プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数51,000社の実績で国内NO.1

詳細検索

IoTのプレスリリース検索結果 1,085件ヒット

宮崎・高鍋町でIoTを活用したインフラ構築の取り組みを開始 -ITのまちづくりによる行政コスト削減、サービス拡充、企業誘致などをサポート-

エイムネクスト株式会社(本社・東京都港区、清 威人 代表取締役社長)は本日、宮崎県・高鍋町(黒木敏之町長)と、IoT技術を活用したインフラ構築およびITのまちづくりを共に進める取り組みに関する連携協定を締結し、このほど、その一環として、農場における温湿度データの監視・管理の試験運用を開始します。 今後は、2018年6月をめどに適用領域を拡大し、さらに実用化のノウハウを構築していくほか、2018年10月には、これを町内に全面展開し、各事業者へ開放する計画です。今回運用を開始したIoTを活用したデータ収集・管理の仕組みは、栽培管理だけにとどまらず、高齢者など居住者の見守り、駐車場やトイレの空き状況モニタリング、施設管理(観光施設の無人での入場者数管理)などに順次拡大させていきます。 http://www.aimnext.co.jp/files/PR_IoT_Takanabe_AIMNEXT.pdf

エイムネクスト株式会社

  • !2018年4月2日 11時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a企業の動向

IoT技術を取り入れたホステル、東京・神田で竣工。スマホですべてのデバイスを一元管理、世界につながるスマートホステル

「&AND HOSTEL KANDA(アンドホステル神田)」は、浅草北、秋葉原に続いて施工を担当した、都内で3棟目のホステルです。伝統的な建築技術に新しい文化・技術を融合。そこには文化・国籍・価値観を超えて笑顔を交わす空間が存在します。

株式会社マルイマ

  • !2018年4月2日 10時
  • a建築
  • a企業の動向

人工知能が商標の類否を判定し商標登録の可能性を数値でお知らせ!

株式会社IP-RoBo(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩原将文、以下IP-RoBo)はエクスウェア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:滝本賀年、以下エクスウェア)と共同で、人工知能が特許庁に既に出願・登録済み商標との類似度を判定し商標登録の可能性を判断するサービス「TM-RoBo(ティーエム・ロボ)」の試験サービス(クローズドβ版)を2018年4月4日(水)より開始いたします。 なお、本サービスは2018年4月4日に東京ビックサイトで開催される「AI・人工知能EXPO」にてエクスウェアのブース(東3ホール【2-31】)にて展示いたします。

エクスウェア株式会社

  • !2018年4月2日 10時
  • aビジネス・人事サービス
  • aサービス

株式会社ペダルノートが、株式会社クララオンラインの事業投資会社である 自転車投資合同会社、個人投資家による第三者割当増資を実施。

IOTソリューション提供の株式会社ペダルノート(本社:東京豊島区、代表取締役 小原 芳章 以下「当社」)は、2018年3月30日にクララオンライングループの自転車領域専門投資会社である自転車投資合同会社(本社:東京都港区、代表 家本 賢太郎)、個人投資家を割当元とする第三者割当増資を実施いたしました。

株式会社ペダルノート

  • !2018年3月30日 20時
  • aネットサービス
  • a企業の動向

AI運用ロボットがサーバー管理者に AWS、Microsoft Azure等インフラ運用技術者の無人化を実現

スリーハンズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:手塚 誠人、以 下「スリーハンズ」)は、クラウドインフラやIoT等のサーバーインフラの自動化マネージドサービス(以下 「3BOTソリューション」)の取り扱いを2018年4月より開始することをお知らせいたします。 「3BOTソリューション」では、AWS、Microsoft Azure及び他のクラウドインフラからIoTを含めたオンプレミスのサーバーインフラまでの運用技術者の業務を最適化と無人化を行うことで高クオリティの運用を実現するものです。

