プレスリリース配信サービス

詳細検索

株式会社シノケングループのプレスリリース企業情報(プレスリリース/コラム/求人/広報・PR情報)

https://www.shinoken.co.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ホーム

新着プレスリリース

シノケングループが新たなビジョンとミッションを策定した「中長期ビジョン 2020」を発表!ビジネスモデルや今後10年の展望を解説

株主や投資家、お客さまなどステークホルダーの皆さまに、新たな時代に向けたビジョンとミッションを知っていただくための中長期計画を策定。グループが提唱する「REaaS」や、事業内容、これまでの実績、今後10年間の業績見込み、長期展望などについて記載されたレポートです。

  • !2021年1月5日 10時
  • a不動産
  • a企業の動向

シノケンウェルネスがサービス付き高齢者向け住宅4棟目となる「寿らいふ 石神井台」の物件を取得。通所介護事業所(デイサービスセンター)も併設

サービス付き高齢者向け住宅「寿らいふ」はこれまで3棟302戸を運営、入居率99%の実績を誇ります。このたび、4棟目となる施設を東京都練馬区石神井台に取得しました。人生100年時代の高齢者人口と介護需要の増加を見据えて、サービスの拡充に取り組んでまいります。

  • !2020年12月24日 10時
  • a不動産
  • a企業の動向

ニューノーマル時代に対応した新しいコンセプトアパートメント「ORIGINO(オリジノ)」が誕生、2020年12月販売開始!

新たに展開する「ORIGINO」では、スイッチに触れることなく明かりをつける非接触型照明、常時換気で換気効率を向上、壁紙やデスクにウイルスを制御する素材の採用、可動式のカウンターで快適なワーキングスペースを提供するなど、これからの生活に欠かせない環境を整えています。2020年12月から販売を開始、2021年の夏以降の引き渡しを予定しています。

  • !2020年12月2日 10時
  • a不動産
  • a製品

株式会社シノケングループが「JPX 日経中小型株指数」構成銘柄に4年連続で継続選定、JASDAQ銘柄としては7銘柄のうちの1銘柄に

株式会社日本取引所グループとその傘下の株式会社東京証券取引所および株式会社日本経済新聞社が共同開発した株価指数「JPX 日経中小型株指数」の構成銘柄として、創設以来4年連続の構成銘柄に選定されました。シノケングループではいかなる環境下においても持続可能な事業基盤を築き、更なる企業価値の向上に努めてまいります。

  • !2020年12月2日 10時
  • a不動産
  • a企業の動向

不動産のトラストDX「REaaSプラットフォーム」構築を推進! シノケングループとトラストサービス開発を手がけるスカラが10月14日に業務提携契約を締結

“不動産のサービス化=REaaS(リアーズ:Real Estate as a Service)”に取り組んでいる株式会社シノケングループが、SaaS/ASP事業やSFA事業などを手がけている株式会社スカラとの業務提携を通してデジタルIDの活用による不動産取引の「非対面化」、「オンライン化」など、“不動産のトラストサービス”実現をめざします。

  • !2020年11月25日 10時
  • a不動産
  • a提携

株式会社シノケングループが、介護に携わる人材の確保を目的に、インドネシア国内の看護学校と業務提携契約を締結。学内には日本語研修センターも開設

介護人材確保戦略の一環として進めているものです。インドネシア国内の看護学校STIKES Bethesda Yakkum(SBY)と、介護人材の独占供給を前提とした提携を開始。超高齢化社会が進む日本国内において、介護人材の不足に対する独自のソリューションを強化します。

  • !2020年11月13日 10時
  • a不動産
  • a提携

シノケングループ傘下のインドネシア法人で個人向け投資信託の組成が決定。同国の政府と金融界が連携するスキームをシノケン主導で実現

スマトラ島のジャンビ州で地場銀行を販売代理人として、まずは300億円程度の資産規模を目指します。金融サービスが行き届いていない地域に住む人々が、サービスを受けられるようにするのが目的です。インドネシア政府、ジャンビ州政府と連携して事業を進めます。

