プレスリリース配信サービス

詳細検索

株式会社PIJINのプレスリリース企業情報(プレスリリース/コラム/求人/広報・PR情報)

https://jp.qrtranslator.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ホーム

新着プレスリリース

QR Translatorを使って情報のバリアフリー化を実現した医薬品パッケージが発売

視覚障害者や外国人に読むことが難しい医薬品等の説明情報について、パッケージ表面のQRコードをスマートフォンで読取るだけで、その端末の設定に応じた言語で説明書を音声化して読み上げる仕組みが実用化されました。Accessible Code(アクセシブルコード)と名付けられたこのQRコードは、全盲の人でも読取り可能であることが多くの実験によって裏付けられ、し...

  • !2020年7月3日 9時
  • a医療・健康
  • a企業の動向

1個のQRコードから多言語の動画が見られるサービス、鹿児島市で本格的な運用開始。スマートフォンなどでスキャンすると端末の使用言語を自動的に認識

「KX鹿児島体験ムービー」として2020年3月より市内の3つの施設、いおワールドかごしま水族館、平川動物公園、観光オブジェ「時標(ときしるべ)」で運用しています。新型コロナウイルスの影響で休業中だった施設も再開され、これから本格的に多くの人に利用していただく予定です。

  • !2020年6月15日 13時
  • a旅行・観光・地域情報
  • aサービス

株式会社PIJIN、XPAND株式会社と連携し、JANコードスキャンページの提供を開始 製・配・販連携協議会の多言語商品情報データとも連携

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(以下「弊社」という、所在地:東京都中央区、代表取締役:松本 恭輔)は、XPAND株式会社(埼玉県東松山市、代表取締役社長 南木 徹)と連携し、同社が提供する「XPAND.CODES Reader JS」を組み込んだJANコードスキャン連携サービスを開始します。...

  • !2018年11月9日 14時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a提携

豊洲新市場の開場に合わせ、QR Translatorを活用した多言語情報表示サービス「Toyosu Market Guide」を導入 サービスを提供開始

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(所在地:東京都中央区、代表取締役:松本 恭輔)は、2018年10月11日に移転開場した東京都中央卸売市場「豊洲市場」に多言語表示サービス「Toyosu Market Guide」を導入致しました。「Toyosu Market Guide」は、豊洲市場に関する情...

  • !2018年10月12日 16時
  • a食品関連
  • aサービス

株式会社PIJIN、NTTテクノクロス株式会社と連携し、3次元物体認識対応の「QR Translator powered by かざして案内®」サービス提供開始

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(以下「弊社」という、所在地:東京都中央区、代表取締役:松本 恭輔)は、NTTテクノクロス株式会社※1(以下「NTTテクノクロス」という、所在地:東京都港区、代表取締役社長:串間和彦)と連携し、同社が提供する3次元物体の認識を可能とする「かざして案内® for ...

  • !2018年10月11日 17時
  • a携帯、モバイル関連
  • a提携

株式会社PIJINと横浜市が多言語対応強化に向けて連携協定を締結  賑わい創出に向けた公民連携事業にQR Translatorが採用

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(所在地:東京都中央区、代表取締役:松本 恭輔)は、横浜市(市長:林 文子)と、同市が設置・運用する公民連携提案窓口「共創フロント」を通じて提案を行った「QR Translatorの活用による多言語に対応した賑わい創出」を目的とした「連携協定」を平成30年9月1...

  • !2018年9月19日 10時
  • a旅行・観光・地域情報
  • a提携

SoundUD推進コンソーシアムと連携しヤマハ「おもてなしガイド」の販売を開始 〜相互連携により施設内のユニバーサル対応を拡張〜

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(所在地:東京都中央区、代表取締役:松本 恭輔)は、SoundUD推進コンソーシアムと連携し、2016年から新たなユニバーサルデザイン実現に向けて連携を重ねてきた、ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表執行役社長:中田 卓也、以下「ヤマハ」)が提供する音のユニ...

  • !2018年9月7日 17時
  • a旅行・観光・地域情報
  • a製品

製・配・販連携協議会の多言語情報プロジェクトと連携し、QR Translatorが訪日外国人の買い物支援を強化

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(所在地:東京都中央区、代表取締役:松本 恭輔)は、製・配・販連携協議会の多言語商品情報プロジェクトと連携し、訪日外国人の買い物支援を目的としたデータ活用を開始します。 訪⽇外国⼈客向けの商品情報提供による販売促進、メーカー発信の正確な商品情報の収集/提供サイ...

