プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

~レーシングカーの開発で世界に挑戦して40周年~ 童夢がKCMGコンポジットインターナショナルと業務提携

株式会社童夢

! 2016年5月26日 17時

世界規模のカーボンコンポジット会社との協業で競争力強化を目指す

株式会社童夢(代表取締役社長:高橋拓也※、本社:京都市左京区、以下「童夢」)は、カーボンコンポジット(炭素繊維強化炭素複合材)の製造で台湾に大規模な生産拠点を持つKCMGコンポジットインターナショナル(CEO:ポール・イップ、本社:アイルランド/ダブリン、以下「KCMG-CIL」)と業務提携することとなりました。

この提携により、童夢はKCMG-CILの技術開発パートナーとしてカーボンコンポジット製品の設計・エンジニアリング、及び日本含むアジア全般における営業拠点としての機能を担います。

※正確には「ハシゴ高」という文字です。

 

 

■カーボンコンポジット産業をグローバルで展開へ

軽量で頑丈、そして熱にも強い特性をもつカーボンコンポジットは、いまやレーシングカーだけでなく、航空機、ロケットなどの重要構成パーツとして用いられているのはもちろん、カメラのボディや自転車のフレームといった我々の生活に密着した製品に至るまで、あらゆる産業分野で使用される重要なマテリアルとして注目を集めています。

童夢では1980年代からその可能性に注目し、モータースポーツという過酷な実戦を通じて、その研究開発に従事。数え切れないほどの試行錯誤と、多くの成功体験から、世界でも屈指のノウハウと開発生産技術を取得するに至りました。

 

そして童夢カーボン・マジックや童夢コンポジット・タイランドといった独自の生産拠点を整備し、多くの設計、開発、生産の実績を残してきたのです。

しかし、2013年に童夢カーボン・マジックを東レ株式会社へと売却したいま、童夢単独での事業展開には限界があるのもまた事実で、早急に克服すべき課題となっていました。

一方、台湾に大規模な生産拠点を持つKCMG-CILは、その高い生産性と品質を最大限に活かすことのできる製品開発技術とノウハウを必要としていました。

今回の業務提携は、いわば開発に関する頭脳をもつ童夢と、最先端のクラフトマンシップをもつKCMG-CILが、お互いのもつパフォーマンスを最大限に発揮出来る、理想的なコラボレーションといえるものです。

童夢が40年培ってきたレーシングカーの設計・開発受託の技術的なノウハウと、大規模な拠点を備えるKCMG-CILの製造、物流のノウハウを融合することにより、高い品質と価格競争力を備えたカーボンコンポジット製品の受注開発が可能になり、日本国内だけでなくグローバル規模でカーボンコンポジット産業の成長をリードできるものと考えています。

 

 

 

■カーボンコンポジット

カーボンコンポジットは炭素繊維によって強化されたプラスチックです。炭素繊維とは、衣服の原料などでお馴染みのアクリル樹脂や石油、石炭からとれる有機物を繊維化して、特殊な熱処理工程を施すことにより作られる「黒鉛結晶構造を持つ繊維状の炭素物質」です。

炭素繊維の特長は、何と言っても軽くて強いこと。比重が1.8前後と鉄の7.8に比べて約1/4、アルミの2.7と比べても軽い材料です。その上に強度、弾性率に優れ、比強度が鉄の約10倍、比弾性率が鉄の約7倍と優れています。レーシングカーのモノコックやシャシー、ブレーキの素材として使われているほか、航空機の機体、宇宙ロケットの筐体などにも使用されています。

 

こうした特長がある一方で、カーボンコンポジット製品はその製造方法上、熟練した職人の手作業が必要不可欠な工程を含むため、製造に時間と手間が掛かり、機械化が困難であることから大量生産には向かないと言われてきました。しかしながら今回の提携により、よりスピーディーに顧客ニーズに応えるカーボンコンポジット製品を開発・製造できるものと期待しています。

 

 

 

■KCMG コンポジットインターナショナルについて

KCMG-CILは、本拠地であるアイルランドのダブリンのR&Dセンターをはじめ、香港に財務管理の拠点があり、台湾には自動車、航空、交通、医療などあらゆるカーボン製品の大量量産にも対応可能な製造施設を構える、世界でも稀に見る大規模なカーボンコンポジット会社です。

KCMG-CILのCEOであるポール・イップは、2007年にKC Motorgroup Limitedを創業。創業者のポール・イップ氏自身がドライバーとしてレースに参戦するなど、チームとして世界中の自動車レースで活躍。2015年にはル・マン24時間耐久レース(LMP-2クラス)でクラス優勝・総合9位入賞を果たすなど大きな成果を挙げています。

