―国連の定めた薬物乱用防止デーを記念して― 6.26 新宿歌舞伎町にて小冊子配布イベントを開催

薬物の有害性を直接市民に訴えかけるため、特定非営利活動法人イマジンは、新宿区歌舞伎町にて日本薬物対策協会が6月26日(日)に開催するイベントに協力します。イベントでは、薬物の有害性について分かりやすくまとめた小冊子を配布します。

特定非営利活動法人イマジンのプレスリリース見出し画像
危険ドラッグについて、インターネット上で「売買についての情報を見たことがある」と答えた中学生は7.1%の175人、そして中には「直接会ったことがない人から、危険ドラッグに誘われたことがある」と答えた中 学生も16人(0.6%)もいたことが明らかになっています。(2015年秋冬中学生対象薬物意識調査 日本薬物対策協会調べ)

薬物の魔の手は昨今低年齢に及んでおり、スマホなどの普及でインターネットに子供たちが簡単にアクセスできる中、薬物は想像以上に子供たちに身近になってきています。

そのような中、この度、薬物の有害性を直接市民に訴えかけるため、特定非営利活動法人イマジンは、新宿区歌舞伎町にて日本薬物対策協会が6月26日(日)に開催するイベントに協力します。イベントでは、薬物の有害性について分かりやすくまとめた小冊子を配布します。

-----------------------------------------------------------------
概要:「薬物のない世界のための財団」が発行する薬物の情報小冊子の街頭配布を行います。
目的:薬物乱用が広がる中「薬物にNO!生きることにYES!」という確固たるメッセージを歌舞伎町より発信し、薬物乱用をなくすという同意を一人一人にもたらし、薬物のない社会を目指す。
実施内容:
日時:2016年6月26日(日)10:30-11:30(予定)
内容:「真実を知ってください:薬物」を配布する。
(教育者L.ロン ハバードによる薬物研究を含めた、薬物の有害性の情報について分かりやすくまとめた小冊子)
場所:新宿区歌舞伎町一丁目
(TOHOシネマズのある新宿東宝ビルの目の前)
主催:日本薬物対策協会
協力:特定非営利活動法人イマジン

-----------------------------------------------------------------
特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っております。  

ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 特定非営利活動法人イマジン
代表者名 尾端國次
業種 教育

コラム

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリース

    特定非営利活動法人イマジンの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域