徳島県最後の村、佐那河内村 地域交流拠点『新家(しんや)』オープンハウス

【5月18日(木)~20日(土)】徳島県最後の村、佐那河内村(さなごうちそん)で親しまれてきた長尾商店が地域交流拠点「新家(しんや)」として生まれ変わります。オープンを記念して、見学会を行います。ご都合よろしい方はぜひこの機会に足を運んでいただけますと幸いです。

徳島県最後の村、佐那河内村 地域交流拠点『新家(しんや)』オープンハウス

https://www.facebook.com/events/200101797166175/

 

日程:2017年

5月18日(木)18:00-20:00

5月19日(金)09:00-12:00

5月20日(土)09:00-16:00

会場:新家(しんや)/旧長尾商店 参加:無料

〒771-4102 徳島県名東郡佐那河内村上字宮前84-1

主催:佐那河内村、一般財団法人さなごうち

連絡:TEL:088-679-2111 / FAX:088-679-2125

 

OPEN HOUSE SHINYA Sanagochi village, Tokushima pref., Japan

http://sanagochi.jp/

<一般財団法人さなごうちについて>

『一般財団法人さなごうち』は、2016(平成28)年11月1日に『地域の生活や暮らしを守り、地域に伝わる生業・暮らし・文化・景観・コミュニティを将来の世代に継ぐこと(定款より抜粋)』を目的に、佐那河内村により設置されました。

佐那河内村に伝わる様々なものを将来の世代に継ぐためには、将来の世代の確保が必要です。村への移住を促進し、交流を深めることによって、生活や暮らしを共にする人々の定住と関係人口の増加を図ります。村内に眠る遊休不動産等の地域資源を活用し、飲食店や商店・宿泊施設等を営むことにより、地域の交流拠点を創出します。

村の主たる産業は農業です 。地域の産品(ふるさと産品)の開発も手掛けることが、農業の支援にもつながります。村の景観が素晴らしいのは、農家の方々が農地を適切に管理してくれているからです。農業の支援及び遊休不動産の活用は、景観の保全につながります。これらの活動が村に広く浸透することも重要です。

定款より抜粋
・ 移住・定住・交流の促進に関する事業

・ 遊休不動産の活用に関する事業

・ 商業施設の経営に関する事業

・ ふるさと産品の開発に関する事業

・ 農林水産業支援に関する事業

・ 景観の維持・保全・創造に関する事業

・ 広聴・広報及び調査研究に関する事業



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 物語を届けるしごと
代表者名 坂口祐
業種 新聞・出版・放送

コラム

    物語を届けるしごとの
    関連プレスリリース

    物語を届けるしごとの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域