プレスリリース配信サービス

詳細検索

パルシステム生活協同組合連合会のプレスリリース企業情報(プレスリリース/コラム/求人/広報・PR情報)

www.pal.or.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ホーム

新着プレスリリース

〔福島〕ウクライナからの避難者支援へ寄付金と支援品を贈呈 地震被害を受けた住居の補修に活用「心を安定してくらせるよう応援します」

生活協同組合パルシステム福島(本部:いわき市常磐西郷町磐西郷町、理事長:高野祐子)は5月30日(月)、二本松市で活動する「ウクライナ難民人道支援基金ふくしまキャンプ」へ寄付金と支援品を贈呈しました。

  • !2022年6月2日 10時
  • aその他サービス
  • aその他

6/4(土)、6/24(土)子どもサッカー大会「パルシステム群馬杯」開催  JOYFULサッカークラブと共に地域の子どもたちの未来を応援します

生活協同組合パルシステム群馬(本部:高崎市中大類町、理事長:反町幸代)は、株式会社 globeコーポレーション(本部:前橋市朝倉町、代表取締役:荒川 智)のJOYFULサッカークラブが6月4日(土)、6月24日(土)に開催する大会に協賛します。教育事業者との連携で地域の子どもたちの交流の場を広げます。

  • !2022年6月1日 10時
  • a教育
  • a告知・募集

〔群馬〕6/8(水)高崎市立寺尾中学校でフードドライブ寄贈式開催  教育現場でのSDGsの学びと実践を生徒たちの声で伝えます

生活協同組合パルシステム群馬(本部:高崎市中大類町、理事長:反町幸代)は、6月8日(水)に群馬県高崎市立寺尾中学校でフードドライブ提供品の寄贈式を開催します。SDGs学習会をきっかけとした生徒自身による食品ロス削減と貧困問題への取り組みと学びの成果を伝え、地域連携の輪を広げていきます。

  • !2022年5月31日 10時
  • a教育
  • a告知・募集

パルシステムオリジナル「北海道産直かぼちゃの煮物」新発売 規格外原料を有効活用 食べきりサイズで食卓でも食品ロス削減

パルシステム連合会は5月30日(月)から、オリジナル商品「北海道産直かぼちゃの煮物」の注文受付を開始します。冷凍野菜として人気のオリジナル商品「北海道冷凍栗かぼちゃ」などの規格外原料を有効活用することで、生産者が丹精込めて作った農作物を無駄なくおいしく食べつくします。

  • !2022年5月30日 10時
  • a食品関連
  • a製品

〔神奈川〕不用品・遺品の整理サービスを新たに開始 利用者家庭の片付けの「困った」をサポートします

生活協同組合パルシステム神奈川(本部:横浜市港北区新横浜 理事長:藤田順子)は5月23日(月)から、アールキューブ株式会社(本社:大田区大森、代表取締役:前田義行)と業務委託契約を結び、不用品と遺品の整理サービスを開始します。家庭内で対処しかねる不用品整理で、利用者である組合員の居住空間の困りごとを解決します。

  • !2022年5月26日 10時
  • aその他サービス
  • aサービス

5月よりトイレットペーパーとティッシュのプラスチック包材削減を本格化 宅配だから取っ手はとっても大丈夫

 パルシステム連合会は5月から、オリジナル商品の一部のトイレットペーパーとティッシュの包材から持ち運び用につけていた取っ手部分を廃止しました。生協の宅配システムだから実現できたプラスチック削減です。パルシステムはこれからも、利用者がふだんのくらしで取り組めるサステナブルな買い物を提案します。

  • !2022年5月25日 10時
  • aその他サービス
  • a製品

〔神奈川〕初の寄贈米1.5トンが「フードバンクかながわ」に到着 利用者の米購入量約1%を困窮者支援に活用します

 生活協同組合パルシステム神奈川(本部:横浜市港北区新横浜 理事長:藤田順子)は、対象となる米穀商品を購入すると重量の1%程度をフードバンクへ寄贈する「お米でつながるみらいアクション」を呼びかけています。この取り組みで初の贈呈となる米1.5tが5月17日(火)、「フードバンクかながわ」へ届けられました。

  • !2022年5月23日 10時
  • a食品関連
  • aその他

〔千葉〕衣類のリユースでパキスタンの子どもたちを支援 6月1日(水)から協力を呼びかけ販売収益でスラム地域の学校を運営します

 生活協同組合パルシステム千葉(本部:千葉県船橋市本町、理事長:佐々木博子)は6月1日(水)より、利用者にNPO法人日本ファイバーリサイクル連帯協議会(JFSA)への衣類提供を呼びかけます。集まった衣類はリユース販売し、収益をスラム地域の学校運営に活用します。2002年からの呼びかけで、累計200t以上の家庭で眠っていた資源が現地の教育を支えています。

