プレスリリース配信サービス

詳細検索

株式会社セプテム総研のプレスリリース企業情報(プレスリリース/コラム/求人/広報・PR情報)

http://septem-so.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ホーム

新着プレスリリース

“世界三大美女”クレオパトラや楊貴妃も愛用?!栄養豊富な“胎盤”「プラセンタ」の美肌効果に関する研究結果を発表、小ジワ改善への有効性を科学的に証明

へその緒とつながっており、赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素を供給する臓器「プラセンタ」。代替医療や補完医療に加え、美容目的での活用が進む中、人の肌に塗布することでどのような効果が得られるのかを客観的に明らかにすべく、研究をおこないました。

  • !2021年10月15日 9時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

コロナ前の2018年と比べ今年の夏は、「日焼け実感」が13ポイントも低下、「老け肌実感」も8ポイント減

セプテム総研では、コロナ禍の前後で、夏の終わりに感じる肌の老化や日焼けにどのような変化があったかを定点観測し、データを公表。2021年も、“96.6%”と圧倒的多数の女性が紫外線ケアをおこなっているなど、マスク生活においても変わらず高い美容意識を持っている人が多いことが浮き彫りとなりました。

  • !2021年10月13日 12時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

他人がチェックする「3大老け見えポイント」は、“シワ・たるみ・白髪”!女性を悩ます「老化現象」のリアルがわかる、総勢2,086名へのアンケート結果を一挙公表

20~60代という幅広い女性の老化に関する意識を、統計処理を組み入れ年代別に分析しました。もっとも年齢が表れやすいパーツである「肌」については、「老い」を感じると答えたのは約9割。自分が悩む「シミ・そばかす」を、意外と他人は気にしていないなど、自分と他人では意識するポイントが異なることも判明しました。

  • !2021年10月7日 10時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

約7割の女性がマスク着用による肌の蒸れが「気になる」と回答! 6~7月の湿度が高い季節の肌悩みについてアンケート結果を公表。若い世代ほど気にする傾向が顕著に。

夏でもマスク着用が常態化している状況で、女性の肌悩みはどう変化しているのか?全国の20歳以上の女性を対象に、インターネットでアンケートを実施しました。およそ6割の女性が湿度が高い季節のマスク着用で「肌悩みが増えた」と回答。特に20代は78.4%と多く、影響を受けやすいことが判明しました。年代によって悩みが異なるのも特徴です。

  • !2021年10月1日 10時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

1,902名の女性に“紫外線対策意識”について徹底調査!約9割が紫外線対策を「おこなっている」ことが判明、約7割が「顔に」「ほぼ毎日」日焼け止めを塗ると回答

マスク生活2年目となったこの夏の、女性の紫外線に対する意識や対策について、前年と比較した “定点調査”を実施しました。もっとも顕著な変化が見られたのは、紫外線対策を「とても重視している」という回答の増加。前年より約9ポイントも上昇し、とりわけ30代と40代において意識の高まりがうかがえる結果となりました。

  • !2021年9月29日 10時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

美肌づくりのカギは、「幸せ」でいること!“こころ”が肌に与える影響に関するアンケートを実施、幸福度が高い人は約8割が「肌状態が良い」と回答

ストレスが肌に良くないことは一般的に知られていますが、今回のアンケートでは、まだ研究事例の少ない “幸せな気持ちと肌状態の関係”にも着目。また、手の平全体で肌を包み込むように触れるスキンケアは、 “幸せホルモン”こと「オキシトシン」を増やす傾向もあることが判明しました。

  • !2021年6月9日 11時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

近赤外線までも対応し、しっかり肌を守りぬく!“医療機関専用”の日やけ止め「ラメッセUVアクアプロテクト」が登場、紫外線吸収剤不使用でデリケートな肌にも

アレルギーのリスクやサンゴ礁への悪影響も指摘される紫外線吸収剤は一切不使用ながら、SPF50+ / PA++++と高い紫外線防御機能を実現。ウォータープルーフタイプなので、アウトドア、レジャーやスポーツなど汗をかきやすいシーンも、日差しからしっかりガードします。

  • !2021年6月9日 11時
  • aファッション・ビューティー
  • a製品

“約7割”が、マスクを外す時「老け見え」「お疲れ顔」など、気になることがあると回答!長期化するマスク生活による、女性の肌状態悪化のリアルが浮き彫りに!