スリーハンズ株式会社

  • !2018年3月29日 17時
  • aネットサービス
  • aサービス

株式会社ジェニオが運営する汎用人工知能研究チームTeam AGI が「ヒューマノイド連動AGI」プロトタイプを発表!共同開発など、企業提携も視野に

株式会社ジェニオ(東京都渋谷区、代表取締役 石井大輔、以下当社)は、同社が運営する国内外3500名の機械学習エンジニアコミュニティ「Team AI(読み:チーム・エーアイ)」内の汎用人工知能研究サブチーム「Team AGI(読み:チーム・エージーアイ)」の初期成果として「ヒューマノイド連動AGI(汎用人工知能))」プロトタイプを発表いたします。 当プロトタイプはTeam AIの技術顧問を務めるロボットエンジニア伊藤博之がスクラッチ開発。「汎用人工知能」をビジネス製品化いたしました。 今回のプロトタイプ発表により、当社は共同開発・実証実験を希望する企業、投資スポンサーの募集を開始します。今後はFinTech領域他にて初年度1,000ライセンスの販売を目標とします。

株式会社ジェニオ

  • !2018年3月29日 16時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a製品

Triple W Japan、介護施設向けに排泄自立をトータルで支援する新サービスの提供開始

排泄予測デバイス「DFree」を企画・開発・販売するトリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社は、排泄ケアのプランニングから評価までトータルでサポートする「DFree 排泄自立支援プラン」の提供を2018年4月1日より開始いたします。新サービスの提供の開始により、排泄ケアへの取り組みをより身近なものにし、排泄自立をサポートいたします。

トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社

  • !2018年3月29日 16時
  • a医療・健康
  • aサービス

クレオ、「BizRobo!」を活用したRPAサービスの提供を開始 ~ERP、BPMのノウハウを強みにしたRPAソリューションをサービス化~

株式会社クレオ(本社:東京都品川区・代表取締役社長:柿﨑 淳一、以下クレオ)は、大きく成長が見込まれるRPA(Robotic Process Automation、以下RPA)市場へ本格参入するため、RPA分野のリーディングカンパニーであるRPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区・代表取締役社長:大角 暢之、以下RPAテクノロジーズ)が提供する「BizRobo!」を採用、ERPとBPM(BusinessProcessManagement、以下BPM)のノウハウを組み合わせた、お客様がより効果的に業務自動化を推進できるRPAサービスの提供を開始することをお知らせします。

株式会社クレオ

  • !2018年3月29日 15時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a製品

Maxim、サイバー空間であらゆるデータを分析し問題を解決するサイバーフィジカルシステムなどを解説

フィジカル空間(実世界)にある様々なデータをセンサー等で収集し、サイバー空間で分析することによって問題の解決を図るサイバーフィジカルシステム(CPS) / 産業間の垣根がなくなり新しい産業へと収斂される産業コンバージェンス

マキシム・ジャパン株式会社

  • !2018年3月29日 10時
  • a精密機器
  • aサービス

経験と勘による栽培ノウハウを反映可能なスマート農業システムへ ~AI潅水施肥システム「ゼロアグリ」機能バージョンアップ~

株式会社ルートレック・ネットワークス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:佐々木伸一、以下 ルートレック)は、自社開発製品であるAI潅水施肥システム「ゼロアグリ」の新機能をリリースしましたのでお知らせいたします。本機能では、篤農家の要望に応え、毎朝一番に必ず潅水することや、水と液肥(※1)の供給を任意のタイミングで切替可能となります。 ゼロアグリは、土壌の環境に合わせ、AIが潅水施肥量を自律的に調整、供給を行っています。しかし、経験豊富な生産者によっては、1日の任意の時間ごとに水のみ、あるいは液肥のみを流したい、といったより細かな設定の要望がありました。それらの要望に応えることで、長年の経験により生産者が得た栽培ノウハウを、簡単にゼロアグリに反映することが可能になりました。 これにより、経験と勘による栽培ノウハウを生かし、生産者の目指す品質の作物に近づけることが可能になります。