  • !2022年5月19日 10時
  • aその他サービス
  • a告知・募集

パルシステム千葉コミュニティ活動助成基金 授与式を5月20日(金)に開催 2022年度は12団体約300万円の助成が決定 市民による地域づくりを応援します

 生活協同組合パルシステム千葉(本部:千葉県船橋市本町、理事長:佐々木博子)は5月20日(金)に、地域活動施設「パルひろば☆ちば」においてパルシステム千葉コミュニティ活動助成基金の授与式を開催します。当日は2021年度助成団体による活動報告も共有し、地域の課題解決に取り組む市民活動を応援します。

  • !2022年5月17日 10時
  • aその他サービス
  • a告知・募集

高崎市立寺尾中学校でSDGs学習会を5月20日(金)に開催  教育現場と連携し、持続可能な社会づくりの担い手を育てます

 生活協同組合パルシステム群馬(高崎市中大類町、反町幸代理事長)は、5月20日(金)に高崎市立寺尾中学校で2年生を対象としてSDGs学習会を開催します。教育現場でのSDGs達成に向けた担い手育成のニーズに応え、地域との連携を推進します。

  • !2022年5月10日 10時
  • aその他サービス
  • aその他

家庭に眠る食品で困窮者支援 2021年度は6.1tに 2022年度は5月に実施 仕分けボランティアも募集

生活協同組合パルシステム千葉(本部:千葉県船橋市本町、理事長:佐々木博子)は5月2日(月)から5月27日(金)の商品配達の際に、家庭で眠る食料品を回収するフードドライブを実施します。6月には新たに利用者に食料品の仕分けボランティアへの参加を呼びかけ、すぐに支援に活用できる状態にしてフードバンクへと寄贈します。

  • !2022年5月6日 10時
  • aその他サービス
  • aその他

「ウクライナ人道危機緊急募金」14万8,782人から1億6,697万5,065円が寄せられました 人道支援に取り組む6団体通じ医療や食料を支援

 パルシステム連合会は3月16日(水)から1カ月間にわたり利用者である組合員に「ウクライナ人道危機緊急募金」を呼びかけ、14万8,782人から1億6,697万5,065円が寄せられました。募金は、医療や食料の提供など人道支援に取り組む6団体へ全額を贈呈します。贈呈式は5月9日(月)から20日(金)にかけて、代表者が各団体を訪問して行われます。

  • !2022年5月2日 11時
  • aその他サービス
  • aその他

パルシステムオリジナル「yumyum産直さつまいもスティック」新発売 規格外原料も活用した産地限定のさつまいもを手づかみ食べにぴったりのサイズに

パルシステム連合会は5月2日(月)から、オリジナル商品「yumyum産直さつまいもスティック」の注文受付を開始します。本品は、千葉県と茨城県の産地「和郷園」限定の産直さつまいもを直営工場で加工します。作った人も、栽培方法や製造過程も明らかな食材をおやつにどうぞ。

  • !2022年5月2日 10時
  • a食品関連
  • a製品

地域活動を応援するパルシステムグループの助成金が11制度へ拡大 2021年度は総計226団体5,840万2,962円へ大幅増

 パルシステムグループは2021年度、地域で活動するNPOなど226団体へ総額5,840万2,962円を助成しました。助成団体数、総額ともに前年度より59団体1,172万2712円と大幅に増えました。助成制度は新たに2制度増設され、合計11の制度を運用しています。

  • !2022年4月27日 10時
  • aその他サービス
  • a企業の動向

パルシステム群馬創立20周年記念サイト公開 支えていただく皆様に感謝の気持ちを伝えます

 生活協同組合パルシステム群馬(高崎市中大類町、反町幸代理事長) は、2022年に創立20周年を迎えました。このたび、20周年を記念した記念ロゴマークを制定するとともに、記念サイトを公開しました。今後もさまざまな記念事業を予定し、組合員をはじめ地域や支えていただく全ての皆様に感謝を伝えていきます。

  • !2022年4月22日 10時
  • a食品関連
  • aキャンペーン

新着プレスリリース

〔福島〕ウクライナからの避難者支援へ寄付金と支援品を贈呈 地震被害を受けた住居の補修に活用「心を安定してくらせるよう応援します」

生活協同組合パルシステム福島(本部:いわき市常磐西郷町磐西郷町、理事長:高野祐子)は5月30日(月)、二本松市で活動する「ウクライナ難民人道支援基金ふくしまキャンプ」へ寄付金と支援品を贈呈しました。

