プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数54,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

『バンドの「これから」を一緒に歩みたい』インディーズバンド・pertorikaが、CAMPFIREでファンクラブ《clape》を開設

pertorika

! 2016年9月2日 9時

都内を中心に活動中のpopsバンドpertorikaが、CAMPFIREでファンクラブ『clape(クラップ)』を立ち上げた。https://camp-fire.jp/projects/view/9492/『clape(クラップ)』は、クラウドファンディングサービス国内最大手・CAMPFIREが提供するプラットフォームを利用しており、ユーザーが任意のプランを選択できる会員制月額ファンクラブとなっている。プランは、様々なサービスへ適用される会員証の発行・最速ニュースなどが配信される「ブロンズclaperプラン」を基本とし、その他リターンアイテムに応じた「レギュラーclaperプラン」「ゴールドclaperプラン(ギタータイプ)」「ゴールドclaperプラン(ピアノタイプ)」、そして全てのリターンアイテムを網羅した「プレミアムclaperプラン」の全5種類が用意されている。

pertorikaが、CAMPFIREでファンクラブ『clape(クラップ)』を立ち上げた。

https://camp-fire.jp/projects/view/9492/

 

『clape(クラップ)』は、クラウドファンディングサービス国内最大手・CAMPFIREが提供するプラットフォームを利用しており、

ユーザーが任意のプランを選択できる会員制月額ファンクラブとなっている。

 

プランは、様々なサービスへ適用される会員証の発行・最速ニュースなどが配信される「ブロンズclaperプラン」を基本とし、

その他リターンアイテムに応じた「レギュラーclaperプラン」「ゴールドclaperプラン(ギタータイプ)」「ゴールドclaperプラン(ピアノタイプ)」、

そして全てのリターンアイテムを網羅した「プレミアムclaperプラン」の全5種類が用意されている。

 

ファンクラブ『clape(クラップ)』の発足に至った経緯について、pertorikaでピアノとバンドのPRを担当する izumi は、以下のようにコメントしている。

 

==============

昨年末、長年活動を共にしてきたメンバー二人が脱退し、バンドの存続が危ぶまれました。

残った三井と私とで解散するか継続するかを考えていたとき、これまでを振り返る中で「バンド」のあり方について考え直すことがありました。

どの出来事を振り返っても必ずファンの方の存在があり、小さいコミュニティではありながらも、このバンドや楽曲はもはやメンバーだけのものではないのでは?と。

せっかくここまで育ってきたバンドを自ら終わらせるのは、残念過ぎるのでは?と。

誰も知らない、インターネットの検索結果にも出てこなかったpertorikaが活動を継続してこれたことは、ファンの皆さんやまわりの方のおかげだと改めて感じました。

 

日本の多くのバンドは『リリース』が一つの活動指針になっており、pertorikaもそれをベースにしてきました。

しかしこのスタイルは、瞬間的には活動が活発化するものの、リリースにまつわる一連の動きが落ち着くと一段落してしまうという波のあるものです。(インディーズ界隈では特に顕著かなと思います。)

結果、機会や斬新なアイディアが無ければなかなかアクションを起こすことができず、次第にメンバー内で『停滞感』が漂ってしまうことになります。

そこへ、今回のCAMPFIREファンクラブのお話が舞い込んできました。

 

私たちの規模でファンクラブを設立することは、おこがましくもあり異例のことかと思います。

ですが、バンドが理想的なペースで活動し、継続して作品・コンテンツを発表するには最適な環境であると感じました。

 

▶コンスタントに作品・コンテンツを制作して、ファンの皆さんへ届けたい!

▶活動をよりオープンにして気軽にpertorikaに触れることで、身近に感じて頂く機会を増やしたい!

▶そして『バンドの成長』を、ファンの皆さんにも自分自身のことのように体感してもらいたい!

 

上記の理想のもと、pertorika活動当初からのモチーフである単語にちなみ、ファンクラブ『clape(クラップ)』発足に至りました。

 

『clape(クラップ)』は、アイルランド語で ”家族” という意味を持つ『clann(クラン)』×アイヌ語で ”鳥” という意味を持つ『cikap(チカップ)』とを合わせた造語です。

メンバーが元々ケルト音楽が好きであること、またpertorikaの “orika” はアイヌ語の “丘” から取ったことなど、バンド名ともリンクした名称を名付けさせて頂きました。

 

また、後乗せではありますが『拍手』『クラブ』などの意味合いもくっついていて、良いかなと思っています。笑

 

今後『clape(クラップ)』を通じて、継続した作品・コンテンツの発表と、その規模をさらに大きくしていけるよう努めてまいります。

また、このファンクラブプロジェクトが、僭越ながらインディーズミュージシャンにとって新しい活動スタイルのモデルケースになれたら…と、ひそかに意気込んでおります。(CAMPFIREさん、プラットフォームのご提供ありがとうございます!)

 

pertorikaのこれからを、ファンの皆さんと一緒に歩んで行くことができたら嬉しいです。

==============

 

『clape(クラップ)』の詳細情報、pertorikaの最新情報は以下の通り。

 

▼pertorikaファンクラブ『clape(クラップ)』

https://camp-fire.jp/projects/view/9492/

・オープン

・2016年9月1日(木)18時〜

・会員特典

・ブロンズclaperプラン ¥500/月

・レギュラーclaperプラン ¥1,500/月

・ゴールドclaperプラン(ギタータイプ) ¥3,000/月

・ゴールドclaperプラン(ピアノタイプ) ¥3,000/月

・プレミアムclaperプラン ¥5,000/月

 

▼最新曲『Starting Life』リリース情報

8/7(日)より iTunes Storeほか国内外主要ダウンロード・ストリーミング配信サイトにて発売中

iTunes Store URL:https://itunes.apple.com/jp/album/starting-life/id1140341859?i=1140341915

 

▼ライブ出演情報

2016年9月11日(日)渋谷 WOMB『原宿学園祭』

開場:13:30 / 開演:14:00 / 終演:17:30

前売券¥2,500 / 当日券¥3,000 (いずれも1ドリンク別¥500)

 

--------------------------------------------------------------------------------------------

 

【pertorika プロフィール】

東京を中心に活動中のポップスバンド。重なり合うコード&アレンジ、取替不可能なメロディ。

"ギフト"と称されるその歌声と卓越した個々の演奏技術が、それをオールインワン・ポップスへと昇華させる。

 

これまでにミニアルバム2作、EP1作、アナログ7インチ1作を全国リリース。

代表曲『変わらないもの』は、音楽プロデューサー・亀田誠治氏や、サカナクション・山口一郎氏から好評を得ている。

メンバーチェンジを経て、2016年より新体制で活動を再スタートさせた。

 

▼Official WebSite

http://www.pertorika.com

 

▼Official Twitter

http://twitter.com/pertorika

 

▼Official Facebook Page

http://facebook.com/pertorika

 

▼Official YouTube Channel

http://www.youtube.com/user/pertorika

 

▼Official SoundCloud

https://soundcloud.com/pertorika



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

pertorika

代表者名

izumi

業種

エンタテインメント・音楽関連

プレスリリース情報

ジャンル

エンタテインメント・音楽関連

カテゴリ

サービス

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る