プレスリリース配信サービス

詳細検索

Code for Historyのプレスリリース企業情報(プレスリリース/コラム/求人/広報・PR情報)

https://code4history.dev/index_ja.html
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ホーム

新着プレスリリース

Code for Historyの古地図サイトライブラリ「Maplat」、オープンソースライセンスを一時停止し、制限付きライセンスの準オープンソースへ変更

IT技術を歴史研究に応用する任意団体Code for History(代表:大塚恒平、相模原市)は、これまでオープンソースで提供してきた古地図アプリ作成ライブラリ群のMaplatシリーズについて、公開中の最新バージョンより、制限付きの準オープンソースライブラリに変更します。一部の悪質なただ乗り利用者(フリーライダー)へのライブラリ及び特許の利用権を制限...

  • !2021年4月1日 10時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a告知・募集

ぐんま史料ネットとCode for Historyが、古地図ライブラリMaplatのデモサイト「ぷらっと玉村」を公開。「ぷらっと館林」のコンテンツ拡大も。

群馬県の文化財や歴史資料 の防災・保全・継承や、全国の歴史資料ネットワーク 、博物館資料論、災害史に関する情報発信を行う「群馬歴史資料継承ネットワーク(以下、ぐんま史料ネット)」(代表:簗瀬大輔准教授、群馬県玉村町)とIT技術を歴史研究に応用する任意団体Code for History(代表:大塚恒平、相模原市)は、協力してこの3月、準オープンソース古...

  • !2021年3月30日 11時
  • a旅行・観光・地域情報
  • a研究・調査報告

Code for Historyが水戸市の文化財デジタルデータ/オープンデータを活用した、古地図ライブラリMaplatのデモサイト「ぷらっと水戸」を公開

IT技術を歴史研究に応用する任意団体Code for History(代表: 大塚恒平、相模原市)はこの3月14日、開発する準オープンソース古地図アプリ開発ライブラリのMaplatのデモサイト、「ぷらっと」シリーズに、新たに茨城県水戸市版である「ぷらっと水戸」を追加しました。水戸市の行政、図書館などで公開されているオープンデータや、簡易な利用申請で利用...

  • !2021年3月15日 14時
  • a旅行・観光・地域情報
  • aサービス

オープンソース古地図アプリ作成ライブラリのMaplat、世界初の「線を線に変換する」機能に対応。交通網路線図、地籍図などでの活用も狙い。

相模原市の大塚恒平(屋号:歴史国土)が開発するオープンソース古地図アプリ作成ライブラリのMaplatは、令和元年6月29日に公開されたバージョン0.5.2より、世界で初めて、「線を線に変換する」機能の実現に成功しました。古地図や絵地図上に現在地を表示する際に、道路から外れずに現在地を表示したり、また新たに交通網路線図、地籍図などでの活用も狙いに入れてお...

  • !2019年7月15日 10時
  • aネットサービス
  • a技術開発成果報告

オープンソース古地図アプリ作成ライブラリのMaplat、UIを多言語対応へ。日本語、英語以外に韓国語、簡体/繁体中国語に対応。

相模原市の大塚恒平(屋号:歴史国土)が開発するオープンソース古地図アプリ作成ライブラリのMaplatは、平成31年4月17日に公開されたバージョン0.4.5より、ユーザインタフェースの対応言語をこれまでの日本語、英語に加えて韓国語、簡体/繁体中国語に拡大しました。インバウンド向けの観光サイト等を容易に作成できるようにすることで、利用を拡大することを狙い...

  • !2019年4月19日 10時
  • aネットサービス
  • a製品

新着プレスリリース

Code for Historyの古地図サイトライブラリ「Maplat」、オープンソースライセンスを一時停止し、制限付きライセンスの準オープンソースへ変更

IT技術を歴史研究に応用する任意団体Code for History(代表:大塚恒平、相模原市)は、これまでオープンソースで提供してきた古地図アプリ作成ライブラリ群のMaplatシリーズについて、公開中の最新バージョンより、制限付きの準オープンソースライブラリに変更します。一部の悪質なただ乗り利用者(フリーライダー)へのライブラリ及び特許の利用権を制限...

  • !2021年4月1日 10時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a告知・募集

ぐんま史料ネットとCode for Historyが、古地図ライブラリMaplatのデモサイト「ぷらっと玉村」を公開。「ぷらっと館林」のコンテンツ拡大も。

群馬県の文化財や歴史資料 の防災・保全・継承や、全国の歴史資料ネットワーク 、博物館資料論、災害史に関する情報発信を行う「群馬歴史資料継承ネットワーク(以下、ぐんま史料ネット)」(代表:簗瀬大輔准教授、群馬県玉村町)とIT技術を歴史研究に応用する任意団体Code for History(代表:大塚恒平、相模原市)は、協力してこの3月、準オープンソース古...

  • !2021年3月30日 11時
  • a旅行・観光・地域情報
  • a研究・調査報告

Code for Historyが水戸市の文化財デジタルデータ/オープンデータを活用した、古地図ライブラリMaplatのデモサイト「ぷらっと水戸」を公開

IT技術を歴史研究に応用する任意団体Code for History(代表: 大塚恒平、相模原市)はこの3月14日、開発する準オープンソース古地図アプリ開発ライブラリのMaplatのデモサイト、「ぷらっと」シリーズに、新たに茨城県水戸市版である「ぷらっと水戸」を追加しました。水戸市の行政、図書館などで公開されているオープンデータや、簡易な利用申請で利用...

  • !2021年3月15日 14時
  • a旅行・観光・地域情報
  • aサービス

オープンソース古地図アプリ作成ライブラリのMaplat、世界初の「線を線に変換する」機能に対応。交通網路線図、地籍図などでの活用も狙い。

相模原市の大塚恒平(屋号:歴史国土)が開発するオープンソース古地図アプリ作成ライブラリのMaplatは、令和元年6月29日に公開されたバージョン0.5.2より、世界で初めて、「線を線に変換する」機能の実現に成功しました。古地図や絵地図上に現在地を表示する際に、道路から外れずに現在地を表示したり、また新たに交通網路線図、地籍図などでの活用も狙いに入れてお...

  • !2019年7月15日 10時
  • aネットサービス
  • a技術開発成果報告

オープンソース古地図アプリ作成ライブラリのMaplat、UIを多言語対応へ。日本語、英語以外に韓国語、簡体/繁体中国語に対応。

相模原市の大塚恒平(屋号:歴史国土)が開発するオープンソース古地図アプリ作成ライブラリのMaplatは、平成31年4月17日に公開されたバージョン0.4.5より、ユーザインタフェースの対応言語をこれまでの日本語、英語に加えて韓国語、簡体/繁体中国語に拡大しました。インバウンド向けの観光サイト等を容易に作成できるようにすることで、利用を拡大することを狙い...

  • !2019年4月19日 10時
  • aネットサービス
  • a製品

企業情報

企業名

Code for History

所在地

相模原市南区鵜野森3-32-27 ライオンズヒルズ町田壱番館111

代表者名

大塚恒平

URL

https://code4history.dev/index_ja.html

業種

ネットサービス

事業内容

オープンソース古地図アプリ「Maplat」の開発等

この企業のFacebookを見る
この企業のTwitterを見る

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

カテゴリ

業界(ジャンル)

地域

ページトップに戻る