イーオン初となる本格的VR英会話学習アプリが誕生!「英語でおもてなしガイド(VR対応)」2017年7月18日提供開始!

 英会話教室を運営する株式会社イーオン(本社:東京都新宿区、代表取締役:三宅義和、以下「イーオン」)は、このたび、イーオン初となるVR(バーチャル・リアリティ)に対応した英会話学習の新アプリ「英語でおもてなしガイド(VR対応)」を開発し、2017年7月18日(火)より提供開始します。

 英会話教室を運営する株式会社イーオン(本社:東京都新宿区、代表取締役:三宅義和、以下「イーオン」)は、このたび、イーオン初となるVR(バーチャル・リアリティ)に対応した英会話学習の新アプリ「英語でおもてなしガイド(VR対応)」を開発し、2017年7月18日(火)より提供開始します。

 

 

 

 「英語でおもてなしガイド(VR対応)」は、外国人観光客に対して英語で案内・おもてなしするシーンをVRによって再現、没入感の高い仮想空間での疑似コミュニケーション体験を通じて、英会話力の向上を図る学習アプリです。

 

 

 

 英会話学習にゲームの要素を取り入れた本アプリでは、制作協力に株式会社ポケット・クエリーズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐々木宣彦)を迎え、ゲーム制作の知見を活かしているほか、「ゲーミフィケーション※」分野の第一人者である東京大学 大学総合教育研究センター 特任講師の藤本徹氏が監修を務めており、3者の知見を取り入れることで、より高い学習効果が得られるコンテンツとして開発されました。

 ※ゲームが持つプレイヤーを活性化させるための ノウハウを、ゲーム以外の領域に応用すること。

 

 

 「英語でおもてなしガイド(VR対応)」では、外国人旅行者役やガイド役になりきって英語でコミュニケーションを行うことにより、観光ガイドの実践的な英語力を養える内容となっています。受け答えの内容により、相手の反応やストーリー展開が変わっていく“マルチストーリー”を採用しているため、飽きずに繰り返し学習できるほか、臨機応変な英語でのコミュニケーションを学べます。スマートフォンからアプリをダウンロードするだけで市販のヘッドマウントディスプレイで簡単に利用できるので、人前で英語を話すことに抵抗のある方の英会話学習の第一歩としても活用いただけます。

 ※ヘッドマウントディスプレイをお持ちでない方は、通常モードで使用いただけます。

 

 またVRモードによる会話学習に入る前に、単語や文法、リスニング問題などを解くことで基礎英語力の向上を図る事前学習パートを用意するなど、イーオンの学習メソッドに基づいた効果的な学習方法で、英語でのコミュニケーション力の向上を目指します。

 

 イーオンは、今後も英語学習の多様化するニーズに応え、より充実した英語教育の提供に努めて参ります。



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社イーオン
代表者名 三宅義和
業種 教育

コラム

    株式会社イーオンの
    関連プレスリリース

    株式会社イーオンの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域