  • !2022年6月2日 10時
  • aその他サービス
  • aその他

6/4(土)、6/24(土)子どもサッカー大会「パルシステム群馬杯」開催  JOYFULサッカークラブと共に地域の子どもたちの未来を応援します

生活協同組合パルシステム群馬(本部:高崎市中大類町、理事長:反町幸代)は、株式会社 globeコーポレーション(本部:前橋市朝倉町、代表取締役:荒川 智)のJOYFULサッカークラブが6月4日(土)、6月24日(土)に開催する大会に協賛します。教育事業者との連携で地域の子どもたちの交流の場を広げます。

  • !2022年6月1日 10時
  • a教育
  • a告知・募集

〔群馬〕6/8(水)高崎市立寺尾中学校でフードドライブ寄贈式開催  教育現場でのSDGsの学びと実践を生徒たちの声で伝えます

生活協同組合パルシステム群馬(本部:高崎市中大類町、理事長:反町幸代)は、6月8日(水)に群馬県高崎市立寺尾中学校でフードドライブ提供品の寄贈式を開催します。SDGs学習会をきっかけとした生徒自身による食品ロス削減と貧困問題への取り組みと学びの成果を伝え、地域連携の輪を広げていきます。

  • !2022年5月31日 10時
  • a教育
  • a告知・募集

パルシステムオリジナル「北海道産直かぼちゃの煮物」新発売 規格外原料を有効活用 食べきりサイズで食卓でも食品ロス削減

パルシステム連合会は5月30日(月)から、オリジナル商品「北海道産直かぼちゃの煮物」の注文受付を開始します。冷凍野菜として人気のオリジナル商品「北海道冷凍栗かぼちゃ」などの規格外原料を有効活用することで、生産者が丹精込めて作った農作物を無駄なくおいしく食べつくします。

  • !2022年5月30日 10時
  • a食品関連
  • a製品

〔神奈川〕不用品・遺品の整理サービスを新たに開始 利用者家庭の片付けの「困った」をサポートします

生活協同組合パルシステム神奈川(本部:横浜市港北区新横浜 理事長:藤田順子)は5月23日(月)から、アールキューブ株式会社(本社:大田区大森、代表取締役:前田義行)と業務委託契約を結び、不用品と遺品の整理サービスを開始します。家庭内で対処しかねる不用品整理で、利用者である組合員の居住空間の困りごとを解決します。

  • !2022年5月26日 10時
  • aその他サービス
  • aサービス

5月よりトイレットペーパーとティッシュのプラスチック包材削減を本格化 宅配だから取っ手はとっても大丈夫

 パルシステム連合会は5月から、オリジナル商品の一部のトイレットペーパーとティッシュの包材から持ち運び用につけていた取っ手部分を廃止しました。生協の宅配システムだから実現できたプラスチック削減です。パルシステムはこれからも、利用者がふだんのくらしで取り組めるサステナブルな買い物を提案します。

  • !2022年5月25日 10時
  • aその他サービス
  • a製品

〔神奈川〕初の寄贈米1.5トンが「フードバンクかながわ」に到着 利用者の米購入量約1%を困窮者支援に活用します

 生活協同組合パルシステム神奈川(本部:横浜市港北区新横浜 理事長:藤田順子)は、対象となる米穀商品を購入すると重量の1%程度をフードバンクへ寄贈する「お米でつながるみらいアクション」を呼びかけています。この取り組みで初の贈呈となる米1.5tが5月17日(火)、「フードバンクかながわ」へ届けられました。

  • !2022年5月23日 10時
  • a食品関連
  • aその他

〔千葉〕衣類のリユースでパキスタンの子どもたちを支援 6月1日(水)から協力を呼びかけ販売収益でスラム地域の学校を運営します

 生活協同組合パルシステム千葉(本部:千葉県船橋市本町、理事長:佐々木博子)は6月1日(水)より、利用者にNPO法人日本ファイバーリサイクル連帯協議会(JFSA)への衣類提供を呼びかけます。集まった衣類はリユース販売し、収益をスラム地域の学校運営に活用します。2002年からの呼びかけで、累計200t以上の家庭で眠っていた資源が現地の教育を支えています。

