プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数52,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

Kazuki Obataのプレスリリース/広報・PR情報


新着プレスリリース

日本で一番豪華なクラウドファンディングの学び場「クラウドファンディングラボ」始動!

地域の想いを積み上げる。クラウドファンディングを活用した地域活性化を、超実践型で学ぶクラウドファンディングラボ。受講者はカリキュラム中に全員クラウドファンディングを立ち上げます。キックオフプログラムでは、鳴海 禎造 glafit株式会社 代表取締役(クラウドファンディングで日本最高記録となる約1億2800万円を調達) をはじめとするクラウドファンディン...

1億円規模の地方創生ファンドを設立。レベニューシェア型投資で新しい支援の実現を目指す

地方創生会議と株式会社デジサーチアンドアドバタイジングのネットワークとノウハウを共有して、新しい地方創生の支援の実現を目指します。分配期間や利率を自由に設計可能。クラウドファンディングを投資基準の一つとし、現在、ロゴを公募中です。

【乙武洋匡氏・家入一真氏も賛同】「死ぬくらいなら逃げていいよ。」9月1日は子供の自殺がもっとも多い日。不登校から高校生で社長になった実体験を本を通じて伝えたい。

不登校から高校生社長になった小幡和輝が、自身の実体験をもとにした本を出版するにあたり、クラウドファンディングを通じて支援を募っています。本の中では「正しい不登校のやり方。」という切り口で、学校に行かなかった時間でやってよかったこと、失敗したことなどを書き、また不登校を経験した方との対談も予定。不登校という選択肢を伝えたいと考えています。

6月10日~11日、和歌山・高野山(総本山金剛峰寺)で開催予定の「地方創生会議 in 高野山」クラウドファンディングを通して呼びかけていた目標支援金額を突破!

4月11日(火)にクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」を通して呼びかけていた開催費用の目標額1,000,000円を4月18日(火)に達成! “地方創生のプラットフォーム”の拡充を目指し、さらなる支援を呼びかけています。

47都道府県がつながる場所。地方創生会議を世界遺産の高野山で開催します!

地方創生会議実行委員会(実行委員長 小幡和輝 和歌山大学観光学部4年生)は6月10日,11日和歌山県高野山にて、地方創生会議を開催します。地方創生会議は47都道府県すべてから民間企業・自治体職員・フリーランス・クリエイター・学生などが集まる地方創生のプラットフォームです。地方創生会議は主に「Guest Talk・参加者の交流・地方創生アワード」の3つで...

和歌山の子供たちにわかやまトランプを届けたい!!

和歌山が大好きな人を認定する資格制度「わかやまコンシェルジュ」を運営するわかやまコンシェルジュ認定協会で、わかやまトランプ作成のためのクラウドファンディングに挑戦しています。わかやまトランプは、絵柄に和歌山の名産品などの魅力とキャッチコピーをつけたトランプです。(添付している写真は見本です。)わかやまトランプを作ることで、子供たちに楽しみながら和歌山の...

企業情報

企業名

Kazuki Obata

所在地

有田郡湯浅町湯浅1510-1-1-201

代表者名

小幡和輝

URL

http://nagomiobata.com

業種

旅行・観光・地域情報

事業内容

和歌山を輝かせる!をテーマに様々なプロジェクトを企画

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る