プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

宮城と東京をつなぐ
、うさぎストライプの新作一人芝居『ゴールデンバット』、いよいよ11月29日(水)より東京公演スタート

うさぎストライプ

! 2017年11月15日 15時

2017年11月29日(水)より、青年団演出部の大池容子率いる「うさぎストライプ」は、新作一人芝居『ゴールデンバット』をアトリエ春風舎(東京都板橋区向原)で上演する。本作は、東京公演に先駆けて11月18日(土)・19日(日)に宮城県東松島市で「いしのまき演劇祭2017」参加作品として上演する一人芝居で、東松島と東京の二つの土地をつなぐ作品だ。主人公は宮城県出身の菊池佳南が演じる、宮城公演の舞台となる東松島出身の“瑛子さん”。歌手になることを夢見て上京した彼女が、夢破れて地下アイドルのライブに通うようになり、そのアイドルに幻想を抱く姿が描かれる。また東京公演では、再々演となる一人芝居『セブンスター』も同時上演する。

うさぎストライプ(主宰・大池容子)は、「大人になれない大人のうさぎストライプ」シリーズ第三弾として、新作一人芝居『ゴールデンバット』をアトリエ春風舎(東京都板橋区向原)で、2017年11月29日(水)より上演します。また、再々演となる一人芝居『セブンスター』も同時上演いたします。

 

大人になれない大人のためのうさぎストライプ

『ゴールデンバット』『セブンスター』

http://www.usagistripe.com

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 作品について / あらすじ

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1)『ゴールデンバット』について

今回の新作『ゴールデンバット』は、東京公演に先駆けて「いしのまき演劇祭2017」参加作品として、11月18日(土)・19日(日)に宮城県東松島市で上演する一人芝居です。東松島と東京の二つの土地をつなぐ作品です。主人公は宮城県出身の菊池佳南(青年団・うさぎストライプ)が演じる東松島出身の“瑛子さん”。歌手になることを夢見て上京した彼女が、夢破れて地下アイドルのライブに通うようになり、彼女に幻想を抱く姿を描きます。

 

2)『セブンスター』について

同時上演する『セブンスター』は、2012年、2016年と上演を重ねる度に変化を続けてきた一人芝居。主人公は亀山浩史(うさぎストライプ)演じる、ガレージで自転車を組み立てる男。かつて宇宙飛行士を夢見ていた彼の、未だに捨てられない宇宙への憧れと、初恋相手の“あの子”に対する恋心を描きます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「大人になれない大人のうさぎストライプ」シリーズとは

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「大人になれない大人のうさぎストライプ」シリーズは2013年に始まったプロジェクトで、煙草の銘柄をタイトルにしたシリーズ。「大人になってしまったけれど、子どもの頃の空想ごっこのように嘘を信じて遊んでみたい」という作・演出の大池の思いを込めた、大人になれない大人が綴る、大人のための作品です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 作・演出のコメント

ーーーーーーーーーーーーーーーー

『ゴールデンバット』は東京公演に先駆けて「いしのまき演劇祭2017」参加作品として、11月18日(土)・19日(日)に宮城県東松島市の蔵しっくパークで上演します。東松島の旧酒造店跡地をどう遊ぼうかと考えながら、地下アイドルの少女の視点を通して、かつて歌手になりたかった“瑛子さん”という女性の人生を紐解きます。宮城公演と東京公演、かなり違った見え方になると思うので、両方見比べていただけると嬉しいなと思っております。

再々演の『セブンスター』は以前この作品を観て下さった方にも、もう一度ご覧いただきたいと思えるものになりました。うさぎストライプ初めての“再々演”ですが、ようやく再演の楽しさを知ったような気がします。今回も台詞を書き足したりはしていますが、作品がよりクッキリと、豊かになったと感じています。