マスクの長期着用が自分の見た目や気持ちに与える影響を知るためのアンケートを、20歳以上の女性3,200名に実施しました。マスクを取った時の悩みポイントは、20~30代が「メーク崩れ」、40~60代が「たるみ」。いずれマスク不要の生活に戻った時に 「自分の顔を見られるのが怖い」と答えた女性は、半数近い44.2%にのぼるという事実が判明しました。

  • !2021年6月1日 11時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

マスク着用で増えた肌悩みは、全年代共通で 「ニキビ・吹き出物」「乾燥」「肌あれ」! コロナ禍開始1年後のマスク生活の実態を深掘りするアンケート結果を公開

長引くマスク生活に起因する女性の悩みを、昨年夏に実施した調査結果と比較し、変化の実態を詳細に分析。約9割がマスクを「ほぼ毎日」着用しており、前回調査と比べ全体平均で約30分もの伸びが見られました。肌状態の悪化を実感している人は約5割。若い年代の傾向がとりわけ顕著で、20代の約7割が肌状態が悪くなったと回答しています。

  • !2021年5月21日 12時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

「ゆっくり湯船につかる時間がな~い!」「光熱費を節約した~い!」 いい風呂の日を前にアンケートを実施、働き世代女性の約4割はバスタイムが充実していない!

約2,000名の回答をもとに、クロス集計×統計処理で導き出した分析結果を毎回公開。今回は「いい風呂の日」にちなみ、全国の20代~40代女性1,515名に対しお風呂事情や肌状態について調べました。ハスタイムが「充実していない」と回答したのは約4割。そのうち暖かい時期では約7割が湯船につかる回数が少ないことが判明しました。さらに肌状態との関連性を解析す...

  • !2020年11月24日 11時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

「乾燥肌」「脂性肌」、特に「混合肌」に肌トラブルが突出!“withコロナ”に必須のマスク着用による肌状態の変化を調査、20~60代女性1,743名の実態が判明

肌タイプ別に細かくアンケートを実施。マスクによる影響を最も受けやすいのは「混合肌」であることが判明しました。続いて、マスクの素材と肌状態との関連性も調査。「不織布」「布」の両素材が、肌の状態に及ぼす影響に差異は見られませんでした。

  • !2020年10月23日 12時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

“肌あれリスク急増”の境目は、「7時間」!マスクの着用時間が肌状態に与える影響についてアンケートを実施、1,743名の女性たちの肉声を徹底調査

約2,000名の回答をもとに、クロス集計×統計処理で導き出した分析結果を毎回公開。今回は、コロナ流行下の必需品・マスクを身につける時間と肌状態の関係性について調べました。マスクを「ほぼ毎日」着用していると回答したのは約8割。週5日以上マスクをつけている20代女性の7割近くが肌あれを自覚していることも判明しました。

  • !2020年10月23日 11時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

気になる老化現象2位にランクイン!見た目年齢を大きく左右する「シワ」について20~60代の女性1,908名を直撃調査、「シワ悩み」激増のタイミングは“30代”

見た目の印象がガラリと変わる肌の老化現象「シワ」に着目し、その実態や原因について調べました。一番シワが気になるパーツは、老けて見えやすい「ほうれい線」だと判明。また、乾燥は早期からのシワの悩みに繋がることがわかり、若い内からスキンケアをおこなうことの重要性が浮き彫りになりました。

  • !2020年10月14日 11時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

約6割が、夏の間に「肌が老けた」と回答! 衰えが気になるパーツTOP3は「目元」「口元」「頬」、女性1,646人のナマの声と分析結果を一挙公開

紫外線による肌ダメージが最も大きい夏が終わりを迎える頃、8月下旬から9月にかけてアンケートを実施。“老け肌”を感じる原因の1位は「日焼け」であり、約7割が「この夏に日焼けした」と回答するなど、正しい紫外線対策の必要性が調査を通じて浮き彫りになりました。

  • !2020年10月8日 11時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

コロナで外出自粛の中、約3割の女性の肌状態が変化。2,490名にアンケートを実施、肌状態の分かれ目について結果を解析し有意差示す

インターネットでアンケート調査を実施し、集計結果を2020年7月31日までに解析しました。肌状態が変化した女性は、13.1%が「良くなった」、16.2%は「悪くなった」と答えています。肌状態が悪くなったと答えた人にその理由を聞いたところ、「マスク生活で肌の乾燥が気になる」が59.3%、「ストレスが多くなったから」が52.1%でした。一方で肌状態が良くな...