  • !2020年11月13日 10時
  • a不動産
  • a企業の動向

インドネシアのロフト付きアパートメント「桜テラス」第2号物件、7月20日に建設工事着工。

完成は2021年秋頃の予定です。「ロフト付きの居住空間」の意匠(デザイン)がインドネシアの知的財産総局に知的財産として認定・登録されています。既に第1号物件は昨年竣工し、高入居率で稼働中です。

  • !2020年8月14日 10時
  • a不動産
  • a製品

創業30周年を記念し、プレミアムアパートメントブランドを発表。セキュリティとテクノロジーをテーマに快適な住環境を実現

管理会社と連携するスマート防犯カメラや、窓やドアなどからの不審者の侵入を知らせる通知など、安全に暮らすための機能を備えています。また、隣室や上下階の生活音の遮音性も向上させました。

  • !2020年7月22日 10時
  • a不動産
  • a製品

身体・発達・精神面で障がいを持つ児童をサポート!6歳から18歳までの就学児のための学童保育「キッズライフ」がスタート、第1弾は福岡県でオープン

不動産関連業を主に展開するシノケンは、ライフケア事業にも注力。高齢者向けの介護、知的障がいを持つ若者向けの教育支援に続いて、新たに、さまざまな障がいを抱える小学生~高校生の発達支援を開始します。

  • !2020年6月18日 10時
  • a不動産
  • a企業の動向

シノケングループが新型コロナウイルスの影響を受けた学生を全力で支援。5月8日、奨学金返済支援制度の前倒し適用と奨学金給付対象者を2倍にすることを決定

内定した学生に対して、入社前から奨学金返済支援の給付金を支給します。また、篠原育英会を通じて支援する学生の数を30名から60名に増やす予定です。

  • !2020年6月11日 13時
  • a不動産
  • a企業の動向

100億円規模の私募REIT(不動産投資信託)組成と東証への上場を加速! シノケングループが2億円を出資した「シノケンリート投資法人」設立

株式会社シノケングループの子会社である不動産ファンドビジネスを手がける株式会社シノケンアセットマネジメントが、不動産投資法人「シノケンリート投資法人」を設立。2020年夏をめどに、東京23区内の賃貸住宅不動産を投資対象とした総額100億円規模の私募REIT(非上場のオープンエンド型不動産投資信託)を組成して東京証券取引所への上場を加速させていきます。

  • !2020年6月11日 13時
  • a不動産
  • a企業の動向

ロフト付き居住空間のデザインが4月13日、インドネシアで知的財産として認定・登録。同国における正式な元祖に

日本で開発したロフト付きアパートメントをローカライズ。スタイリッシュでゆとりのある居住空間を実現しました。日本風デザインの共用部も現地で好評を博しています。

  • !2020年5月15日 13時
  • a不動産
  • a企業の動向

シノケングループの新グループ会社シノケンインテリジェントテクノロジーが3月25日、「シノケンインテリジェントアパート」への顔認証機能の採用を決定

不動産とITを融合した商品とサービス提供の加速をめざして、2020年1月設立の新しいグループ会社が先端技術の導入・活用を決定。シノケングループが手がけるアパートメント全戸への標準装備を進めているシステム「シノケンインテリジェントアパート(Shinoken Intelligent Apartment)」へ順次、顔認証機能を採用していきます。

  • !2020年5月14日 10時
  • a不動産
  • aサービス

ライフケア事業を手がける株式会社シノケンウェルネスが3月31日、知的障がいのある若者たちのための福祉型大学を運営する「株式会社ゆたかカレッジ」と資本・業務提携!

