プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

人身取引被害者、水商売・性風俗産業従事者、少年院出身者など、教育機会を奪われた若者に無料授業を行なう『慈有塾』の集団授業もできる新教室を東京都多摩市に開校!

一般社団法人 慈有塾

!2016年6月3日 18時

人身取引被害者、水商売・性風俗産業従事者、少年院出身者等の若者を対象とした無料塾を運営する一般社団法人慈有塾は、2016年6月1日、東京都多摩市に新教室を開校いたします。新教室では従来からの無料個別指導に加え、高校卒業程度認定試験や大学入試の対策講座などの集団指導や学習のやり方を指導するセミナーなど、若者たちのセカンドキャリア形成に向けて、より充実したサービスを提供して参ります。

 一般社団法人慈有塾は、貧困、いじめ、犯罪被害等の事情により教育機会を奪われた若者への無料授業サービスをより充実させるため、2016年6月1日、新拠点として多摩教室を開校いたします。

 

-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

慈有塾 多摩教室

〒206-0011 東京都多摩市関戸4-24-7 第16通南ビル5階B

(最寄駅)京王線聖蹟桜ヶ丘駅

-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

 

 これまでは東京都八王子市のシェアオフィスや公民館、代表の自宅を利用して、ボランティア講師による個別指導を行って参りました。しかしながら、塾生の増加に伴い安定した指導場所を確保する必要性が生じたこと、各種試験の直前対策講習会や学習セミナーなど集団を対象とする講座の提供が望まれたことを理由に、新教室開校へと踏み切った次第です。

 

<多摩教室での活動内容例>

1. 高校卒業程度認定試験対策

 慈有塾を必要とする若者の多くは、義務教育期間の学習さえも十分に受けられていないケースが少なくありません。そのため、学習理解度に応じて小学校から高校までの学習内容をひと通り身につけられるよう、指導カリキュラムが個別に計画されています。

 

2. 大学入試対策

 高卒者、および高校卒業程度認定試験合格者が次に目指す主な進路は大学への進学です。慈有塾のボランティア講師は東京大学などの国公立大学や早慶レベルの難関私立大学在校生・卒業生で構成されており、セカンドキャリア形成の一助となるような大学の受験対策までの対応が可能です。

 

3. 宅地建物取引士など実用資格試験の対策

 セカンドキャリア形成に際しては、学歴以外にも有用な実用資格の取得を通じた職の確保という道があります。塾生のキャリアプランに応じて、必要な資格の対策授業も行われます。

 

4. 学習セミナーの開催

 教育機会を奪われてきた若者の多くは、知識や学力の不足という問題以上に、「そもそも学習のやり方が分からない」という問題に直面します。学習の効率を改善し継続性を確保するために、学習のやり方を教えると共にその実践をチェックする場として、学習セミナーを定期的に開催していきます。

 

5. 自習室としての開放

 学校外での学習に際して必要となるのが、安心して学習に集中できる場所の確保です。多摩教室では、小学校段階からの学び直しに理解あるスタッフや、境遇を同じくする仲間の存在を感じながら学習できる環境が用意されています。

 自習室は一般の方々にも有料でご利用いただけます。その収益は全額慈有塾の運営費用へと充当されますので、学習を通じた社会貢献へのご参加が可能です。

 

<慈有塾について>

 慈有塾は、人身取引被害者、水商売・性風俗産業従事者、少年院出身者などの若者が学力・学歴の獲得を通じてセカンドキャリアを形成できるように、学び直しのための無料授業を提供する活動を行っています。

(慈有塾Webサイト)http://jiyujuku.net

 

 昨今、「経済格差がもたらす教育格差」という観点から、学齢期の子どもを持つ貧困家庭への学習支援の必要性は盛んに取り沙汰されるようになりました。しかしながら、その一方で、実際に教育格差を背負わされたまま社会へ出ることを余儀なくされた若者の受け皿については、ほとんど顧みられることがないのが現状です。

 特に、人身取引被害や虐待、いじめ、望まない妊娠などの理由により学校へと通い続けることが難しくなった場合、高卒の学歴を入手することが非常に困難な状況に置かれます。大卒者の新卒一括採用が主流を占める現行の雇用環境では、彼らが正規雇用者としての職を得て安定的な生活を築くことはほぼ不可能です。

 したがって、このような若者の多くは水商売や性風俗産業、時には違法な仕事に従事せざるを得ず、身体的・経済的搾取を通じた経済格差の再生産から逃れることができません。

 そこで、こういった境遇に置かれた若者が高校卒業程度認定試験や大学入試に合格し、学歴を入手して新たな職に就くことができるように、ボランティア講師による無料授業の提供を通じてセカンドキャリアの形成を手助けする目的で、慈有塾の活動は開始されました。

 現在では無料授業のほか、生活相談、生活保護申請窓口や警察への同行、家出少女への簡易宿泊所の提供など、多方面にサービスを拡大しています。また、講演活動による啓発を通じて、教育格差や経済格差を背負わされた若者への理解と支援の輪を社会へと広げる活動にも従事しています。

 

<活動資金について>

 慈有塾の活動は全て非営利であり、原則的にボランティアの手助けや支援者の方々からお寄せいただいた寄付金と教材によって維持されています。

 この度の新教室開校に際し、クラウドファンディングサイトのJapanGiving上で教室運営のための資金調達も開始いたしました。サイト上では活動報告の更新を随時行って参りますので、ご参考にお目通しいただければ幸いです。

(JapanGiving活動ページ)http://japangiving.jp/p/4088

 

<多摩教室のご利用に関するお問い合わせ先>

info@jiyujuku.net

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

一般社団法人 慈有塾

代表者名

高木 実有

業種

教育

プレスリリース情報

ジャンル

教育

カテゴリ

告知・募集

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る