペダルノート(本社:東京豊島区、代表取締役 小原 芳章 以下「当社」)は、3月12日日本初の盗難補償付自転車IOTサービス「ペダルノート」に全ての自転車のライフラインとなる新サービス「アドバンスプラン」を発表することをご報告させて頂きます。また今回の発表にあわせて「無料プラン」の追加とベーシックプランへ「個人賠償責任保険」を追加したこともご報告させていただきます。

 

【アドバンスプランの開発の背景】

当社では、昨年4月より日本初の盗難補償付自転車IOTサービス「ペダルノート」でベーシックプラン(月額税別300円)の提供を開始し、昨年のツール・ド・東北で当社システムが採用されたこともあり利用者が大幅に増加いたしました。その結果、ユーザーから現状のプランだけでなくさらに補償を充実させてほしいという要望が多数寄せられました。また社会の自転車運転に対する個人責任の重要性は、益々大きくなっております。すでに条例にて実施をしている大阪府・兵庫県に加え、今年4月より埼玉県でも個人賠償責任保険の加入義務化が条例により定められました。今後この動きは加速し、ここ数年の間に全都道府県に導入されると想定しております。したがって、当社は現在のサービスラインアップを単純に追加するだけでなく、より安心快適にサイクルライフが提供できるように進化した新プランの開発を行うことが急務となりました。よって、月々廉価な支払いで、高額の自転車にも対応した盗難補償や故障修理補償の強化を行い、更に個人賠償責任保険(あいおいニッセイ同和損害保険株式会社提供)も付加した「アドバンスプラン」の開発に成功し、今回のリリースとなりました。

また今回のサービス強化は、「アドバンスプラン」を導入するだけでなく、より多くのユーザーに利用しやすくするために、ビーコンを購入するだけで利用できる「無料プラン」をサービスラインアップに追加しました。またヤフオクユーザーやメルカリユーザー向けの「ベーシックプラン」にも価格維持で個人賠償責任保険を追加することで、サービスに厚みをもたせました。

 

【アドバンスプランの内容】

アドバンスプラン(月額税別700円)は、既存の保険も含めてサービス提供不可能な領域に挑戦させて頂いており、基本サービスである盗難自転車捜索支援サービスと自転車無料診断の他に下記三つのサービスが受けられます。

①盗難補償最大20万(※1)

②個人賠償責任保険(詳しくはサービスラインアップ表参照)

③年一回3万円まで故障修理補償(※2)

上記サービスの追加によりまさに「全ての自転車乗りのライフライン」と言うべきオールインワンの内容となっています。年間支払い8400円(税別)にもかかわらず年一回故障修理30,000円までの補償(※2)は、その補償の大きさからロードバイクユーザーの評判を呼び、サイクルモード2017で先行販売にもかかわらず弊社推奨ビーコンの完売を生んだサービスです。

なお、今回はサービス強化の一環としてベーシックプランにも個人賠償責任保険を追加するだけでなく、ビーコンを購入するだけで利用できる「無料プラン」もご用意することで、より多くの皆様にご利用して頂けることが可能になりました。

 

※1盗難補償は、サドルなどのパーツだけの盗難も含みます。また補償の支払いはユーザーの登録店舗になります。また警察への届け出の証明となる盗難受理番号は必須です。

※2年一回3万円の故障修理補償は、タイヤ交換を含むパンク修理やチェーン切れのみになります。補償の支払いはユーザーの登録店舗になります。

サービスラインアップ表

ペダルノートサービスのご利用について】

 

日本初自転車IOTサービス「ペダルノート」を利用するには、下記の手順が必要になります。

 

①自転車販売店にてペダルノートサービス推奨電波発信装置ビーコン(2,000円税別)を購入

②ウェブサイト(https://owner.pedalnote.jp)にて、利用者登録とプラン選択を完了する。

③画面に従い、アプリをダウンロード。

④ビーコンから絶縁シートを抜き、通電。

⑤アプリのフローに従ってビーコン登録を完了し、自転車に設置してサービススタート。

※最後に盗難自転車捜索支援アプリ「Seeker」をダウンロードし、盗難自転車を探す環境を作る輪に加わり、全ての準備が完了。

 

【今後の展開】

当社は、自転車販売店、自転車メーカーとの連携を強めて今年度中に全国2000店舗の販路の拡大と電波発信端末を利用した類似サービスとの大型の業務提携を拡大し、自転車が盗難されづらい環境の構築を推進してまいります。またツール・ド・東北へのシステム提供の経験をもとに自転車レースやイベント等へを通じて自転車を通じた「絆」の可視化を行って参ります。

-----------------------------------------------

■サービスについて

PedalNoteサービス : https://owner.pedalnote.jp

※店舗にてビーコンを購入する必要あり

▼株式会社ペダルノートについて

株式会社ペダルノート

代表取締役社長 小原 芳章

事業内容  IoTソリューションの提供

所在地   東京都豊島区南池袋4-20-9 サンロードビル2FA

HP: https://pedalnote.jp/

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社ペダルノート

代表者名

小原芳章

業種

携帯、モバイル関連

プレスリリース情報

ジャンル

金融・保険

カテゴリ

サービス

この企業の関連プレスリリース

日本初の盗難補償付き自転車IoTサービス「ペダルノート」の 株式会社unerryと事業連携を開始。盗難車発見技術が格段に向上します!
! 2018年5月29日 12時
株式会社ペダルノートが、株式会社クララオンラインの事業投資会社である 自転車投資合同会社、個人投資家による第三者割当増資を実施。
! 2018年3月30日 20時
ヤフー株式会社主催のツール・ド・東北2017において盗難補償付きサービス「ペダルノート」のシステムが採用。大会参加者の安否確認と盗難対策を実施!
! 2017年9月15日 0時
株式会社ペダルノートと株式会社ワイ・インターナショナル、が業務提携。4月7日より全国のワイズロードで盗難補償付きサービスペダルノート取扱い開始!
! 2017年4月7日 13時
ダメ、自転車泥棒! みんなでスパイ大作戦!自転車オーナー向けアプリの決定版自転車盗難補償付きサービス「ペダルノート」4月7日ついに正式リリース
! 2017年4月7日 12時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る