障がいのある18歳以降(自治体によって15歳以降)の青年を対象に、4年制の福祉型カレッジを運営する株式会社ゆたかカレッジの理念と取り組みに共感し、総額2億円の新株予約権付融資の引き受けをふくむ資本・業務提携契約を締結。シノケングループの経営ノウハウを生かしたライフケア事業の支援・参画によって、株式公開(IPO)を視野に入れた事業展開の加速をめざします。

  • !2020年5月14日 10時
  • a不動産
  • a提携

新着プレスリリース

シノケングループが新たなビジョンとミッションを策定した「中長期ビジョン 2020」を発表!ビジネスモデルや今後10年の展望を解説

株主や投資家、お客さまなどステークホルダーの皆さまに、新たな時代に向けたビジョンとミッションを知っていただくための中長期計画を策定。グループが提唱する「REaaS」や、事業内容、これまでの実績、今後10年間の業績見込み、長期展望などについて記載されたレポートです。

  • !2021年1月5日 10時
  • a不動産
  • a企業の動向

シノケンウェルネスがサービス付き高齢者向け住宅4棟目となる「寿らいふ 石神井台」の物件を取得。通所介護事業所(デイサービスセンター)も併設

サービス付き高齢者向け住宅「寿らいふ」はこれまで3棟302戸を運営、入居率99%の実績を誇ります。このたび、4棟目となる施設を東京都練馬区石神井台に取得しました。人生100年時代の高齢者人口と介護需要の増加を見据えて、サービスの拡充に取り組んでまいります。

  • !2020年12月24日 10時
  • a不動産
  • a企業の動向

ニューノーマル時代に対応した新しいコンセプトアパートメント「ORIGINO(オリジノ)」が誕生、2020年12月販売開始!

新たに展開する「ORIGINO」では、スイッチに触れることなく明かりをつける非接触型照明、常時換気で換気効率を向上、壁紙やデスクにウイルスを制御する素材の採用、可動式のカウンターで快適なワーキングスペースを提供するなど、これからの生活に欠かせない環境を整えています。2020年12月から販売を開始、2021年の夏以降の引き渡しを予定しています。

  • !2020年12月2日 10時
  • a不動産
  • a製品

株式会社シノケングループが「JPX 日経中小型株指数」構成銘柄に4年連続で継続選定、JASDAQ銘柄としては7銘柄のうちの1銘柄に

株式会社日本取引所グループとその傘下の株式会社東京証券取引所および株式会社日本経済新聞社が共同開発した株価指数「JPX 日経中小型株指数」の構成銘柄として、創設以来4年連続の構成銘柄に選定されました。シノケングループではいかなる環境下においても持続可能な事業基盤を築き、更なる企業価値の向上に努めてまいります。

  • !2020年12月2日 10時
  • a不動産
  • a企業の動向

不動産のトラストDX「REaaSプラットフォーム」構築を推進! シノケングループとトラストサービス開発を手がけるスカラが10月14日に業務提携契約を締結

“不動産のサービス化=REaaS(リアーズ:Real Estate as a Service)”に取り組んでいる株式会社シノケングループが、SaaS/ASP事業やSFA事業などを手がけている株式会社スカラとの業務提携を通してデジタルIDの活用による不動産取引の「非対面化」、「オンライン化」など、“不動産のトラストサービス”実現をめざします。

  • !2020年11月25日 10時
  • a不動産
  • a提携

株式会社シノケングループが、介護に携わる人材の確保を目的に、インドネシア国内の看護学校と業務提携契約を締結。学内には日本語研修センターも開設

介護人材確保戦略の一環として進めているものです。インドネシア国内の看護学校STIKES Bethesda Yakkum(SBY)と、介護人材の独占供給を前提とした提携を開始。超高齢化社会が進む日本国内において、介護人材の不足に対する独自のソリューションを強化します。

  • !2020年11月13日 10時
  • a不動産
  • a提携

シノケングループ傘下のインドネシア法人で個人向け投資信託の組成が決定。同国の政府と金融界が連携するスキームをシノケン主導で実現

スマトラ島のジャンビ州で地場銀行を販売代理人として、まずは300億円程度の資産規模を目指します。金融サービスが行き届いていない地域に住む人々が、サービスを受けられるようにするのが目的です。インドネシア政府、ジャンビ州政府と連携して事業を進めます。

  • !2020年11月13日 10時
  • a不動産
  • a企業の動向

インドネシアのロフト付きアパートメント「桜テラス」第2号物件、7月20日に建設工事着工。

完成は2021年秋頃の予定です。「ロフト付きの居住空間」の意匠(デザイン)がインドネシアの知的財産総局に知的財産として認定・登録されています。既に第1号物件は昨年竣工し、高入居率で稼働中です。

