【Release】日本の「鍋物」文化を世界に発信にするLLPを設立(日本鍋文化研究所)

2013年、栄養のバランスが良く、油脂を多用せず、高度な技術を必要としない「鍋物」を中心とした「昔ながらの日本の食」を世界に広め、生活習慣病が大きな問題となっている世界の健康を取り戻すことを目的とした団体が発足します。

ニュースリリース

日本鍋文化研究所
Nippon Association of Better-Eating Laboratory LLP
第13-1号
2013.01.22.

 日本の「鍋物」文化を世界に発信! 

2013年、栄養のバランスが良く、油脂を多用せず、高度な技術を必要としない「鍋物」を中心とした「昔ながらの日本の食」を世界に広め、生活習慣病が大きな問題となっている世界の健康を取り戻すことを目的とした団体が発足します。
「鍋物」を作り、食べることは、健康的なだけではなく、ひとつ鍋を囲む「団欒(だんらん)」が始まり、一緒に食べる人たちとのコミュニケーションが生まれることに繋がります。さらに寒い地方では、ひとつの部屋で温かい鍋物を囲むことにより、CO2を削減することもできます。
 「日本鍋文化研究所」では、「鍋物」を始めとした食の文化を日本から発信することで、「健康」「コミュニケーション」「エコロジー」を広めます。
日本の経済力を強めなければならない今、日本全国のご当地鍋、地元名産品も含め、日本独自の文化や心を世界に向けて広く発信できるよう、総合的にバックアップしていきます。
今後のイベント活動などにご注目ください!

団体概要 
名称 : 日本鍋文化研究所 有限責任事業組合 
(英語記載名称 Nippon Association of Better-Eating Laboratory LLP)
組合事務所の所在地  :  〒177-0042 東京都練馬区下石神井5丁目5番13号
代表 : 波多野禎 (連絡先 info@nabelabo.jp )
発足日 : 平成25年1月22日


事業内容
1.世界に「鍋物」を始めとした日本の食文化を発信し、「健康」「コミュニケーション」「エコロジー」を広めること
2.日本国内に、日本の食文化の良さを再認識できるように働きかけること
3.世界に向けて、日本の製品の良さをアピールする手伝いをすること
4.世界が、より良い食によって暮らしやすい社会になるよう研究し、その成果をフィードバックすること
5.その他、これらの事業に付随する事業
 
年間スケジュール (予定)
2013年3月  米国ニューヨークにて、鍋パーティ イベント
      米国フードショー現地見学会
4月  協賛企業募集開始
(ご当地鍋・名産品・自社製品を海外でリサーチしたい行政・企業向け)
      米国フードショー出店希望企業募集開始
6月 米国大学食のトレンド作成講義受講ツアー企画
8月  鍋のシーズントレンド白書発表
10月 海外の人に紹介したい鍋募集
11月 米国にて団体オープニングのプレスイベント(又はハウスパーティ企画)
2014年3月 米国フードショー出店

これ以外にも、次々イベントを行う予定です。

企業情報

企業名 日本鍋文化研究所 有限責任事業組合
代表者名 波多野禎
業種 その他サービス

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域