毛皮は必要? 「メッセージトートバッグ I LOVE ECO FUR」を発売

エシカルでカラフルなハンドメイドブランド「ethicolorful (エシカラフル)」は、「メッセージトートバッグ I LOVE ECO FUR」を、2014年10月20日に自社サイト及び外部ショッピングサイトにて発売を開始しました。

エシカルでカラフルなハンドメイドブランド「ethicolorful (エシカラフル)」は、「メッセージトートバッグ I LOVE ECO FUR」を、2014年10月20日に自社サイト及び外部ショッピングサイトにて発売を開始しました。

【概要】
うさぎ・キツネ・タヌキ・ミンクをはじめ、私たちの身近な犬・猫までが、ファー製品として毛皮を剥がされています。 防寒具が無かった時代には、狩猟の副産物として毛皮を利用していた文化がありましたが、現代の日本において、その用途は装飾品です。
装飾のための毛皮は本当に必要なのか? ファー製品のために動物の命がどのように失われているのか? 考えるきっかけ作りとなるメッセージを、イラストを通して伝えているトートバッグ。 「今は、人口の毛皮があるよ」 と教えてくれる、ウサギと無邪気に遊ぶ少女のイラストは、社会や環境の問題をシニカルな作風で描くイラストレーターの トツカケイスケさんが担当しています。

【商品情報】
・商品名 メッセージトートバッグ I LOVE ECO FUR
・素材 コットン100%
・カラー ネイビー/ショッキングピンク
・価格 ¥1,800
・サイズ 本体:W300×H200×D100mm 持手:W25×L290mm 容量:約4L
・販売先 http://goo.gl/4jU54T

【制作の経緯】
この時期になると、某ブランドのムートンブーツを履いた女性を頻繁に見かけます。 そのブーツがどのように作られているかを知った上で履いている人は、恐らく少ないと思うのです。 知った上でその暖かさが本当に必要なのか選択して欲しいとの思いから、生活用品の中でも利用頻度が高く人の目に付きやすいトートバッグに、メッセージをのせた商品を販売致しました。

【役割】
商品をとおして社会問題を考え、購入することで社会貢献できるブランドを目指しているethicolorfulでは、ペット専用「ふわもこ骨壷カバー」、ねこのベッド「ねこキャンディ」「ねこマカロン」など、オーダーメイド・ハンドメイドのペット商品を、制作・販売しています。
ethicolorful商品は、売上の一部を“ペットと人が幸せに共存するプロジェクト”に寄付しています。 多忙な生活の中でも、モノをとおして社会貢献することは可能です。

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 ethicolorful
代表者名 矢沢苑子
業種 その他サービス

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域