マレーシア政治のダイナミズム【無料・登録不要】日本マレーシア学会(JAMS)関東地区研究会

日本マレーシア学会(JAMS)関東地区研究会/日時:2017年3月11日(土)15時~17時/場所:立教大学池袋キャンパス5号館2階5203教室/タイトル:マレーシア政治のダイナミズム(THE MALAYSIAN POLITICAL DYNAMISM)/発表者:Associate Professor Dr. Sity Daud(マレーシア国民大学)/コメント:Dr. Mohd Ikbal Mohd Huda(マレーシア国民大学)

日本マレーシア学会(JAMS)関東地区研究会のおしらせ

 

会員非会員を問わず来聴を歓迎致します。

 

日時:2017年3月11日(土)15時~17時

場所:立教大学池袋キャンパス5号館2階5203教室

 

タイトル:マレーシア政治のダイナミズム

(THE MALAYSIAN POLITICAL DYNAMISM)

発表者:Associate Professor Dr. Sity Daud(マレーシア国民大学)

コメント:Dr. Mohd Ikbal Mohd Huda(マレーシア国民大学)

 

概要:New political phenomenon that began in the 10th General Elections in1999 has continued to shape the trend of voting in the 13th General Elections (GE-13) held in May 2013. Even so, this phenomenon is not a consistent trend if viewed from two angles, namely the actors who support this idea as well as the reversal of the trend that happened after the elections. Continuous political frictions between the new and the old politics is the essence underlying the analysis the GE-13. The election that was deemed to be "the mother of all elections" was an apparent paradox of the two sides contesting - the Barisan Nasional (BN) and Pakatan Rakyat (PR) who are "losing but win and winning but lose". Although the results of the GE-13 continue to send political messages that new politics are more promising, the development after the GE-13 also suggest that the two sides are increasingly likely to return to the old political norms to survive the Malaysian political dynamism amidst the recent calls for a good governance of the country’s political system.



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 立教大学観光学部舛谷研究室
代表者名 舛谷鋭
業種 教育

コラム

    立教大学観光学部舛谷研究室の
    関連プレスリリース

    立教大学観光学部舛谷研究室の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域