株式会社ルートレック・ネットワークス

  • !2018年3月28日 14時
  • a農林水産
  • a製品

AWS IoTを使った電力計キットの販売について ~月額無料で電力可視化、無駄を削減~

スペクトラム・テクノロジー株式会社は、「AWS IoT用電力計キット」(以下本キットという)を平成30年3月29日より販売開始します。本キットは、CTセンサ(電流)、ADコンバータ(アナログ、デジタル変換)から構成し、これまでの、ブレッドボード、Raspberry Pi3Bの開発キット(平成30年2月9日販売)と接続し、Pythonで作成した電力計測プログラムにより、リアルタイム表示、CSVデータ出力を行います。WiFiの環境があれば月額費用が無料で利用できます。家庭からビジネスまで幅広い範囲で利用できます。深夜に不要な電力、無駄な空調などを可視化でき、コスト削減に貢献します。また、電力の長期間データ収集、トラブル調査にも利用できます。

スペクトラム・テクノロジー株式会社

  • !2018年3月28日 11時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a製品

イーソルが「ホワイト企業アワード」を3年連続受賞

イーソル株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:長谷川 勝敏、以下イーソル)は、一般財団法人日本次世代企業普及機構が次世代に残すべき企業を表彰する「第3回ホワイト企業アワード」を「EAP部門」において受賞したことを発表します。第1回では「女性活躍部門」、第2回では「ホワイト制度部門」にて受賞しており、3回連続の受賞です。今回イーソルが受賞した「EAP部門」は、「心身の健康を積極的にサポートする取り組みを評する」部門です。

イーソル株式会社

  • !2018年3月27日 17時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a企業の動向

カナダ・オンタリオ州、連邦政府、ケベック州政府、大手企業5社と共同で第5世代移動通信技術の開発を推進~5G技術の研究開発に今後5年間で官民で総額330億円投資~

カナダ・オンタリオ州、ケベック州両政府と連邦政府は、5Gと呼ばれる第5世代移動通信技術の開発へ向けて、この分野では初の官民パートナーシップ(PPP)プロジェクトである「ENCQORプロジェクト」を立ち上げ、今後5年間で2億カナダドル(約164.4億円)を投資します。民間部門からも、世界の大手通信会社、スウェーデンのエリクソン、米シエナ、仏タレス、米IBM、カナダのCGIの5社が参加し、政府投資に見合う2億カナダドルを投資します。 総額4億カナダドル(約330億円)を投資する「ENCQORプロジェクト」は、オンタリオ州とケベック州における研究とイノベーションのためのコリドーによるネットワークサービスの進化」(Evolution of Networked Services through a Corridor in Quebec and Ontario for Research and Innovation)の頭文字をとったものです。

カナダ・オンタリオ州政府経済開発省 日本広報窓口

  • !2018年3月27日 15時
  • a国・自治体・公共機関
  • a企業の動向

「GenieeDSP」、トレジャーデータのカスタマーデータプラットフォーム「TREASURE CDP」とデータ連携を開始

国内No.1規模の広告収益最大化プラットフォーム「GenieeSSP」を運営するジーニーは、広告主向け配信プラットフォーム「GenieeDSP」にて、トレジャーデータ株式会社のカスタマーデータプラットフォーム「TREASURE CDP」とデータ連携を開始しましたので、お知らせいたします。 「TREASURE CDP」に蓄積している会員情報などのファーストパーティデータを「GenieeDSP」へ連携させることで、広告配信精度のさらなる向上を実現します。

