南米コロンビアでの内戦終結をテーマに啓発イベントを開催しました

コロンビアでは、9月27日に政府とゲリラ組織FARC(コロンビア革命軍)が、平和協定に調印し、半世紀に及ぶ内戦が終結しました。特定非営利活動法人イマジンは、このコロンビアで起こった内戦終結、また家族間の幸せをテーマに、10月2日(日)にThe Way To Happiness Japanとともに「かけがえのない家族、輝く未来Part2」を開催しました。

特定非営利活動法人イマジンのプレスリリースアイキャッチ画像
コロンビアでは、9月27日に政府とゲリラ組織FARC(コロンビア革命軍)が、平和協定に調印し、半世紀に及ぶ内戦が終結しました。特定非営利活動法人イマジンは、このコロンビアで起こった内戦終結、また家族間の幸せをテーマに、10月2日(日)にThe Way To Happiness Japanとともに「かけがえのない家族、輝く未来Part2」を開催しました。

コロンビアでは、1960年代から政府と反政府ゲリラ組織との間で激しい内戦が続き、およそ22万人が犠牲になっています。The way to happinessが配布するしあわせへの道小冊子は、解決策を探し求めていたコロンビア国家警察が導入したことで知られており、政府に抗議するデモ行進が暴動に移行しかねない一触即発の事態となった時、大量の小冊子配布活動が指揮されました。また政府の高官たちは「しあわせへの道」の教訓を描いた公共サービス広告がボゴタのテレビ局で放映されるように手配しました。その結果、暴動は回避されたのです。この活動を調整していたコロンビア国家警察の大佐は、次にカルタヘナという都市に焦点を当てました。この地域では観光客を脅かす犯罪が増加していました。ここではカルタヘナの警察官140名に「しあわせへの道」セミナーが行われ、その後、この都市一帯での小冊子配布活動へと続きました。「しあわせへの道」を使った3年間にわたる集中的なプログラムの期間と同時期に、カルタヘナでの犯罪件数が27%減少し、コロンビアで最も安全な都市と宣言されるまでになりました。
「しあわせへの道」プログラムのトレーニングを受けた1万人以上の警察官が市民300万人にセミナーを提供し、人口の20%に小冊子を配布しました。このプログラムが全国に広がるにつれて、他の都市でも犯罪が急激に減少しました。


純粋に良識のみに基づいた、初めての普遍的な道徳指針です。1981年に初めて出版され、その目的は、現代社会における道徳の衰 退を食い止め、人々の間に誠実さと相互の信頼を取り戻すことです。「しあわせへの道」は最も多く翻訳された特定の宗教信条に基づかない本として、ギネス記 録を保持しています。アメリカの人道主義者L. ロン ハバード氏 によって書かれたこの本は、「教訓」と呼ばれる21の基本的な行動規範が書かれており、高田馬場や吉祥寺、大久保、歌舞伎町などで継続的に配布活動を行っています。

特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っております。 

ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 特定非営利活動法人イマジン
代表者名 尾端國次
業種 教育

コラム

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリース

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域