プレスリリース配信・PR情報サイト。

詳細検索

K 農林水産に関するプレスリリース

農林水産のプレスリリースが988件見つかりました。このページでは「JA、就農、農業法人、森林、漁村、産地直送、食育、スローフード、無農薬、有機野菜、農業ベンチャー」など、農林水産に関する最新プレスリリースを57,991社の利用企業の中から紹介しています。「詳細検索」をクリックしてキーワードや地域、配信期間などの条件を指定すると、より最適化された農林水産のプレスリリースを探すことができます。

社会体験アプリ「ごっこランド」にそごう・西武が新たに協賛! 〜そごう・西武 デパートのおしごとたいけん〜

ファミリー向けデジタルコンテンツ事業を行う株式会社キッズスター(所在地:東京都世田谷区、代表取締役:平田全広、以下キッズスター)の提供する社会体験アプリ「ごっこランド」に、2019年4月26日(金)より、株式会社そごう・西武(東京都千代田区、代表取締役社長:林 拓二、以下 そごう・西武)が新たに協賛し、新規パビリオン「そごう・西武 デパートのおしごとたいけん」を出店いたします。

株式会社キッズスター

  • !2019年4月26日 11時
  • a農林水産
  • aサービス

群馬の「鳥山牧場」が関東で初となる肉用牛の『JGAP認証』を取得! 目指したのは” 味の見える化”、オリンピック食材調達基準を満たす新時代の流通ロールモデルへ

群馬県利根郡昭和村でブランド牛「赤城牛」の生産を手がける「鳥山牧場」は、北陸・中部・関東・甲信越で初となる『JGAP家畜・畜産物(肉用牛)認証』を取得した農場となりました。

鳥山畜産食品株式会社

  • !2019年4月16日 8時
  • a農林水産
  • a企業の動向

漁業関係者向けイベント「漁業エキスポ」 CAMPFIREにてクラウドファンディングに挑戦!

株式会社Saltは、漁業関係者向けイベント「漁業エキスポ」開催にあたり、クラウドファンディングをクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて、2019年4月8日(月)より開始しました。

株式会社Salt

  • !2019年4月8日 14時
  • a農林水産
  • a告知・募集

現役大学生が「在日留学生×農業×地方」の支援に挑戦するクラウドファンディングを始動!米袋への企業広告を募り、お米の安価な提供と国内消費を促進

出身地・茨城県常陸太田市で約3年間カボチャの栽培を行っている現役大学生がこのプロジェクトを企画。在日外国人留学生を”食(日本のお米)”で支援することにより、“農業”と“地方”の活性化を促すというものです。具体的には、米袋にQRコードを印刷し、そこに企業広告や地方のインバウンド収益をもたらすような広告を掲載。増加する在日外国人留学生や技能実習生に、日本のお米を安い値段で食べてもらい、かつ米袋の広告を通して知った日本各地への旅行や新たな消費の誘致を目指します。

株式会社ポケット

  • !2019年3月28日 11時
  • a農林水産
  • a告知・募集

【閲覧期待】\あなたに子豚の“超絶かわいい”を届ける/「Booチャンネル」動画制作!

クラウドファンディングサイトCAMPFIREで、リアル養豚動画配信「Booチャンネル」プロジェクトを開始しました!かわいい子豚の姿を養豚場から配信し、日本の養豚界を観ていただき、興味を持っていただきたい。近年のフードロス問題や食と命を繋ぐ大切さを再確認して頂き「いただきます」の本当の意味を生産現場から伝えていきたい。今回のクラウドファンディングでは、動画配信設備として必要な機材や特設ホームページ作成や返礼品作成等の費用を募集します。

有限会社肉の秋元本店

  • !2019年3月25日 10時
  • a農林水産
  • a告知・募集

矢祭町産ラズベリーで日本一のラズベリー産地を目指し、さらに地域復興をするプロジェクトを開始しました!

クラウドファンディングサイトreadyforで、耕作放棄地の活用をする矢祭町産ラズベリープロジェクトを開始しました! 現在国内流通のラズベリーの9割以上は輸入に依存しています。 また多くは冷凍や加工での流通となっており、生食販売に向いたものの生産がほとんど行われておりません。 今回のクラウドファンディングでは、生食向けとして生産するための設備費用を募集します。 ※全量が生食にできるわけではありません。

株式会社グリーンルーツ

  • !2019年3月22日 17時
  • a農林水産
  • a告知・募集

滋賀県草津市にて、地元オーガニック農家さんが中心に出店する屋外型市場『くさつFarmer’s Market』を4/20(土)にプレ開催します!

