エンターテイメントに特化したエンタメ系チャンネル型クラウドファンディング「CHEERS!」がローンチ!

プロダクション、劇団、グループなど組織へクラウドファンディングの手段を提供し、エンターテイメントの新しいスタンダードの構築を目指す。

東京渋谷に拠点を置く、合同会社cabo-labは、エンターテイメントに特化したエンタメ系チャンネル型クラウドファンディング「CHEERS!」を2014年2月25日にローンチした。
クラウドファンディングは、インターネットを使った新しい資金調達法として注目されている中、CHEERS!は、アーティストやパフォーマーに特化したエンタメ系のプラットホームである。
プロダクション、劇団、グループなどあらゆる組織にクラウドファンディングという手段を提供していくことで、エンターテイメントの中でより身近なものにしていくことをコンセプトに掲げている。
このサービスが最も注目しているのは、クラウドファンディングのマーケティング機能。予約販売、事前購入という性質から、ファン需要を的確につかむことできる。
例えば、ライブ開催をする際、クラウドファンディングを使い、ライブチケットの予約販売を行えば、企画の段階で、どの地域にどれだけのファンがいるかということが可視化できる。
主催者が行うライブにファンが集まるという主催者主導のライブではなく、ファンが集まる街へアーティストが行くというファン発信の新しいライブの形が提案できる。音楽業界での新しいライブの形として期待が高まっている。
この機能にいち早く注目しているレーベルが、累計28万枚を超えるコンピレーションアルバム「IN YA MELLOW TONE」でおなじみのGOON TRAX。
GOON TRAXは、同アルバムでもおなじみの、韓国系アメリカ人アーティストSam Ockを全国の地方都市へ招致するライブプロジェクトをCHEERS!を使い、企画していく。

その他にも、3月8日に新曲「Warning Mood」のリリースが決まっているカナダのロックシンガーMarijaの来日ツアーや、ビジュアルノベルゲーム「忘られたSpur」(PC版、iPhone版、Android版)の制作を行う、ゲーム制作サークルAlmazのプロジェクトなど、ジャンルは多岐にわたる。
また、FM西東京とタイアップし、同サービスのラジオ番組「Radio CHEERS!ブラッシュアップ」も2月25日にスタート。
CHEERS!でプロジェクトを立ち上げている挑戦者がプレゼンターとして登場し、プロジェクト立案から達成までのプロセスを番組内で放送していくことで、クラウドファンディングをより身近なものにしていく演出をはかる。

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 合同会社cabo-lab
代表者名 小宮山薫
業種 エンタテインメント・音楽関連

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域