うさぎストライプ 大池容子

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 両作品楽しむための半券割

ーーーーーーーーーーーーーーーー

本公演では、両演目を御覧いただけるように【半券割】を実施します。受付で『ゴールデンバット』『セブンスター』いずれかの半券をご提示いただくと500円割引にいたします。

 

2017年5月に中丸新将、志賀廣太郎らを迎えて上演した前作『バージン・ブルース』(こまばアゴラ劇場)とはまた違った、うさぎストライプの劇団員だけの公演で“泥臭く、青臭い青春時代”をポップにお届けいたします。是非この機会にご高覧ください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

    公 演 概 要 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

団体名:うさぎストライプ

作品名 :大人になれない大人のためのうさぎストライプ『ゴールデンバット』 『セブンスター』

会場:アトリエ春風舎(東京都板橋区向原2-22-17 すぺいすしょう向原B1)

   東京メトロ有楽町線・副都心線/西武有楽町線「小竹向原駅」下車4番出口より徒歩3分

 

作・演出:大池容子

出演:菊池佳南(ゴールデンバット) / 亀山浩史(セブンスター)

 

公演日程:2017年11月29日(水)〜12月09日(土) アトリエ春風舎 

 [G]GOLDEN BAT:11ステージ/[S]SEVEN STARS:5ステージ

 11月29日(水) 19:30 G

 11月30日(木) 19:30 S

 12月01日(金) 19:30 G

 12月02日(土) 14:00 G / 18:00 G

 12月03日(日) 14:00 G / 18:00 S

 12月04日(月) 19:30 S

 12月05日(火) 19:30 G

 12月06日(水) 15:00 S / 19:30 G

 12月07日(木) 15:00 G / 19:30 S

 12月08日(金) 19:30 G

 12月09日(土) 14:00 G / 18:00 G

 ※受付開始は開演の30分前、開場は開演の20分前。

 

チケット料金:前売・予約・当日共 一般 2,800円 学生 2,500円 高校生以下 500円(要予約)

 *日時指定・全席自由・整理番号付 *未就学児はご入場いただけません。

※半券割引:受付で『ゴールデンバット』『セブンスター』いずれかの半券をご提示いただくと500円割引。

 

チケット取り扱い

うさぎストライプ http://www.usagistripe.com(予約のみ)

e+(イープラス) http://eplus.jp(前売のみ)

 

スタッフ:照明:黒太剛亮(黒猿) 制作:金澤昭 宣伝美術:西泰宏(うさぎストライプ)

企画制作・主催:うさぎストライプ

協力:青年団、黒猿、レトル、いしのまき演劇祭実行委員会

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

うさぎストライプ について

ーーーーーーーーーーーーーーーー

主宰:大池容子(青年団演出部)

設立:2010年12月19日

URL:http://www.usagistripe.com

 

2010年結成。劇作家・演出家の大池容子の演劇を上演する劇団。 「どうせ死ぬのに」をテーマに、動かない壁を押す、進まない自転車を漕ぐ、 など理不尽な負荷を俳優に課すことで、いつかは死んでしまうのに、 「嘘」をついてまで生きていく人間の理不尽さを、そっと舞台の上に乗せている。2014年9月に、こまばアゴラ劇場で上演さ

れた、うさぎストライプと木皮成『デジタル』は、本広克行監督の映画『幕が上がる』の劇中演劇としても起

用されている。

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

うさぎストライプ

代表者名

大池容子

業種

エンタテインメント・音楽関連

プレスリリース情報

ジャンル

エンタテインメント・音楽関連

カテゴリ

告知・募集

この企業の関連プレスリリース

連日満員!中丸新将と志賀廣太郎の主演、うさぎストライプと親父ブルースブラザーズ『バージン・ブルース』全16公演終了。
! 2017年5月23日 1時
“おっさん”達と“オトナロイド”の共演!?うさぎストライプ最新作『バージン・ブルース』5月4日(木・祝)より、こまばアゴラ劇場で上演。
! 2017年4月30日 12時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る