イーオン、中学・高校教師を対象とした「英語教師セミナー」開催~英語教育の課題を解決するための英語指導ノウハウを提供~

 英会話教室を運営する株式会社イーオン(本社:東京都新宿区、代表取締役:三宅義和、以下「イーオン」)は、中学・高校教師を対象に、今後の英語教育を見据えたイーオンの指導方法を紹介する参加費無料の「英語教師セミナー」を大阪(7月26日)、東京(8月9日)の2会場でそれぞれ開催します。

 ■大阪:2014年7月26日(土) 12:00~17:00 イーオン関西本部
 ■東京:2014年8月9日(土) 12:00~17:00 イーオン東京本社
 
 現在、日本の英語教育の現場では、文部科学省が新学習指導要領を施行したことにより、中学校では授業英語の時間数を増強、高校では教師が原則英語を使用して指導する方針が取られています。さらに、2020年には学校の英語教育をこれまでより発展させる内容の学習指導要領の施行も検討されています。小学3~4年生での英語の早期導入や5~6年生での教科化、中学生に原則英語で指導することや、高校生が英語でディベートできるようにすることなどが検討され、教員の生徒への指導方法について、早期の対応が求められています。

 このような英語教育を取り巻く現状を踏まえ、イーオンでは今回初の試みとして、英語教師向けのセミナーを実施します。本セミナーでは、イーオンが得意とする英語を英語で教える手法や、英語4技能(読む・書く・聞く・話す)の効率的な習得方法など、40年以上にわたる指導ノウハウを活かし、学校教員の英語指導に関する問題解決をはかるとともに、日本の英語教育の発展に寄与します。

 本セミナー登壇者には、文部科学省で英語教育に関する企画立案などを担当されている葛城 崇氏(文部科学省 英語教育プロジェクトオフィサー)を迎え、グローバル化に対応した新たな英語教育についてご講演いただき、今後の教育指導のあり方を考えていきます。

 また、TOEFL iBT(R)テストを生徒に指導する者に対して指導を行える資格(※1)を持つイーオン講師が、英語で効果的に教える手法を、実践を交えレクチャーするほか、近年の大学受験で採用され始めているTOEFL iBT(R)などの新たな大学受験英語の動きに関しても触れ、必要となる英語力や指導力について理解を深めていきます。

※1 「Propell(R)Workshop for the TOEFL iBT(R) Test」修了者。日本で修了認定された講師14名のうち12名が、イーオンの講師です。

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社イーオン
代表者名 三宅義和
業種 教育

コラム

    株式会社イーオンの
    関連プレスリリース

    株式会社イーオンの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域