  • !2020年10月6日 12時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

新着プレスリリース

“世界三大美女”クレオパトラや楊貴妃も愛用?!栄養豊富な“胎盤”「プラセンタ」の美肌効果に関する研究結果を発表、小ジワ改善への有効性を科学的に証明

へその緒とつながっており、赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素を供給する臓器「プラセンタ」。代替医療や補完医療に加え、美容目的での活用が進む中、人の肌に塗布することでどのような効果が得られるのかを客観的に明らかにすべく、研究をおこないました。

  • !2021年10月15日 9時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

コロナ前の2018年と比べ今年の夏は、「日焼け実感」が13ポイントも低下、「老け肌実感」も8ポイント減

セプテム総研では、コロナ禍の前後で、夏の終わりに感じる肌の老化や日焼けにどのような変化があったかを定点観測し、データを公表。2021年も、“96.6%”と圧倒的多数の女性が紫外線ケアをおこなっているなど、マスク生活においても変わらず高い美容意識を持っている人が多いことが浮き彫りとなりました。

  • !2021年10月13日 12時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

他人がチェックする「3大老け見えポイント」は、“シワ・たるみ・白髪”!女性を悩ます「老化現象」のリアルがわかる、総勢2,086名へのアンケート結果を一挙公表

20~60代という幅広い女性の老化に関する意識を、統計処理を組み入れ年代別に分析しました。もっとも年齢が表れやすいパーツである「肌」については、「老い」を感じると答えたのは約9割。自分が悩む「シミ・そばかす」を、意外と他人は気にしていないなど、自分と他人では意識するポイントが異なることも判明しました。

  • !2021年10月7日 10時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

約7割の女性がマスク着用による肌の蒸れが「気になる」と回答! 6~7月の湿度が高い季節の肌悩みについてアンケート結果を公表。若い世代ほど気にする傾向が顕著に。

夏でもマスク着用が常態化している状況で、女性の肌悩みはどう変化しているのか?全国の20歳以上の女性を対象に、インターネットでアンケートを実施しました。およそ6割の女性が湿度が高い季節のマスク着用で「肌悩みが増えた」と回答。特に20代は78.4%と多く、影響を受けやすいことが判明しました。年代によって悩みが異なるのも特徴です。

  • !2021年10月1日 10時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

1,902名の女性に“紫外線対策意識”について徹底調査!約9割が紫外線対策を「おこなっている」ことが判明、約7割が「顔に」「ほぼ毎日」日焼け止めを塗ると回答

マスク生活2年目となったこの夏の、女性の紫外線に対する意識や対策について、前年と比較した “定点調査”を実施しました。もっとも顕著な変化が見られたのは、紫外線対策を「とても重視している」という回答の増加。前年より約9ポイントも上昇し、とりわけ30代と40代において意識の高まりがうかがえる結果となりました。

  • !2021年9月29日 10時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

美肌づくりのカギは、「幸せ」でいること!“こころ”が肌に与える影響に関するアンケートを実施、幸福度が高い人は約8割が「肌状態が良い」と回答

ストレスが肌に良くないことは一般的に知られていますが、今回のアンケートでは、まだ研究事例の少ない “幸せな気持ちと肌状態の関係”にも着目。また、手の平全体で肌を包み込むように触れるスキンケアは、 “幸せホルモン”こと「オキシトシン」を増やす傾向もあることが判明しました。

  • !2021年6月9日 11時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

近赤外線までも対応し、しっかり肌を守りぬく!“医療機関専用”の日やけ止め「ラメッセUVアクアプロテクト」が登場、紫外線吸収剤不使用でデリケートな肌にも

アレルギーのリスクやサンゴ礁への悪影響も指摘される紫外線吸収剤は一切不使用ながら、SPF50+ / PA++++と高い紫外線防御機能を実現。ウォータープルーフタイプなので、アウトドア、レジャーやスポーツなど汗をかきやすいシーンも、日差しからしっかりガードします。

  • !2021年6月9日 11時
  • aファッション・ビューティー
  • a製品

“約7割”が、マスクを外す時「老け見え」「お疲れ顔」など、気になることがあると回答!長期化するマスク生活による、女性の肌状態悪化のリアルが浮き彫りに!