  • !2018年7月20日 15時
  • aその他製造業
  • aサービス

15言語でインバウンド対策! 東京都水上バスで多言語表示サービス「QR Translator」開始

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松本恭輔)は、2018年5月から東京都公園協会・東京水辺ラインが運営する水上バスに関する案内ガイドを15言語で紹介するサービスを開始いたしました。

  • !2018年5月17日 11時
  • a旅行・観光・地域情報
  • aサービス

株式会社PIJIN、株式会社スペースリーと提携し、インバウンド対応の多言語VR案内サービスを開始 ~第一弾として南海電鉄主要駅の乗換方法案内コンテンツに採用~

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(所在地:東京都中央区、代表取締役:松本 恭輔)は、360度VR(バーチャルリアリティ)コンテンツの制作ソフト「スペースリー」を提供する株式会社スペースリー(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:森田 博和)と業務提携し、2018年3月よりインバウンド対応の多言語V...

  • !2018年5月15日 10時
  • aネットサービス
  • a提携

15言語でインバウンド対策!南海電鉄で多言語案内ツールの運用開始

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松本恭輔)は、この春より南海電気鉄道(以下、南海電鉄)における乗車券の購入方法や乗り換え方法に関する内容を15言語で紹介するサービスを開始いたしました。

  • !2018年5月8日 10時
  • aネットサービス
  • aサービス

15言語でインバウンド対策!地下鉄博物館で多言語表示サービス「QR Translator」開始

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松本恭輔)は、この春より地下鉄博物館の館内案内ガイドを15言語で紹介するサービスを開始いたしました。

  • !2018年4月24日 16時
  • a旅行・観光・地域情報
  • aサービス

新着プレスリリース

QR Translatorを使って情報のバリアフリー化を実現した医薬品パッケージが発売

視覚障害者や外国人に読むことが難しい医薬品等の説明情報について、パッケージ表面のQRコードをスマートフォンで読取るだけで、その端末の設定に応じた言語で説明書を音声化して読み上げる仕組みが実用化されました。Accessible Code(アクセシブルコード)と名付けられたこのQRコードは、全盲の人でも読取り可能であることが多くの実験によって裏付けられ、し...

  • !2020年7月3日 9時
  • a医療・健康
  • a企業の動向

1個のQRコードから多言語の動画が見られるサービス、鹿児島市で本格的な運用開始。スマートフォンなどでスキャンすると端末の使用言語を自動的に認識

「KX鹿児島体験ムービー」として2020年3月より市内の3つの施設、いおワールドかごしま水族館、平川動物公園、観光オブジェ「時標(ときしるべ)」で運用しています。新型コロナウイルスの影響で休業中だった施設も再開され、これから本格的に多くの人に利用していただく予定です。

  • !2020年6月15日 13時
  • a旅行・観光・地域情報
  • aサービス

株式会社PIJIN、XPAND株式会社と連携し、JANコードスキャンページの提供を開始 製・配・販連携協議会の多言語商品情報データとも連携

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(以下「弊社」という、所在地:東京都中央区、代表取締役:松本 恭輔)は、XPAND株式会社(埼玉県東松山市、代表取締役社長 南木 徹)と連携し、同社が提供する「XPAND.CODES Reader JS」を組み込んだJANコードスキャン連携サービスを開始します。...

  • !2018年11月9日 14時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a提携

豊洲新市場の開場に合わせ、QR Translatorを活用した多言語情報表示サービス「Toyosu Market Guide」を導入 サービスを提供開始

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(所在地:東京都中央区、代表取締役:松本 恭輔)は、2018年10月11日に移転開場した東京都中央卸売市場「豊洲市場」に多言語表示サービス「Toyosu Market Guide」を導入致しました。「Toyosu Market Guide」は、豊洲市場に関する情...

  • !2018年10月12日 16時
  • a食品関連
  • aサービス

株式会社PIJIN、NTTテクノクロス株式会社と連携し、3次元物体認識対応の「QR Translator powered by かざして案内®」サービス提供開始

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(以下「弊社」という、所在地:東京都中央区、代表取締役:松本 恭輔)は、NTTテクノクロス株式会社※1(以下「NTTテクノクロス」という、所在地:東京都港区、代表取締役社長:串間和彦)と連携し、同社が提供する3次元物体の認識を可能とする「かざして案内® for ...

