キラメックが販売する車の盗難発生警報装置に、新しい手口“リレーアタック”を防止するモードを搭載。全4種類のリニューアルモデルを12月4日発売!

スマートキーの弱点を突いた新しい手口による車両盗難を防止する世界初*1 の「リレーアタック対策モード」(特許申請中)を搭載してリニューアルした2シリーズ・4モデル・8ラインナップの販売を開始します。 *1 世界初:「自社調べ」(20017年12月現在)

自動車向け盗難防止装置などを販売している株式会社キラメック(本社:愛知県半田市、代表取締役:加藤早人)は、盗難発生警報装置のうち2シリーズ・4モデル・8ラインナップに「リレーアタック対策モード」を搭載してリニューアル。スマートキーの弱点を突いた自動車盗難の新しい手口“リレーアタック”を防止する最新モデルとして12月4日(月)から販売を開始します。

リレーアタックとは.pdf

 

▼ 株式会社キラメック公式ウェブサイト(「盗難発生警報装置」商品紹介ページ):https://kiramek.com/

 

 

■自動車用スマートキーの弱点を突いた新しい手口“リレーアタック”を防止する盗難発生警報装置の最新4モデルを発売!

 

キラメックが新たに「リレーアタック対策モード」を搭載したリニューアルモデルとして販売を開始するのは、「盗難発生警報装置」のうち「VISION(ビジョン)」ブランドの「1460」「1480」シリーズおよび「SCIBORG(サイボーグ)」ブランドの「540H」「640H」シリーズの全2シリーズ・4モデル・8ラインナップです。

 

今回のリニューアルでは、使い勝手に合わせてシステムの解除方法を次の4つのモードや方法から選択できるようにしています。

 

1.通常モード

純正のキー操作に連動してON/OFFする(リレーアタックでOFFしてしまう)

2.リレーアタック対策モード1

ONはできるがOFFはできない(緊急解除操作でOFFにするか、オプションのリモコンを使う)

3.リレーアタック対策モード2

アンロック操作2回で解除(純正リモコンの手動操作が必要)

4.オプションのリモコン追加

設定モードに関係なく追加でき、いつでもオプションのリモコンでON/OFF可能

 

このうち汎用モデルの「VISION 1460」シリーズおよび「SCIBORG 640H」シリーズは、4つのモードや方法で、リモコンが付属していない自動車でもオプションの組み合わせで取付けでき、盗難防止が可能です。また、リモコンも通報型と操作専用の2タイプを用意しています。

 

 

■自動車盗難の新しい手口“リレーアタック”と対策モードを搭載した「盗難発生警報装置」の開発・提供について

 

自動車盗難件数はイモビライザー機能などの標準装備で大幅な減少傾向にあります。しかし、スマートキーの普及とともに数年前から社会問題化しているのが“(スマート)リレーアタック”という新しい手口です。

リレーアタックとは.pdf

 

“(スマート)リレーアタック”は、個々の車両純正キーが発する信号を使った手口のため、電波を遮断するポーチにリモコンそのものを入れるなどの方法以外に防ぐ手段がありません。また、ロックしたドアの解錠に連動してシステムがOFFになる市販のセキュリティシステムでは、かならず解除になってしまいます。

 

こうした課題を解決するため、キラメックは「盗難発生警報装置」に純正のキーによる操作でロックした場合にセキュリティのセットは可能としながら、アンロックと連動せずにセキュリティが解除できない「リレーアタック対策モード」を搭載しました。

 

なかでも特許申請中の「対策モード2」は、スマートキーを所持したままドアノブスイッチを操作するとロック/アンロックがかならず交互に行われることに着目。純正リモコンの手動操作によって2回つづけてアンロックが行われないと解除できない仕組みにしました。

 

これまで自動車盗難の手口は、自動車のID情報をリセットする「イモビカッター」と呼ばれる手口が主流でした。キラメックは、このイモビカッターから車両を守る妨害装置(RSシリーズ)を開発・提供している唯一のメーカー*2として、今後社会問題化するであろう自動車盗難の新たな手口に対抗する商品の開発が使命であると考え、「リレーアタック対策モード」搭載モデルの提供を開始します。

 

▼ 2016年1月15日付プレスリリース「自動車向け盗難防止装置販売のキラメック、新型プリウス・レクサスなどトヨタ車専用の検知型イモビカッター妨害装置『SCIBORG RS240』を1月25日発売」:https://www.value-press.com/pressrelease/155247

 

*2 唯一のメーカー:「自社調べ」(2017年12月現在)

 

 

■「リレーアタック対策モード」搭載「盗難発生警報装置」商品ラインナップ

 

・「盗難発生警報装置」「VISION(ビジョン)」ブランド「1460」「1480」シリーズ

 

純正キーレス連動セキュリティ「1460」シリーズ1460_A4.pdf

ハイグレードモデル「1460B」本体価格:38,000円(税別)

スタンダードモデル「1460S」本体価格:32,000円(税別)

 

商品紹介ページ:https://visionsecurity.jp/jp/systems/1460.html

 

DIGI∞LINKスマートセキュリティ「1480」シリーズ1480_A4.pdf

ハイグレードモデル「1480B」本体価格:46,000円(税別)

スタンダードモデル「1480S」本体価格:40,000円(税別)

 

商品紹介ページ:https://visionsecurity.jp/jp/systems/1480.html

 

・「盗難発生警報装置」「SCIBORG(サイボーグ)」ブランド「540H」「640H」シリーズ

 

DIGI∞LINKスマートセキュリティ「540H」シリーズ

ハイグレードモデル「540HB」本体価格:オープン

スタンダードモデル「540HS」本体価格:オープン

商品紹介ページ:https://kiramek.com/japanese/products/540.html

 

純正キーレス連動セキュリティ「640H」シリーズ

ハイグレードモデル「640HB」本体価格:オープン

スタンダードモデル「640HS」本体価格:オープン

商品紹介ページ:https://kiramek.com/japanese/products/640.html

 

※オプションとして、いずれの製品にも追加装着可能な「通報型ページャーリモコン&アンテナ」「予備リモコン&アンテナ」のセットがあります。

 

■リニューアルモデル発売記念キャンペーンについて

 

キラメックは今回のリニューアルに併せ、予備リモコン&アンテナセット「TR365S」本体価格:10,000円(税別)がセットになった以下のモデルを、期間限定、数量限定で通常モデルと同価格にて販売致します。

 

「1460B-1S」本体価格:オープン ⇒ 38,000円(税別)

「1460S-1S」本体価格:オープン ⇒ 32,000円(税別)

「1480B-1S」本体価格:オープン ⇒ 46,000円(税別)

「1480S-1S」本体価格:オープン ⇒ 40,000円(税別)

「540HB-1S」本体価格:オープン ⇒ 46,000円(税別)

「540HS-1S」本体価格:オープン ⇒ 40,000円(税別)

「640HB-1S」本体価格:オープン ⇒ 38,000円(税別)

「640HS-1S」本体価格:オープン ⇒ 32,000円(税別)

 

※通常モデルにリモコンセットは付属しません。

 

【株式会社キラメックについて】

本社:〒475-0936 愛知県半田市板山町9-183-1

代表者:代表取締役 加藤早人

設立:2001年5月

電話番号:0120-504-980(代表)

URL:http://www.kiramek.com/

事業内容:自動車向けセキュリティ、セーフティ機器の開発、設計、販売



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社キラメック
代表者名 加藤早人
業種 その他製造業

コラム

    株式会社キラメックの
    関連プレスリリース

    株式会社キラメックの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域