Twitterで話題になった「おじいちゃんのノート」の中村印刷所と共同開発。180°水平に開くノート『水平開きノート』が発売開始。

ジャポニカ学習帳を製造するショウワノートが「おじいちゃんのノート」で話題になった中村印刷所と共同で小学生向けの学習帳として水平に開くノートを開発。販売をスタートしました。180°水平に開くことでノートの使い方が広がります。

ショウワノート株式会社(本社:富山県高岡市/東京本部:東京都中央区、代表取締役社長:片岸 茂、以下 ショウワノート)は有限会社中村印刷所(東京都北区、代表取締役社長:中村輝雄、以下 中村印刷所)と共同で子供向けの学習帳を開発。2017年11月より販売を開始いたしました。一般の文具流通、学校納品流通、一部書店流通および通信販売にて取り扱う予定です。

 

《180度水平に開くから出来ること》

・算数、理科の図形やグラフが見開きで大きく書ける

・社会の年表や地図が見開きで大きく書ける

・定規が使いやすい

・ノートの中心をまたいでコンパスが使える

・コピーやスキャンをするときに影ができない

・タブレット端末での撮影時に影ができないから電子黒板などに綺麗に写る

 

《「おじいちゃんのノート」ナカプリバインとは?》

中村印刷所は、左右の段差が出ず、水平に180度開けるノート「ナカプリバイン」を2014年10月に開発。製造方法に関しての特許を取得し、東京都の機関が試験的に購入・評価して普及を応援する「トライアル発注認定制度」にも選ばれました。2016年1月1日には同社社員の孫娘がTwitter上で宣伝したところ「ありそうでなかったノート」として3万以上リツイートされ注文が殺到し話題になりました。

 

《開発経緯》

水平開きのノートを「全国の小学生にも使ってほしい。」という中村印刷所の中村社長の強い思いを受け、それを実現するためショウワノートは中村印刷所から水平開きの特許技術の提供を受け、新たに小学生向けの学習帳『水平開きノート』を開発。そしてショウワノートがジャポニカ学習帳などの学習帳で培った長年の実績を生かしこのノートを販売いたします。

 

 

■ショウワノート株式会社 概要

本  社 富山県高岡市佐野850

東京本部 東京都中央区新川1-28-38 東京ダイヤビルディング1号館4F

代 表 者 代表取締役社長 片岸 茂

設  立 昭和22年9月

内  容 ジャポニカ学習帳他各種学用品キャラクター・ファンシー文具、医薬部外品および日用品雑貨の製造販売

U  R  L   http://www.showa-note.co.jp/

 

 

■有限会社中村印刷所 概要

本  社 東京都北区滝野川6丁目46-10

代 表 者 代表取締役社長 中村 輝雄

設  立 昭和13年7月

内  容 ノートをはじめとした各種紙製品の作成、印刷、販売

U  R  L   http://nakaprin.jp/

 

 

 

※ 記載の商品名、サービス名及び会社名は、各社の商標または登録商標です。



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 ショウワノート株式会社
代表者名 片岸 茂
業種 その他製造業

コラム

    ショウワノート株式会社の
    関連プレスリリース

    ショウワノート株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域