  • !2018年10月11日 17時
  • a携帯、モバイル関連
  • a提携

株式会社PIJINと横浜市が多言語対応強化に向けて連携協定を締結  賑わい創出に向けた公民連携事業にQR Translatorが採用

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(所在地:東京都中央区、代表取締役:松本 恭輔)は、横浜市(市長:林 文子)と、同市が設置・運用する公民連携提案窓口「共創フロント」を通じて提案を行った「QR Translatorの活用による多言語に対応した賑わい創出」を目的とした「連携協定」を平成30年9月1...

  • !2018年9月19日 10時
  • a旅行・観光・地域情報
  • a提携

SoundUD推進コンソーシアムと連携しヤマハ「おもてなしガイド」の販売を開始 〜相互連携により施設内のユニバーサル対応を拡張〜

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(所在地:東京都中央区、代表取締役:松本 恭輔)は、SoundUD推進コンソーシアムと連携し、2016年から新たなユニバーサルデザイン実現に向けて連携を重ねてきた、ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表執行役社長:中田 卓也、以下「ヤマハ」)が提供する音のユニ...

  • !2018年9月7日 17時
  • a旅行・観光・地域情報
  • a製品

製・配・販連携協議会の多言語情報プロジェクトと連携し、QR Translatorが訪日外国人の買い物支援を強化

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(所在地:東京都中央区、代表取締役:松本 恭輔)は、製・配・販連携協議会の多言語商品情報プロジェクトと連携し、訪日外国人の買い物支援を目的としたデータ活用を開始します。 訪⽇外国⼈客向けの商品情報提供による販売促進、メーカー発信の正確な商品情報の収集/提供サイ...

  • !2018年7月20日 15時
  • aその他製造業
  • aサービス

15言語でインバウンド対策! 東京都水上バスで多言語表示サービス「QR Translator」開始

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松本恭輔)は、2018年5月から東京都公園協会・東京水辺ラインが運営する水上バスに関する案内ガイドを15言語で紹介するサービスを開始いたしました。

  • !2018年5月17日 11時
  • a旅行・観光・地域情報
  • aサービス

株式会社PIJIN、株式会社スペースリーと提携し、インバウンド対応の多言語VR案内サービスを開始 ~第一弾として南海電鉄主要駅の乗換方法案内コンテンツに採用~

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(所在地:東京都中央区、代表取締役:松本 恭輔)は、360度VR(バーチャルリアリティ)コンテンツの制作ソフト「スペースリー」を提供する株式会社スペースリー(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:森田 博和)と業務提携し、2018年3月よりインバウンド対応の多言語V...

  • !2018年5月15日 10時
  • aネットサービス
  • a提携

15言語でインバウンド対策!南海電鉄で多言語案内ツールの運用開始

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松本恭輔)は、この春より南海電気鉄道(以下、南海電鉄)における乗車券の購入方法や乗り換え方法に関する内容を15言語で紹介するサービスを開始いたしました。

  • !2018年5月8日 10時
  • aネットサービス
  • aサービス

15言語でインバウンド対策!地下鉄博物館で多言語表示サービス「QR Translator」開始

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手掛ける株式会社PIJIN(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松本恭輔)は、この春より地下鉄博物館の館内案内ガイドを15言語で紹介するサービスを開始いたしました。

  • !2018年4月24日 16時
  • a旅行・観光・地域情報
  • aサービス

企業情報

株式会社PIJINのロゴ

企業名

株式会社PIJIN

所在地

中央区日本橋室町1-6-3 山本ビル別館8階

代表者名

髙岡 謙二

URL

https://jp.qrtranslator.com/

業種

ネットサービス

事業内容

QRコードを使った多言語表示サービス「QR Translator」は、看板や印刷物に貼付したQRTコードをスキャンするだけで、読み取ったユーザー端末の言語設定を自動認識し、翻訳文を表示します。既に数多くの自治体や観光地、交通機関や商品パッケージに採用されています。日本、アメリカ、中国、ロシアで特許を取得済。

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

カテゴリ

業界(ジャンル)

地域

ページトップに戻る