マスクの長期着用が自分の見た目や気持ちに与える影響を知るためのアンケートを、20歳以上の女性3,200名に実施しました。マスクを取った時の悩みポイントは、20~30代が「メーク崩れ」、40~60代が「たるみ」。いずれマスク不要の生活に戻った時に 「自分の顔を見られるのが怖い」と答えた女性は、半数近い44.2%にのぼるという事実が判明しました。

  • !2021年6月1日 11時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

マスク着用で増えた肌悩みは、全年代共通で 「ニキビ・吹き出物」「乾燥」「肌あれ」! コロナ禍開始1年後のマスク生活の実態を深掘りするアンケート結果を公開

長引くマスク生活に起因する女性の悩みを、昨年夏に実施した調査結果と比較し、変化の実態を詳細に分析。約9割がマスクを「ほぼ毎日」着用しており、前回調査と比べ全体平均で約30分もの伸びが見られました。肌状態の悪化を実感している人は約5割。若い年代の傾向がとりわけ顕著で、20代の約7割が肌状態が悪くなったと回答しています。

  • !2021年5月21日 12時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

「ゆっくり湯船につかる時間がな~い!」「光熱費を節約した~い!」 いい風呂の日を前にアンケートを実施、働き世代女性の約4割はバスタイムが充実していない!

約2,000名の回答をもとに、クロス集計×統計処理で導き出した分析結果を毎回公開。今回は「いい風呂の日」にちなみ、全国の20代~40代女性1,515名に対しお風呂事情や肌状態について調べました。ハスタイムが「充実していない」と回答したのは約4割。そのうち暖かい時期では約7割が湯船につかる回数が少ないことが判明しました。さらに肌状態との関連性を解析す...

  • !2020年11月24日 11時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

「乾燥肌」「脂性肌」、特に「混合肌」に肌トラブルが突出!“withコロナ”に必須のマスク着用による肌状態の変化を調査、20~60代女性1,743名の実態が判明

肌タイプ別に細かくアンケートを実施。マスクによる影響を最も受けやすいのは「混合肌」であることが判明しました。続いて、マスクの素材と肌状態との関連性も調査。「不織布」「布」の両素材が、肌の状態に及ぼす影響に差異は見られませんでした。

  • !2020年10月23日 12時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

“肌あれリスク急増”の境目は、「7時間」!マスクの着用時間が肌状態に与える影響についてアンケートを実施、1,743名の女性たちの肉声を徹底調査

約2,000名の回答をもとに、クロス集計×統計処理で導き出した分析結果を毎回公開。今回は、コロナ流行下の必需品・マスクを身につける時間と肌状態の関係性について調べました。マスクを「ほぼ毎日」着用していると回答したのは約8割。週5日以上マスクをつけている20代女性の7割近くが肌あれを自覚していることも判明しました。

  • !2020年10月23日 11時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

気になる老化現象2位にランクイン!見た目年齢を大きく左右する「シワ」について20~60代の女性1,908名を直撃調査、「シワ悩み」激増のタイミングは“30代”

見た目の印象がガラリと変わる肌の老化現象「シワ」に着目し、その実態や原因について調べました。一番シワが気になるパーツは、老けて見えやすい「ほうれい線」だと判明。また、乾燥は早期からのシワの悩みに繋がることがわかり、若い内からスキンケアをおこなうことの重要性が浮き彫りになりました。

  • !2020年10月14日 11時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

約6割が、夏の間に「肌が老けた」と回答! 衰えが気になるパーツTOP3は「目元」「口元」「頬」、女性1,646人のナマの声と分析結果を一挙公開

紫外線による肌ダメージが最も大きい夏が終わりを迎える頃、8月下旬から9月にかけてアンケートを実施。“老け肌”を感じる原因の1位は「日焼け」であり、約7割が「この夏に日焼けした」と回答するなど、正しい紫外線対策の必要性が調査を通じて浮き彫りになりました。

  • !2020年10月8日 11時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

コロナで外出自粛の中、約3割の女性の肌状態が変化。2,490名にアンケートを実施、肌状態の分かれ目について結果を解析し有意差示す

インターネットでアンケート調査を実施し、集計結果を2020年7月31日までに解析しました。肌状態が変化した女性は、13.1%が「良くなった」、16.2%は「悪くなった」と答えています。肌状態が悪くなったと答えた人にその理由を聞いたところ、「マスク生活で肌の乾燥が気になる」が59.3%、「ストレスが多くなったから」が52.1%でした。一方で肌状態が良くな...

  • !2020年10月6日 12時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

企業情報

株式会社セプテム総研のロゴ

企業名

株式会社セプテム総研

所在地

大阪市北区堂島2-4-27 新藤田ビル13F

代表者名

石神 政道

URL

http://septem-so.com/

業種

ファッション・ビューティー

事業内容

化粧品、医薬部外品、健康食品等の研究、開発、製造および販売

この企業のFacebookを見る

プレスキット

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

カテゴリ

業界(ジャンル)

地域

ページトップに戻る