プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数52,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

3Dテクノロジーと羊毛フェルトでコラボした感覚をデザインする3D絵本が誕生! ~視覚障害を抱える子供達にメッセージを伝えるクリスマスプレゼントのモニター募集~

株式会社オープンエイジ総合研究所

! 2017年12月5日 10時

株式会社オープンエイジ総合研究所(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小田島雅章)は、 「りとる・しーん」(東京都多摩市:相澤一美)と共同で、 視覚障害者向けに感覚を楽しむ立体と点字、インテリアを組み合わせた オリジナル3D絵本の制作サービス『3D絵本Plus』を開始します。

 

世の中には、昔話や民話を代表的に創作絵本、イラスト絵本、学習絵本など多くの絵本が存在しています。

そして、幼少期においては、絵本の読み聞かせという形で親子のふれあいの時間を生み出してきました。

近年は児童の発育の重要な要素を担っているとも言われ、少子化や出版不況にもかかわらず

絵本の売上は堅調です。

 

しかし、視覚障害者向けの絵本は、

昔からある点図といわれる点と点のつながりを指でなぞることで形を伝えるものがあるだけで、

好奇心や興味を抱くきっかけとしては不十分なものでした。

そこでオープンエイジ総合研究所と「りとる・しーん」は視覚障害者の幼児・小学生のお子様を対象に

より一層の新しい感覚の楽しみを、そしてご家族の方には羊毛フェルトとの組み合わせで

可愛いインテリアとして想い出を形にして残すことができるサービスを開始することにしました。

このサービスにより視覚障害のお子様またご家族の方々への憩いのひと時のご提供を目指しています。

 

■サービスの内容

3D絵本は6枚のブロックで構成されています。

まずはブロックを上手に組合わせるパズルゲーム、パズルの組み合わせが完成すると、

3D絵本のストーリーの始まりです。

ひとつひとつのブロックでは立体と点字にて新しい感覚をお楽しみ頂けます。

また3D絵本のブロックを羊毛フェルトのフレームに収めることでインテリアとして

もうひとつの楽しみ方が出来ます。

ご家族が伝えたい事を立体と点字で表現するオリジナル3D絵本として支援してまいります。

 

■モニター募集

3Dテクノロジーと羊毛フェルトのコラボによる視覚障害者向け『3D絵本Plus』のサービス開始に先立ち、

充実したサービスを狙いご意見を頂きたくモニターを募集します。

 

■募集要領

弊社ホームページ「お問い合わせ」ページより応募受付。

http://openage.co.jp/monitor

[入力内容]

1.お名前、ふりがな、メールアドレスをご入力ください

2.タイトルに「モニター応募」とご入力ください

3.お問い合わせ内容に住所、応募の理由をご入力ください

抽選にて『3D絵本Plus』をご利用頂きご意見を頂戴させて頂きます。

 

■株式会社オープンエイジ総合研究所

人と人とのコミュニケーションの機会や空間をプロデュースし、

未来のITサービスにおける異業種間の人と人との繋がりを生み出すべく、様々な社会課題に対応していきます。

http://www.openage.co.jp/

 

■りとる・しーん(相澤一美)

羊毛クラフト・かぎ針編みこもの・リリアンの作家・講師。

羊毛まめぐるみとミニチュアクラフトを組合せて季節や風景を感じる小さな作品を作っています。

同一趣味の方や教室に興味のある方々とコミニティを広げながら東京を中心に活動中。

https://ameblo.jp/baseball01080918/



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社オープンエイジ総合研究所

代表者名

小田島 雅章

業種

その他サービス

プレスリリース情報

ジャンル

その他サービス

カテゴリ

サービス

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る