  • !2020年8月14日 10時
  • a不動産
  • a製品

創業30周年を記念し、プレミアムアパートメントブランドを発表。セキュリティとテクノロジーをテーマに快適な住環境を実現

管理会社と連携するスマート防犯カメラや、窓やドアなどからの不審者の侵入を知らせる通知など、安全に暮らすための機能を備えています。また、隣室や上下階の生活音の遮音性も向上させました。

  • !2020年7月22日 10時
  • a不動産
  • a製品

身体・発達・精神面で障がいを持つ児童をサポート!6歳から18歳までの就学児のための学童保育「キッズライフ」がスタート、第1弾は福岡県でオープン

不動産関連業を主に展開するシノケンは、ライフケア事業にも注力。高齢者向けの介護、知的障がいを持つ若者向けの教育支援に続いて、新たに、さまざまな障がいを抱える小学生~高校生の発達支援を開始します。

  • !2020年6月18日 10時
  • a不動産
  • a企業の動向

シノケングループが新型コロナウイルスの影響を受けた学生を全力で支援。5月8日、奨学金返済支援制度の前倒し適用と奨学金給付対象者を2倍にすることを決定

内定した学生に対して、入社前から奨学金返済支援の給付金を支給します。また、篠原育英会を通じて支援する学生の数を30名から60名に増やす予定です。

  • !2020年6月11日 13時
  • a不動産
  • a企業の動向

100億円規模の私募REIT(不動産投資信託)組成と東証への上場を加速! シノケングループが2億円を出資した「シノケンリート投資法人」設立

株式会社シノケングループの子会社である不動産ファンドビジネスを手がける株式会社シノケンアセットマネジメントが、不動産投資法人「シノケンリート投資法人」を設立。2020年夏をめどに、東京23区内の賃貸住宅不動産を投資対象とした総額100億円規模の私募REIT(非上場のオープンエンド型不動産投資信託)を組成して東京証券取引所への上場を加速させていきます。

  • !2020年6月11日 13時
  • a不動産
  • a企業の動向

ロフト付き居住空間のデザインが4月13日、インドネシアで知的財産として認定・登録。同国における正式な元祖に

日本で開発したロフト付きアパートメントをローカライズ。スタイリッシュでゆとりのある居住空間を実現しました。日本風デザインの共用部も現地で好評を博しています。

  • !2020年5月15日 13時
  • a不動産
  • a企業の動向

シノケングループの新グループ会社シノケンインテリジェントテクノロジーが3月25日、「シノケンインテリジェントアパート」への顔認証機能の採用を決定

不動産とITを融合した商品とサービス提供の加速をめざして、2020年1月設立の新しいグループ会社が先端技術の導入・活用を決定。シノケングループが手がけるアパートメント全戸への標準装備を進めているシステム「シノケンインテリジェントアパート(Shinoken Intelligent Apartment)」へ順次、顔認証機能を採用していきます。

  • !2020年5月14日 10時
  • a不動産
  • aサービス

ライフケア事業を手がける株式会社シノケンウェルネスが3月31日、知的障がいのある若者たちのための福祉型大学を運営する「株式会社ゆたかカレッジ」と資本・業務提携!

障がいのある18歳以降(自治体によって15歳以降)の青年を対象に、4年制の福祉型カレッジを運営する株式会社ゆたかカレッジの理念と取り組みに共感し、総額2億円の新株予約権付融資の引き受けをふくむ資本・業務提携契約を締結。シノケングループの経営ノウハウを生かしたライフケア事業の支援・参画によって、株式公開(IPO)を視野に入れた事業展開の加速をめざします。

  • !2020年5月14日 10時
  • a不動産
  • a提携

企業情報

企業名

株式会社シノケングループ

所在地

港区浜松町2-3-1 日本生命浜松町クレアタワー

代表者名

篠原英明

URL

https://www.shinoken.co.jp/

業種

不動産

事業内容

各事業会社の経営管理事業

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

カテゴリ

業界(ジャンル)

地域

ページトップに戻る