プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数53,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

掛けるだけでバイオマス燃料20%乾燥、乾燥課題解決へ ―大手木質チップ供給会社による屋外保管・乾燥アイテムの導入―

株式会社日比谷アメニス

! 2018年2月7日 10時

株式会社日比谷アメニス(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林定夫)は、屋外に堆積している木質バイオマス燃料に掛けることで保管・乾燥が可能なシート(以下、TOPTEX)を、国内約30 箇所の事業体に納入しています。そうした中、2016 年10 月に国内大手バイオマス燃料供給会社である株式会社タケエイグリーンリサイクル(本社:山梨県富士吉田市、代表取締役:福嶋慶久)に向け納 品し、1 年間に渡り屋外保管による実証を行い、燃料用木質バイオマスの課題である乾燥について、国内においても効果があることを確認いたしました。

バイオマス燃料供給会社に求められることは、①供給燃料の品質を上げること②安定供給を行う

ためにストックを持つことです。

タケエイグリーンリサイクルではTOPTEX を使用することで建屋を必要とせず大量のバイオマス燃料の屋外保管が可能となり、保管状態で燃料乾燥が進み品質の向上が可能となりました。

また他の国内事例では、保管開始時水分約45%W.B だったチップが、TOPTEX を掛けずに保管していたチップは約70%W.B まで水分が上がったのに対し、TOPTEX を掛けて保管していたチップは約25%W.B.まで水分が下がった事例が確認されています。

木質バイオマス業界で乾燥チップのニーズが高まっている現在、日比谷アメニスはTOPTEX という建屋・ランニングコスト不要の保管・乾燥機能のための新しい選択肢を増やすことで木質バイオマス業界の発展に寄与します。

トライアル購入者からの再注文も増加しており、今後は大量の木質チップやPKS を使用するバイオマス関連事業者への導入を目指します。

 

詳細はPDFファイルをご覧ください。

http://www.amenis.co.jp/release/20180201_TOPTEX_release_HIBIYAAMENIS.pdf

 

<株式会社日比谷アメニスについて>

日比谷アメニスは、株式会社日比谷花壇の前身である有限会社芳梅園として1947 年に設立。日比谷花壇の造園土木部門として事業を行い、1971 年に日比谷花壇から独立し設立した会社です。

「Amenity Scape Creation=快適空間の創造」を企業理念に、環境づくりの立場から緑化事業を展開する他、近年では公園関連の指定管理者として維持管理のみならず運営までを行う事業を展開し、花と緑を活用し真に豊かな社会づくりを創造しています。



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社日比谷アメニス

代表者名

小林定夫

業種

建築

プレスリリース情報

ジャンル

エネルギー・素材・繊維

カテゴリ

製品

この企業の関連プレスリリース

簡易的に木質チップの水分を測定―バイオマス燃料取引きに変革を―
! 2018年4月23日 13時
4年連続優秀賞受賞 日比谷公園ガーデニングショー2017ガーデンコンテスト「Papa Son のキッチン」
! 2017年10月25日 10時
第16回 屋上・壁面緑化技術コンクール 日本経済新聞社賞/屋上緑化部門を受賞 ―西武池袋本店 食と緑の空中庭園―
! 2017年10月17日 13時
建設女子 稲見安希子 躰道(たいどう)世界大会で優勝~「第7回世界躰道選手権大会」女子展開競技で優勝~
! 2017年8月7日 15時
建設女子 躰(たい)道(どう)世界大会へ進出 ~ワークライフバランスの両立を実現する建設女子~
! 2017年7月19日 15時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る