株式会社ジーニー

  • !2018年3月27日 12時
  • aネットサービス
  • aサービス

【4/18(水) 無料セミナー】 IoT製品検証に関する無料セミナーを開催 ~ 品質検証のエキスパートが伝授! IoT製品の潜在リスクと対策 ~

アリオンは、2018年4月18日(水) にIoT製品の検証に関する無料セミナー『品質検証のエキスパートが伝授! IoT製品の潜在リスクと対策』を開催する運びとなりましたので、お知らせ致します。 本セミナーでは、IoT製品の検証実績を豊富に持つアリオンのエンジニアが実際に遭遇した検証事例を交えつつ、具体的な品質向上のためのアクションをご紹介致します。 今回、特別講師としてIoT Newsの小泉氏より、昨今のIoT市場トレンドについてご講演いただく予定です。 IoT製品の検証について気になる方、対策方法が知りたい方は是非ご参加ください。 【見どころ】 ● IoT NEWS 小泉氏 登壇! 製品課題について語っていただきます ● 検証専門企業のエキスパートが語る、IoT製品の持つ潜在リスクへの対策とは? ● 攻めの不具合リスク対策による、IoT製品 品質向上のためのアクション

アリオン株式会社

  • !2018年3月27日 10時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a告知・募集

看板と集客アプリの双方の機能を備えた飲食店向け「看板アプリ」、3月27日に提供開始。リアルタイムの情報を伝え、集客に役立てる。

「看板アプリ」はメニュー、店舗情報、混雑状況等を即時に表示し、通りかかった人を取り込んだり、新規客の開拓をするための媒体となります。基本プランはタッチパネル、スマホ、専用スタンド(を用いて設置するディスプレー)です。これまでのコストがかかる、スペースが足りないなどの店舗の悩みを解決するために開発されました。

株式会社シングスコネクター

  • !2018年3月27日 10時
  • a広告・デザイン
  • a製品

IoTセキュリティ基盤サービスのパートナーライセンスを販売開始 ~ プロビジョニングサーバーの開発および運用の効率化を実現 ~

アイビーシー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:加藤 裕之、以下IBC)は、IoTセキュリティ基盤サービス「kusabi(楔)®」のパートナーライセンスを3月26日より販売開始いたしますのでお知らせします。

アイビーシー株式会社

  • !2018年3月26日 17時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a製品

【告知】スマートアグリシンポジウム 2018 愛媛 開催のお知らせ

2018年4月7日、愛媛にて「スマートアグリシンポジウム2018」を開催致します。 2017年秋にスタートしました農林水産省の委託プロジェクト研究「人工知能未来農業創造プロジェクト」の概要をご紹介頂くとともに、採択テーマのひとつである、「AIを活用した栽培・労務管理の最適化技術の開発」の中核機関である愛媛大学と参画機関に、植物生体情報プラットフォームや農家との取組み事例をご紹介いただきます。

日本農業情報システム協会

  • !2018年3月26日 16時
  • a農林水産
  • a告知・募集

2018年「IoTプラットフォーム」×「ターゲッティング(用途・適用分野)」に関する深堀調査

株式会社ESP総研(東京都港区、代表取締役:村岡 正悦)は、市場調査レポート“2018年「IoTプラットフォーム」×「ターゲッティング(用途・適用分野)」に関する深堀調査”を発刊しました。

株式会社 ESP総研

  • !2018年3月24日 17時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a研究・調査報告

EDAC、大分県ドローン協議会と「産業用ドローンにおける利活用推進連携協定」を締結

大分県ドローン協議会(以下、「ドローン協議会」という。)と一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(以下、「EDAC」という。)は、ドローン利活⽤の普及促進活動を連携して推進することを⽬的に、「産業用ドローンにおける利活用推進連携協定」を、2018年3月16日(金)に締結したことを発表致します。

一般社団法人EDAC

  • !2018年3月23日 16時
  • a国・自治体・公共機関
  • a告知・募集
検索条件を追加・変更する

a人気のまとめ

注目のまとめ

c地域特集

ï開く è閉じる

Mカテゴリ

ï開く è閉じる

Kジャンル

ï開く è閉じる

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る