イーオンの外国人教師が選ぶ「2017年、最も印象に残った日本の出来事・ニュース」「長時間労働是正のための働き方改革」が1位に

英会話教室を運営する株式会社イーオン(本社:東京都新宿区、代表取締役:三宅義和、以下「イーオン」)と、英字新聞を発行する株式会社ジャパンタイムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:堤 丈晴、以下「ジャパンタイムズ」)では、日本に暮らす外国人が、今年ニュースを賑わした日本の出来事についてどのようにとらえているのかを調査すべく、イーオンに在籍中の外国人教師511名を対象に、「2017年、最も印象に残った日本の出来事・ニュース」について調査を実施しました。

 英会話教室を運営する株式会社イーオン(本社:東京都新宿区、代表取締役:三宅義和、以下「イーオン」)と、英字新聞を発行する株式会社ジャパンタイムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:堤 丈晴、以下「ジャパンタイムズ」)では、日本に暮らす外国人が、今年ニュースを賑わした日本の出来事についてどのようにとらえているのかを調査すべく、イーオンに在籍中の外国人教師511名を対象に、「2017年、最も印象に残った日本の出来事・ニュース」について調査を実施しました。

 

 本調査では、2017年1月~10月の「The Japan Times」WEBサイト記事アクセスランキングの中から、「政治・経済」「社会」「生活・文化・スポーツ」の3分野における「2017年日本の出来事」に関するそれぞれ上位10位、全30記事をイーオンが抽出、その中から最も印象的だったものを外国人教師に選出してもらいました。本調査は、初めての試みとなります。調査の結果、社会的に大きな関心が寄せられている「働き方改革」の記事に始まり、これからの未来を象徴するロボットホテルやパンダ誕生の記事など、幅広い話題が英字新聞でも注目を集めていることがわかる結果となりました。

 

 主な調査結果は以下の通りです。

 

=調査結果トピックス=

■外国人教師にとって最も印象的だった出来事は日本の「働き方改革」。

 調査の結果、「長時間労働是正のための働き方改革」が93票を集めトップとなりました。記事のタイトルにもなっている通り、「karoshi(過労死)」が日本語発祥の英単語として定着してしまうほど、外国人からは日本特有の深刻な問題として捉えられており、今年、メディアにも数多く取り上げられたこの問題について、政府や企業がようやく本腰を入れ「働き方改革」に取り組み始めたことを、日本の労働環境におけるポジティブな変化として歓迎する意見が多数挙げられました。

 

■ロボットが活躍する「変なホテル」、上野動物園の赤ちゃんパンダ誕生など、

 外国人から見たさまざまな日本の側面が上位に。

2位には、経済分野から「首都圏(浦安)にオープンした変なホテル」がランクインしました。日本企業がいち早く導入する革新的テクノロジーに驚き興味を持った外国人が多かったようで、本格的なロボット時代の幕開けを感じたという意見が多く寄せられました。また3位には、今年6月に上野動物園でジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン」が誕生したことが、印象的な出来事としてランクインし、日本国内にとどまらないパンダ人気を感じさせる結果となりました。

 

■調査の概要

調査対象:イーオンに勤務する外国人講師

有効回答数:511名

調査実施期間:2017年11月13日(月)~2017年11月22日(水)

調査方法:

2017年1月~10月の「The Japan Times」WEBサイト記事アクセスランキングの中から、「政治・経済」「社会」「生活・文化・スポーツ」の3分野における「2017年日本の出来事」に関するそれぞれ上位10位、全30記事を抽出。社内イントラネットによる調査で、下記30記事の中から最も印象的だったものを選んでもらいました。



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社イーオン
代表者名 三宅義和
業種 教育

コラム

    株式会社イーオンの
    関連プレスリリース

    株式会社イーオンの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域