プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数55,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

ファームノート、農業分野で人工知能・IoT技術の活用を研究する「Farmnote Lab」を設立

株式会社ファームノートホールディングス

! 2016年8月5日 10時

株式会社ファームノート(本社:北海道帯広市、代表取締役:小林 晋也)は、グループ会社の株式会社スカイアーク(本社:北海道帯広市、代表取締役:小林 晋也)と共同で、優れたスマート農業技術の研究・開発を目的として、人工知能・Internet of Things (以下、IoT)技術を研究する組織「FarmnoteLab(ファームノート ラボ)」を設立いたしました。

ファームノート、農業分野で人工知能・IoT技術の活用を研究する「Farmnote Lab」を設立

〜 畜産に限らず耕種分野にも広げ、農業への人工知能・IoT普及に取り組む。〜

 

株式会社ファームノート(本社:北海道帯広市、代表取締役:小林 晋也)は、グループ会社の株式会社

スカイアーク(本社:北海道帯広市、代表取締役:小林 晋也)と共同で、優れたスマート農業技術の研

究・開発を目的として、人工知能・Internet of Things (以下、IoT)技術を研究する組織「Farmnote

Lab(ファームノート ラボ)」を設立いたしました。

 

近年注目を集めている「人工知能 (AI:Artificial Intelligence)」(※1)のビジネスは、産業分野を中心に増

加しています。人工知能の活用分野はECサイトのレコメンドシステムやスマートフォンの音声ガイダン

スシステムなどIT領域から普及が始まり、「Internet of Things」(※2)が普及し始めたことにより製造・

生活・金融関連などあらゆる分野での活用が進んでいます。

 

ファームノートでは牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」にて「Internet of Animals」を提唱

し、経済動物をインターネットにつなげ人工知能を活用することで、牛の最適管理を実現する取り組み

を行っております。

 

このような背景のもと、農業分野での人工知能・IoT技術の研究・開発を目的に設立した「Farmnote

Lab」は、ファームノートのビジョンでもある「世界の農業の頭脳になる。」の実現に向け、畜産分野

で培った人工知能・ビッグデータ解析・IoT技術(センシング・通信技術)を、畜産に限らず耕種農業

分野にも広げ、農業分野への人工知能・IoT普及に取り組みます。

 

最近では株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:玉川 憲)と共同で省電力広域無

線規格「LoRaWAN」を利用した放牧牛の行動解析実験を行いました。

実験例:省電力広域無線技術とGPSを組み合わせた放牧牛の行動解析実験

また「Farmnote Lab」では農協・大規模農家の生産性向上のためのシステム開発を請け負うことで、大規模化が進み業務が複雑になる農協・農家の生産・課題を把握し、農業全体での業務効率改善に取り組み、そのノウハウを研究開発に活かす予定です。

 

「Farmnote Lab」は今後、スマート農業向けの共同研究・受託研究を広く受け付け、様々な企業・研究機関と連携しながら農業分野での人工知能・IoT活用について研究し、その成果を還元することで、日本の強い農業に貢献します。

 

※1 人工知能とは、コンピュータ上において、人間と同様の知能を実現させようという試みや技術のこと。

※2 様々な「物」をインターネットに接続し、情報交換することで相互に制御する仕組みのこと。

 

Farmnote Labのサービス

人工知能・IoT技術を活用したスマート農業向け共同研究・受託研究・研究協力

農業向けセンサーデバイス開発

農生産管理ソフトウェア開発

データ収集プラットフォーム開発

ビッグデータ・画像解析

アルゴリズム開発

実証試験受託

スマート農業システムの受託開発

農協・大規模農家の生産性改善

 

実績

Farmnote Color開発(URL : http://farmnote.jp/color/

農業用汎用ゲートウェイ開発

Apache Hadoop/Sparkを用いた大規模データ収集・分析プラットフォームの開発

牛の行動分析アルゴリズム開発

省電力広域無線技術とGPSを活用した放牧牛の行動分析

JA向け牧場データ統合管理システム

大規模農場向け受発注管理システムなど

 

研究・受託のお問い合わせ

Farmnote Labでは農家(耕種・畜産)、農協、企業、大学、研究機関からの受託研究・共同研究・研究協力を受け付けております。詳しくはウェブサイトをご覧ください。

http://farmnote.jp/lab/

 

株式会社ファームノートについて

ファームノートはスマート農業ソリューションを提供するITベンチャーです。「世界の農業の頭脳になる。」をビジョンに、人工知能とクラウドを活用して「Internet of Animals」を実現する牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」を開発しています。最先端の技術で農業の経営効率化を推進し、日本の強い農業に貢献します。

http://farmnote.jp/

 

株式会社スカイアークについて

スカイアークはコンテンツ管理システム(CMS)のソリューションベンダーであり、日本シェアNo.1CMS「Movable Type」の導入実績は日本トップレベルを誇ります。ウェブサイト・社内ポータル・社内SNSまで幅広いコンテンツ管理システムの提供を行っており、多くの大企業の情報共有を支えています。

http://www.skyarc.co.jp/

 

 

 

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社ファームノートホールディングス

代表者名

小林 晋也

業種

コンピュータ・通信機器

プレスリリース情報

ジャンル

ネットサービス

カテゴリ

企業の動向

この企業の関連プレスリリース

ホクレン農業協同組合連合会を引受先とする第三者割当増資による資金調達実施
! 2017年12月13日 12時
“北海道農業応援団長”森崎博之さん(TEAM NACS)もご登壇 【北海道最大級の農業カンファレンス】 ファームノートサミット2017 Winter開催
! 2017年12月2日 10時
農業領域でのIoT・人工知能活用を牽引するファームノート、福岡市に「西日本支社」を開設〜酪農・畜産が盛んな西日本地域に向けて、農業ICTの提供をさらに強化〜
! 2017年10月2日 11時
ファームノート、総額5億円の資金調達を実施 ~人工知能への研究開発、事業基盤を強化し、日本の強い農業に貢献~
! 2017年3月27日 11時
日経ビジネス「次代を創る100人」にファームノート代表の小林晋也を選出いただきました
! 2016年12月19日 15時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る