ポール・イップ氏は、こうしたレースにおける活躍の中で、自動車の製造に不可欠な素材であるカーボンコンポジットに注目。高い品質とコストパフォーマンスを打ち出すためには、大きな生産拠点を持つことが必要不可欠であると考え、台中(台湾)に13,000平方メートルの施設と100人以上の従業員を持つ大規模な工場を設立。

2016年11月より着工予定の新工場は、2020年までに、台湾において51ヘクタールの敷地に、5,000人以上の従業員を抱える、世界最大のカーボン工場の稼働を目指しています。

 

 

 

 

■童夢は新社屋を拠点にモノづくり産業のリーディングカンパニーを目指す

童夢は2016年5月10日、敷地面積3,917.11平方メートル、延床面積約3,100平方メートルの新社屋を米原駅前(滋賀県米原市梅が原2462番地)に竣工いたしました。童夢らしい、近未来を感じさせる先進的なデザインの建物内は、レイアウトマシンも新調され、これまで以上に高精度な最終組立て調整工程を効率よく行える環境が整いました。

私たちはこの新社屋を拠点にKCMG-CILとの提携シナジーの最大化を目指し、レーシングカーの製造をはじめ様々な分野で魅力的なモノづくりに邁進してまいります。

 

 

 

■株式会社童夢について

株式会社童夢は、2015年に創業40周年を迎えて、創業者である林みのるが代表取締役を退任。高橋拓也による新体制の童夢が始まりました。2016年には新社屋が米原駅前に竣工し、心機一転。これからもレーシングカー・コンストラクター業務を中心に置きながら、その開発で得たノウハウやアイデアを、様々なジャンルに応用、活用していく“モノづくり集団”として活動していきます。

 

<代表取締役社長 高橋拓也※ 略歴>

株式会社リクルート入社後、リクルートの米国法人設立メンバーの一人として人材採用関連の新規事業及び旅行関連事業開発を行う。退社後、航空会社やクレジットカード会社などの外資系企業向け広告代理店を設立。マーケティングや広告戦略をプランニングするスペシャリスト集団を養成。その後、株式会社ジャニーズ事務所取締役・株式会社ジェイ・ストーム取締役・株式会社ミュージックマインド取締役・株式会社アートバンク代表取締役を兼任し、タレントの肖像権管理・商品の開発・イベント・マーケティング・デジタル音楽配信事業を推進。

2015年より、株式会社童夢 代表取締役社長に就任。

※正確には「ハシゴ高」という文字です。

 

 

 

童夢の歴史は1975年、“零”と名付けられたロードゴーイング・スポーツカーの開発から始まりました。

圧倒的なインパクトをもつデザイン、ロゴマークを含む細部のディテールまで徹底的に拘った仕上げ、そして発表の舞台を海外とし、メディアを積極的に活用した斬新なプロモーション方法、さらにモノコックシャシーや各種電子装備など、将来を見据えた技術開発の末に生まれた童夢-零は、カロッツェリアとしての感性と、コンストラクターとしての知性を融合させた、当時の日本では画期的なプロジェクトでもありました。

その後、1979年に零の後継車であるP-2を携え、アメリカに渡り“DOME USA.INC”を設立。同年に零-RLでル・マン24時間レースに挑戦するなど、常に世界を活動の場に選んできた童夢は、1980年代に日本初の本格的グループCカーを開発し、TOM'S、トヨタとタッグを組んで国内外で活躍。またカーボンファイバーの可能性にもいち早く着目し、鈴鹿8耐用のオリジナル・マシン“ブラックバッファロー”の製作や、オリジナルF3000を開発、他社に先がけて25%スケールの風洞実験設備を開発・設営するなど、長きにわたり、日本離れしたダイナミックな発想力と行動力でモノづくりに励んできました。

 

1994年から始まったF1への挑戦や、1995年からのホンダ・アコード、NSXによるJTCC、JGTCの開発、さらにLMPカーによるル・マンへの度重なるチャレンジ。加えて50%スケールの風洞実験設備“風流舎”の建設、カーボンコンポジット(CFRP)開発/生産のための“童夢カーボン・マジック”の設立といった近年の動きも、すべて突発的に起こったものではなく、一連の流れと経験の蓄積があったからこそ生まれたものです。

 

そして2013年に童夢カーボン・マジックを東レ株式会社へ売却し、2014年に“風流舎”をトヨタ自動車株式会社へ売却した童夢は、これからKCMG-CILと共に世界規模で活躍するという、新たなステージへと歩みだそうとしているのです。



【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社童夢 PR事務局(株式会社ザックス内)
担当: 畑中、長縄、安本(ハタナカ、ナガナワ、ヤスモト)
TEL : 03-6804-2390
MAIL: dome@zaax.co.jp

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社童夢

代表者名

髙橋拓也

業種

自動車・自動車部品

プレスリリース情報

ジャンル

自動車・自動車部品

カテゴリ

企業の動向

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る