ホットフラッシュに悩む乳がん経験者への肌着を乳がん経験者当事者が開発。8月のネットショップオープンに向けて5月10日にクラウドファンディングを開始した。

31歳で乳がんを経験したボーマン三枝(さいたま市見沼区在住、現在35歳)はこのほど、術後に自ら下着で苦労した体験をもとに「下着屋Clove(クローブ)」(http://shitagiyaclove.com)を立ち上げ、ブラトップ「サラッと肌着」を開発しました。若年性乳がんサポートコミュニティ「Pink Ring」(http://www.pinkring.info/)メンバーがモニターとして協力。毎日のパットの出し入れの利便性や、ホットフラッシュによる多量の汗対策にも配慮した乳がん経験者にやさしい製品としました。

下着屋クローブ代表、ボーマン三枝は31歳のとき、結婚3か月目で乳がん罹患が発覚。幸い初期だったため手術にも成功し、現在一児の母となることができました。乳がん経験者、特に若くして乳がんに罹患した女性は、結婚・出産を意識せざるをえないため、治療だけでなく生き方についても悩むことが多いのが実情です。そんな中、同じようにがんに不安や悩みを持つ仲間に出会い、何か自分にできることがしたいと考えるようになり、下着屋としての起業を決意しました。

 

開発には、若年性乳がんサポートコミュニティ「Pink Ring」のメンバーが協力してくださいました。試着と意見交換を重ね、パットの出し入れやホットフラッシュによる多量の発汗対策など機能面だけでなく、レースをさりげなくあしらうなど「女子の気分が上がる」デザインにもこだわった商品に仕上げました。

 

「サラッと肌着」は、4,800円(税別)。綿100パーセントで、サイズはS、M、L、LLの4種類。

発売は8月からネットショップで行う予定ですが、5月10日からクラウドファンディングサイト「Makuake」(https://www.makuake.com/project/shitagiyaclove/)で先行販売をスタート、すでに目標金額の40パーセント(5/11,9:00現在)を達成しています。支援は2,000円から可能で、数量限定でサラッと肌着20パーセント値引きもしています。

 

下着屋Cloveは今後、乳がん経験者が快適に過ごせるよう、肌着開発だけでなく若年性乳がんに関する情報発信、イベントも計画しています。乳がん罹患後の妊娠・出産の体験、そして下着屋Cloveの活動を通し、乳がん経験者だけでなく、多くの女性に乳がんについてもっと知っていただけたらと思い、今回プレスリリースをさせていただきました。よろしくお取り計らいの程お願い申し上げます。



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 下着屋CLOVE
代表者名 ボーマン 三枝
業種 ファッション・ビューティー

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域