トム・クルーズの人生を変えた「勉強の技術」を紹介する授業を公開します

発達障害やADHDとレッテルを貼られ、子どもたちに対する精神薬処方増が社会問題になる中、俳優トム・クルーズ氏が「学習障害/難読症」という診断をうけ困難を克服するにあたり役立てた勉強の技術を都内で指導している福嶋氏の授業を公開します

LRHパーソナルPRオフィスのプレスリリース見出し画像
俳優トム・クルーズ氏の人生を変えた「勉強の技術」を紹介する授業を公開します
~大手お笑い芸能事務所に所属していた慶応大卒の福嶋氏(28)が指導~

発達障害やADHDとレッテルを貼られ、子どもたちに対する精神薬処方増が社会問題になる中、ハリウッドの俳優トム・クルーズ氏が「学習障害/難読症」という診断をうけ困難を克服するにあたり役立てたとされる勉強の技術を都内で小・中学生に指導している福嶋氏の授業を一般公開します。

「NPO法人アプライド・スカラスティックス」  
-支部 スタディフォーライフ 代表:福嶋和幸 (詳細は http://studyforlife.net/
1987年5月生まれ。 慶應義塾大学環境情報学部卒業。
大学入学後、大手お笑い芸能事務所に所属し活動を始める。養成所時代から事務所より選抜され、
現在テレビに出演するタレント達と共演する。
後に並行してプロ家庭教師として活動。小学生、中学生、高校生だけでなく、大学生、社会人を含む多様な指導経験。

授業公開日時:
5月19日(火)18時40分~20時10分、5月20日(水)17時30分~19時
5月21日(木)19時20分~20時50分 場所:東京都練馬区石神井町 7-6-31 フクビル301号

※「スタディフォーライフ」はNPO法人「アプライド・スカラスティックス」に登録される団体です。「アプライド・スカラスティックス」はこの勉強の技術というアメリカのL.ロンハバード氏の教育に関する発見を用いたプログラムを作成する権限を持ち、世界中の学生や教師たちがそのプログラムを実践できるよう活動しています。

※アプライド・スカラスティックス編纂の「学び方が分かる本」は(小学生高学年から中学生を読者対象とする)は、トム・クルーズ氏が「日本の子供たちに」と小泉首相に贈り(2003年8月、首相官邸)、テレビマスコミで取り上げられ、非常に話題となった本です。トム・クルーズ氏は、この本の勉強法を使って、小さい頃から診断された“学習障害/難読症”を克服しました。

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 LRHパーソナルPRオフィス
代表者名 後藤幸将
業種 その他サービス

コラム

    LRHパーソナルPRオフィスの
    関連プレスリリース

    LRHパーソナルPRオフィスの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域