  • !2022年5月19日 10時
  • aその他サービス
  • a告知・募集

パルシステム千葉コミュニティ活動助成基金 授与式を5月20日(金)に開催 2022年度は12団体約300万円の助成が決定 市民による地域づくりを応援します

 生活協同組合パルシステム千葉(本部:千葉県船橋市本町、理事長:佐々木博子)は5月20日(金)に、地域活動施設「パルひろば☆ちば」においてパルシステム千葉コミュニティ活動助成基金の授与式を開催します。当日は2021年度助成団体による活動報告も共有し、地域の課題解決に取り組む市民活動を応援します。

  • !2022年5月17日 10時
  • aその他サービス
  • a告知・募集

高崎市立寺尾中学校でSDGs学習会を5月20日(金)に開催  教育現場と連携し、持続可能な社会づくりの担い手を育てます

 生活協同組合パルシステム群馬(高崎市中大類町、反町幸代理事長)は、5月20日(金)に高崎市立寺尾中学校で2年生を対象としてSDGs学習会を開催します。教育現場でのSDGs達成に向けた担い手育成のニーズに応え、地域との連携を推進します。

  • !2022年5月10日 10時
  • aその他サービス
  • aその他

家庭に眠る食品で困窮者支援 2021年度は6.1tに 2022年度は5月に実施 仕分けボランティアも募集

生活協同組合パルシステム千葉(本部:千葉県船橋市本町、理事長:佐々木博子)は5月2日(月)から5月27日(金)の商品配達の際に、家庭で眠る食料品を回収するフードドライブを実施します。6月には新たに利用者に食料品の仕分けボランティアへの参加を呼びかけ、すぐに支援に活用できる状態にしてフードバンクへと寄贈します。

  • !2022年5月6日 10時
  • aその他サービス
  • aその他

「ウクライナ人道危機緊急募金」14万8,782人から1億6,697万5,065円が寄せられました 人道支援に取り組む6団体通じ医療や食料を支援

 パルシステム連合会は3月16日(水)から1カ月間にわたり利用者である組合員に「ウクライナ人道危機緊急募金」を呼びかけ、14万8,782人から1億6,697万5,065円が寄せられました。募金は、医療や食料の提供など人道支援に取り組む6団体へ全額を贈呈します。贈呈式は5月9日(月)から20日(金)にかけて、代表者が各団体を訪問して行われます。

  • !2022年5月2日 11時
  • aその他サービス
  • aその他

パルシステムオリジナル「yumyum産直さつまいもスティック」新発売 規格外原料も活用した産地限定のさつまいもを手づかみ食べにぴったりのサイズに

パルシステム連合会は5月2日(月)から、オリジナル商品「yumyum産直さつまいもスティック」の注文受付を開始します。本品は、千葉県と茨城県の産地「和郷園」限定の産直さつまいもを直営工場で加工します。作った人も、栽培方法や製造過程も明らかな食材をおやつにどうぞ。

  • !2022年5月2日 10時
  • a食品関連
  • a製品

地域活動を応援するパルシステムグループの助成金が11制度へ拡大 2021年度は総計226団体5,840万2,962円へ大幅増

 パルシステムグループは2021年度、地域で活動するNPOなど226団体へ総額5,840万2,962円を助成しました。助成団体数、総額ともに前年度より59団体1,172万2712円と大幅に増えました。助成制度は新たに2制度増設され、合計11の制度を運用しています。

  • !2022年4月27日 10時
  • aその他サービス
  • a企業の動向

パルシステム群馬創立20周年記念サイト公開 支えていただく皆様に感謝の気持ちを伝えます

 生活協同組合パルシステム群馬(高崎市中大類町、反町幸代理事長) は、2022年に創立20周年を迎えました。このたび、20周年を記念した記念ロゴマークを制定するとともに、記念サイトを公開しました。今後もさまざまな記念事業を予定し、組合員をはじめ地域や支えていただく全ての皆様に感謝を伝えていきます。

  • !2022年4月22日 10時
  • a食品関連
  • aキャンペーン

企業情報

パルシステム生活協同組合連合会のロゴ

企業名

パルシステム生活協同組合連合会

所在地

新宿区大久保2−2−6 ラクアス東新宿5F

代表者名

大信 政一

URL

www.pal.or.jp

業種

その他サービス

事業内容

食品、家庭用品等をカタログ等を使用して供給する事業、共済事業、電力事業など

この企業のFacebookを見る
この企業のTwitterを見る

プレスキット

インタビュー

記者経験を生かした広報。「伝え方」でメディアとの関係を築く

植田 真仁 氏

関東圏で活動する生協が集う、パルシステム生活協同組合連合会。元記者の経験を生かす広報担当、植田さんに話を伺った。

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

カテゴリ

業界(ジャンル)

地域

ページトップに戻る