プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数45,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

“畑の真ん中の不動産屋”渋谷幸英が『相続した田舎の困った不動産の問題解決します』を3月21日に出版。田舎の放置不動産について、具体例を交えて解説

株式会社おひさま不動産

!2017年3月21日 10時

不動産会社の主婦社長が、売るに売れない、相続しても困る田舎の放置不動産の問題を解決する本を出版します。個人にとどまらない、国家レベルの問題ともなる、放置せざるを得ない状況の不動産をどのようにすればいいのか、自らの体験を基に解説した一冊です。

成田空港周辺の不動産を多く扱う株式会社おひさま不動産(所在地:千葉県香取郡)の代表取締役・渋谷幸英(しぶや・さちえ)が3月21日、雷鳥社から『相続した田舎の困った不動産の問題解決します』(1600円+税)を出版します。現在、人口減少社会を迎え全国で空き家が増えています。特に田舎では売却を阻む法律等、さまざまな要因で家だけでなく田畑、山林、分譲地なども放置せざるを得ない状況が生まれています。こうした問題を扱ってきた畑の真ん中で開業する不動産屋が、放置不動産の解決法について具体例を交えて分かりやすく解説します。

 

▼ 株式会社おひさま不動産:http://www.ohisamafudosan.com/book.html

 

 

■田舎の不動産を相続して困っている人を対象に、解決方法を導く

田舎にある実家そのものや田畑、山林などの不動産を相続して困っている人が解決方法を探すための一冊です。豊富な事例を示しながら、不動産について素人の方にもわかりやすく解説しています。

 

相続しても売るに売れず、地方自治体に寄付することもできない、扱いに困る田舎の不動産の問題と、その解決法を書いた本は他にはほとんど見当たりません。

 

具体的な例として、以下のような事例を紹介し、解決法を示しています。

・自分の相続した土地の場所がわからない。

・宅地として固定資産税を払っていたのに、地目が畑だった。

・相続した土地を、他人が勝手に家庭菜園や駐車場として使っていた。

・家が建つと言われて買ったのに、売る時は家が建たない土地になっていた。

・そう億下土地に行ってみたら、ゴミ捨て場になっていた。

 

 

■個人の問題にとどまらない重大性が出版のきっかけ

田舎の放置不動産の問題は単に所有者が不動産を売却できないという問題にとどまらず、国土の健全で有効な利用を阻害する要因ともなりかねません。

 

相続の登記を経由しないまま相続を繰り返せば、相続人の数が増えすぎたり、相続する人が存在しなかったりという事態が生ずる可能性があり、そうなると、もはや誰の土地か分からない状態になってしまいます。そういった土地が増えれば流動性ある不動産が減少し、国富の減少を招くと言っても過言ではありません。

 

個人レベルの困った不動産問題を抱える人のためにという思いと、国富の減少という重大な事態を避けるために、これまでの経験を基に『相続した田舎の困った不動産の問題解決します』を出版することにしました。

 

 

■地方創生の縁の下の力持ちに。取材者には本を無料送付

この本を通して放置不動産の解決法を多くの人に示し、さらに困った田舎の不動産の売買を仲介して地方創生に役立てていきたいと考えています。

 

これまで、田舎の困った不動産の売買を仲介することで、ボロボロだった空き家がきれいにリフォームされて人が住むようになりました。あるいはずっと空き地だった場所に事務所が建てられ、駐車場に自動車が並ぶようになる様子を数多く目にしてきました。

 

放置された不動産を有効に活用させることで、地方は経済や生活が活性化していきます。まさに地方創生を支えていく縁の下の力持ちになれるように、多くの人にこの本の存在を知ってもらい、それを通じて事業をさらに展開していく予定です。

 

取材をしていただく際には、ご希望があれば事前に本書を無料で郵送します。読者プレゼントも可能です。

 

 

■書籍『相続した田舎の困った不動産の問題解決します』について

【目次】

はじめに

1. 田舎の不動産の処分は、孫子の代に負の遺産を残さないために必須の相続対策

2. こうなってからでは遅すぎる!田舎の不要な不動産を今すぐ処分しなければいけないこれだけの理由

3. 田舎の不動産を売りたいと思ったら最初にこれだけは調べる

4. 不動産屋に行く前に、絶対に知っておきたい不動産取引の仕組み

5. 田舎の不動産を本気で売るための不動産屋選びはこうする

6. 相続した田舎の家を売るなら、こんな工夫を

7. 田舎のボロボロの空き家はこうして売る

8. 田舎の行ったこともない土地はこうして売る

9. 田舎の山林はこうして売る

10. 田舎の広大な土地はこうして売る

11. 地目を農地以外に変更して売却できるのはこんな場合

12. 田舎の売れない分譲地はこうして売る

13. 田舎の空室だらけのアパートはこうして売る

14. 「こんなの誰が買うの?」と思うような土地や建物でも、買う人は意外といる!

15. 田舎の不動産を、リスクを抑えて売るために知っておきたいこと

16. 田舎の不動産を売るなら知っておいて損はない税金の話

17. どうしようもなくなったら、自分で活用してみる

おわりに

 

価格:1600円(税別)

ページ数:352ページ

出版社:雷鳥社

発売日:3月21日(予定)

 

<著者・渋谷幸英(しぶや・さちえ)>

株式会社おひさま不動産代表取締役。宅地建物取引士、元中小企業診断士。不動産業は経験のない主婦だったが、2014年に起業。千葉県の畑の真ん中の自宅で同社の事業を開始した。立地上から、どの不動産業者も扱いたがらない、田舎の困った不動産の売却を数多く引き受けた。特にシニア世代が「子供に相続させたくない不動産」、子供世代が親から相続してしまった「行ったこともない土地」を数多く仲介してきた。

 

 

【株式会社おひさま不動産について】

所在地:〒289-2231 千葉県香取郡多古町飯笹1909

代表者:代表取締役 渋谷 幸英

設立:2014年5月

電話番号:0479-75-4570

URL:http://www.ohisamafudosan.com

事業内容:

・不動産売買の仲介

・空き家買い取り

・賃貸管理

 

 

【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:株式会社おひさま不動産

担当者名:渋谷

TEL:0479-75-4570

Email:yokoso@ohisamafudosan.com

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

ファイルを一括ダウンロードする

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社おひさま不動産

代表者名

渋谷 幸英

業種

不動産

プレスリリース情報

ジャンル

不動産

カテゴリ

企業の動向

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る