プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数45,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016 年「動線分析」に関するニーズ&ウォンツならびに「動線分析」周りの課題・悩みに関する(潜在・見込・既存)ユーザー実態調査

株式会社 ESP総研

!2016年12月31日 21時

株式会社ESP総研(東京都港区、代表取締役:村岡 正悦)は、市場調査レポート“2016 年「動線分析」に関するニーズ&ウォンツならびに「動線分析」周りの課題・悩みに関する(潜在・見込・既存)ユーザー実態調査”を発刊しました。

■はじめに

 

◆2016年3月16日に、ベンダを対象に『2016年「動線分析」ビジネス白書~国内主要プレイヤー16社・団体のケーススタディ&集計・分析レポート~』を発刊した。

 

◆その後、某セミナー会社から、以下のような設計で「動線分析」に関するセミナーを開催したいといった要望を頂いた。

 

0.動線分析の現状と実際のビジネスへの活用

主要サプライヤー・実際のユーザーはどう考え、活用しているか

 

1.動線分析を取り巻く環境 現在の対象は「ヒト・モノ・エリア」

 

2.「動線分析ビジネス」 サプライヤーについて

(1)プレイヤーの参入状況

(2)「動線分析ビジネス」の定義・市場概況

(3)「動線分析ビジネス」の市場推移予測(~2018年)

 

3.「動線分析ビジネス」の有望な適用分野・ターゲット・注目されている分野

・ITソリューションが注目する分野は小売業界・●●業界

・カメラが注目する分野は防犯業界

 

4.「動線分析ビジネス」で何が実現できるか、できそうか

5.「動線分析ビジネス」のユーザー事例

(1) 小売A社:来店者の分析から商品陳列を工夫し、販売の拡大に

(2) 飲食B社:顧客目線での店舗スタッフの接客品質レベルアップに

(3)製造C社:生産ライン可視化、器材の使用状況の可視化にフル活用

その他 - 万引き対策から介護施設での活用例

自治体での災害対策の活用事例や運用の思わぬ落とし穴まで紹介

 

6.「動線分析」を活用しているユーザーのニーズとウォンツ

(1)結論 「ユーザー企業の思いとベンダの思惑のギャップが存在」

(2)業種別 「活用したいと考えていること」

飲料/食品/化粧品ヘアケア/日用雑貨トイレタリー/医薬品/健康食品/金融・保険業/家電製品/自動車・バイク/デパート・スーパー・コンビニ/ソフトウエア/医療・福祉

 

7.まとめ~「動線分析」の今後の展望

 

◆対象業種 *以下の全業種が対象であった

〇農業・漁業・林業・鉱業

〇土木・建設・不動産・建物サービス

〇飲料

〇食品・食品加工

〇化粧品・ヘアケア

〇日用雑貨・トイレタリー

〇たばこ

〇医薬品・健康食品

〇家電製品

〇自動車・バイク

〇その他製造業デパート・スーパー

〇コンビニエンスストア

〇運輸・倉庫・物流関連

〇電気・ガス・熱供給・水道

〇電気通信業

〇ソフトウエア、情報処理

〇マスコミ・広告、新聞・放送業

〇市場調査・シンクタンク

〇金融・保険業(銀行・証券・保険)

〇飲食・宿泊サービス

〇その他サービス

〇教育・学習支援

〇医療・福祉

〇その他

 

◆このように、当該「レポート」(発刊)に対する強い想いを語って頂いたセミナー会社の方々には心から感謝申し上げる次第である。

 

こうした声を受けて、ESP総研では急速に調査ニーズが高まっている“2016 年「動線分析」に関するニーズ&ウォンツならびに「動線分析」周りの課題・悩みに関する(潜在・見込・既存)ユーザー実態調査”をレポート化することとなった。

 

この調査報告書が「動線分析(ビジネス)」に着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

 

■調査対象

・年間売上規模5,000億円以上を中心とした大企業<全業種>

 

■サブタイトル

~年間売上規模5,000億円以上を中心とした大企業(全業種)の担当者に対してパネル調査を実施。合計1,011社のキーマンから得た回答を集計&分析・グラフ化~

 

■調査方法

・B2Bパネル・ユーザーの活用により調査・分析を行った。

 

■調査&レポート期間

・2016年11月9日(調査開始)~2016年11月11日まで網羅的な調査を実施した。その後、レポーティング(集計&分析)を実施し、2016年12月31日に集計&分析ならびにグラフ化・コメント化が終了した。

 

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦

2)調査・分析・レポーティング:ESP総研

 

■トータル・ページ数(報告書)

・59ページ(総括・集計:グラフ・表)+生データ(1,011社分)など

 

■目次(詳細)・URLはこちら↓

https://www.espers.co.jp/?p=8750

 

■頒価

本体価格180,000円 + 税 *CD-R(PDF)タイプ(全てカラー)

 

【会社概要】

会社名   :株式会社 ESP総研  http://www.espers.co.jp

所在地   :東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル2F

設立   :1999年8月19日

代表者   :代表取締役 村岡 正悦

事業内容 :「市場調査」事業、「未来予測」事業、「映像宣伝」事業

 

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆

窓口:ESP総研 「動線分析ユーザー」調査部門

TEL : 03-5762-8136  FAX : 03-5762-8036

E-mail : info@espers.co.jp



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社 ESP総研

代表者名

村岡 正悦

業種

その他サービス

プレスリリース情報

ジャンル

ネットサービス

カテゴリ

研究・調査報告

この企業の関連プレスリリース

2017年「顔認証・顔認識」×「ターゲッティング(用途・適用分野)」に関する深堀調査
!2017年2月21日 17時
“クルマ×最先端技術”による変革(イノベーション)&未来社会の可視化/自動車業界の未来予測≪2017‐2037≫~未来絵 編(Ver.4) ~
!2017年2月18日 10時
2017年「モーター」×「ターゲッティング(用途・適用分野)」に関する深堀調査
!2017年2月12日 17時
2017年「無線LAN・Wi-Fi」×「ターゲッティング(用途・適用分野)」に関する深堀調査
!2017年2月8日 10時
2017年 米国における「IoTセキュリティ・ユースケース(事例)」に関する網羅的な調査(公開事例:87社×450枚付き)
!2017年1月30日 17時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る