クラウド型Web会議のSOBAミエルカ・クラウド、Web会議画面を刷新、「アダプティブ・レイアウト」リリース

Web会議の(株)SOBAプロジェクトは、当社のクラウド型Web会議サービスSOBAミエルカ・クラウドのPC版Web会議室レイアウトを刷新し、当社が独自開発した「アダプティブ・レイアウト」を2014年9月3日(水)にリリースしました。ブラウザサイズに応じてカメラ映像等の表示配列を自動で最適化します。

News Release
株式会社SOBAプロジェクト

クラウド型Web会議のSOBAミエルカ・クラウド
Web会議画面を刷新、「アダプティブ・レイアウト」リリース
   
Web会議や遠隔教育、ライブ配信サービスを開発販売する(株)SOBAプロジェクト(京都市下京区・代表取締役社長 乾和志)は、当社のクラウド型Web会議サービスSOBAミエルカ・クラウド(ソーバ・ミエルカ・クラウド、以下 ミエルカ・クラウド)のPC版Web会議室レイアウトを刷新し、当社が独自開発した「アダプティブ・レイアウト」を2014年9月3日(水)にリリースしました。ブラウザのサイズに応じてカメラ映像等の表示配列を自動で最適化するほか、映像・共有資料を拡大表示するなど複数パターンから選ぶことができます。
▶SOBAミエルカ・クラウド公式サイト) http://cloud.soba-project.com/

■パターンを選び、柔軟に適応する「アダプティブ・レイアウト」
当社が新たに開発した「アダプティブ・レイアウト」は、ワンタッチで各参加者の映像パネルを均一サイズで並べたり、任意の1パネルを拡大表示したりを切り替えることができ、常に画面サイズに応じて余白を最小限に抑えたグリッド状に自動配置するなど、PC画面の環境に対して柔軟に適応するレイアウトです。従来、ミエルカ・クラウドPC版のWeb会議アプリケーションは固定表示レイアウトでしたが、「アダプティブ・レイアウト」の開発により、Web会議の利用シーンやユーザーの環境に合わせて変化するため、大変見やすく使いやすい画面になりました。

【ミエルカ・クラウドについて】
ミエルカ・クラウドは当社が2013年5月に開始したクラウド型Web会議サービスです。インストール不要な全機能Webブラウザ完結型。PC・スマホ・タブレットの複数デバイスを1アカウントで使い分けが可能。
登録アカウント数や会議室数の上限がなく、同時接続数での料金プランを設定しており、コスト面での無駄が少なくビジネス用途に適しています。
Web会議によくある音声・映像トラブル回避のための、入室前に自分のカメラや音声の設定を確認する「設定ウィザード」を2014年7月に追加、更に利便性が向上しています。

企業情報

企業名 株式会社SOBAプロジェクト
代表者名 乾和志
業種 ネットサービス

コラム

    株式会社SOBAプロジェクトの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域