プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数51,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

そろばんでフィリピンの子ども達の地頭を鍛えたい!アジア学力向上計画!

IPPO Japanese Math Inc.

! 2017年12月4日 11時

理数系の弱いフィリピンで「そろばん教育」を通じて子ども達の地頭を強くする。そして将来的にフィリピン人自身が産業を起こし、「雇用」を生む、そんな"当たり前の仕組み"を作っていきたい。そのためにはIPPO自体が成長し、フィリピン人のそろばん先生をもっと育成する必要がある。そのための拡大に掛かる活動資金を現在クラウドファンディングを通じて集めています。フィリピンは英語公用語、人口1億人、GDP成長率もアジアNO.1で絶好調な国です。ですが賃金上昇はアジア域内でも低く抑えられており、なかなか国民全体が豊かにならないフィリピン。理由は冒頭にも挙げた「雇用」にあります。そんな問題を解決する為には「数字感覚」や「論理的思考力」をそろばんを通じて教育する。そんな活動を支援するプロジェクトになっております。

 

フィリピン・セブ島でそろばん教室を展開する、IPPO Japanese Math Inc.(所在地:フィリピン国セブ市バナワ地区、代表:鵜飼 明)は、2017年11月30日よりクラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」にて、『そろばんでフィリピンの子ども達の地頭を鍛えたい!アジア学力向上計画!』のプロジェクトを開始しました。

 

「そろばんでフィリピンの子ども達の地頭を鍛えたい!アジア学力向上計画!」

https://camp-fire.jp/projects/view/53413

 

 

【プロジェクトについて】

 

英語が流暢、人口1億人、GDP成長率もアジアNO.1な絶好調なフィリピン。しかし賃金上昇はアジア域内でも低く抑えられており、なかなか豊かにならないフィリピン。一体なぜなのでしょうか?

 

理由は単純明快で産業が少なく絶対的に雇用数も少ない、つまり労働者が「買い手市場」だからです。なので賃金競争も起きず賃金上昇率は他の急成長中のアジア諸国と比べて低いままです。また賃金が安いので優秀な層は海外出稼ぎへ行ってしまうことが多いです。(=頭脳流出)。

 

そんな悪循環を解決するには、フィリピン人の「地頭」(=数字感覚や論理的思考力)を強くし、彼ら自身で産業を作ってもらうのが一番なのです。国際テストなどの結果を見ても理数系は最低クラス。そんな数字が弱いフィリピンには日本の高い教育水準を支えてきた「そろばん」が必要なのです。

 

IPPOそろばん教室の動画はこちら:https://youtu.be/GVefv22UPKg

 

フィリピンには全く根付くことの無かった「そろばん」、これを広めるには苦労はしますが、必ずこの国にはプラスに働くと思います。2017年11月末現在80名を超えるセブ島の子ども達が「そろばん」を習っています。

 

フィリピンの将来を担う次の世代がこの国をより良いものにする為に、もっと多くの子ども達にそろばんを教えてたい!その為には拠点の拡大などやフィリピン人先生のをもっと雇用したい。この活動を前向きに支えてくれる方、どうぞご支援をよろしくお願い致します!

 

 

 

<プロジェクト概要>

内容:「そろばんでフィリピンの子ども達の地頭を鍛えたい!アジア学力向上計画!」

URL:https://camp-fire.jp/projects/view/53413

目標金額:800,000円

募集期日:2017年11月30日-2018年1月6日(土)23時59分まで

リターン例:

10,000円:IPPOそろばん教室を見学できる権利

50,000円:フィリピン・セブ島観光案内します! 

100,000円:そろばん先生ボランティアできる権利

など

 

【CAMPFIREについて】

 

CAMPFIREとはアーティスト・映画監督・ミュージシャン・作家・スポーツ選手・プロダクトデザイナー・ジャーナリストといったクリエイターのためのクラウドファンディング・プラットフォームです。クラウドファンディングとは、アイデアを実現するために必要な創作費用を、そのアイデアに共感した友達・ファン・ソーシャルのつながり、そして世界中の人々から少額ずつ集めることができるプラットフォームです。

 

 

【今後の展望】

 

目標額80万円達成後は、フィリピンでの2番目の教室への展開費用やその為の布石となるそろばん先生の採用と育成費用に充てたいと考えております。また教育機会に恵まれない子ども達へのそろばんレッスン活動なども拡充していきたいです。

 

「そろばんでフィリピンの子ども達の地頭を鍛えたい!アジア学力向上計画!」

https://camp-fire.jp/projects/view/53413

 

 

【IPPO Japanese Math Inc.について】

 

本社:〒6000 フィリピン国セブ市バナワ地区アルセナス通り1830サウスビル2F

代表者:代表取締役 鵜飼 明

設立:2016年10月27日

資本金:300,000フィリピンペソ

Tel:+63-32-234-3536

URL:http://ippo-abacus.com/

事業内容:フィリピン国におけるそろばん教室運営、近隣小学校でのそろばん出張レッスン等。

その他海外でのそろばん普及活動全般



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

IPPO Japanese Math Inc.

代表者名

鵜飼 明

業種

教育

プレスリリース情報

ジャンル

教育

カテゴリ

告知・募集

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る