学生農業団体 ORGANiC(所在地:立命館大学BKC、代表:内田修次)は、滋賀県草津市の草津川跡地公園 de愛ひろばにて、地元のオーガニック農家さんが中心に出店する屋外型のマーケット『くさつFarmer’s Market』を2019年4月20日(土)にプレ開催します。出店者さんは、運営がセレクトした滋賀県のオーガニック農家さんが中心です。収穫したての新鮮な野菜やお米、平飼いたまご。さらには農家さん自らが加工までした自家製ジャムなどが立ち並びます。さらには、ナチュラルワインや、地元滋賀県産の大豆を使用した手作りの豆腐、さらには有機米を育てる地元農家と共同開発した贅沢なたこ焼きなど、生産者と限りなく近い、加工品や飲食のブースも立ち並びます。[合計約20ブース]また、マーケットを活用し、野菜ソムリエプロによる食育プロジェクト”キッズキッチン in theマーケット”も実施します。

農業団体 ORGANiC

  • !2019年3月15日 13時
  • a農林水産
  • a告知・募集

全国最大規模の農業・食品業界に特化した2020新卒学生向け就活セミナー『食・農 就活サミット』を開催、参加学生の92%が「参加して良かった」と回答。

2020年新卒学生の就職活動が本格化した2019年3月9日(土)、品川グランドホール(東京都港区)で開催された『食・農 就活サミット』に全国から学生368名が来場、農業・食品業界の企業・グループ38社が企業ブースを出展しました。 「ITや最先端技術で変わる農業の未来」をテーマに、最新技術で業界を牽引する企業の代表を迎えてのトークセッションも行われました。

株式会社Life Lab

  • !2019年3月13日 15時
  • a農林水産
  • aサービス

アグリノート上でスマートな農薬散布や施肥の管理を実現!! ヤマハ発動機の「Yamaha Motor Smart Agriculture Platform」へ参画

ヤマハ発動機株式会社が発売する農業用ドローン「YMR-08」。この発売にあわせて運用を開始する、ソフトウェアサービス『Yamaha Motor Smart Agriculture Platform(略称:YSAP)』にウォーターセルも参画いたします。YSAPは、YMR-08の運行管理のほか、スマートフォンやパソコンから簡単に農薬散布・施肥作業に関するデータ管理ができるサービスです。YSAPへの参画により、当社が提供するクラウド型農業経営管理ツール:アグリノートが連携し、圃場や日々の作業記録を管理するアグリノート上で、センシングおよび解析データが閲覧可能な情報の一元管理を目指します。

ウォーターセル株式会社

  • !2019年3月8日 11時
  • a農林水産
  • a提携

花粉シーズンの新定番食品!杉の木を食べて、日本の農業や林業の活性化にも貢献♪『おがっティー®』や『スーパーウッドパウダー®』を使った商品開発ご提案も随時募集中★

『おがっティー®』と、原料の『スーパーウッドパウダー®』の提供を開始します。■『おがっティー®』:静岡県川根本町産の有機粉末茶と、静岡県水窪産の杉おが粉を原材料とする、業界初、食用杉木粉パウダー(スーパーウッドパウダー)入りの粉末茶。■『スーパーウッドパウダー®』:天然乾燥された天竜杉のおが粉を、細かく砕き、数度の煮沸、滅菌、灰汁だし、水切り、濾過処理をし、自然乾燥させたもの。林業の活性化、里山の保全にもつながるスーパーウッドパウダーを、貴社の、他にはない、オリジナルの商品開発にお役立てください。

株式会社樽脇園

  • !2019年3月7日 12時
  • a農林水産
  • a製品

1年間で売り上げ6,000本を達成した国際特許出願中の“魔法の包丁”『サカナイフ』を使用する魚さばき教室が3月1日に富山で開催。3月末には東京会場で実施予定

刃に4つの機能を持たせたスタイリッシュなフォルムが特徴の、魚をおろす専門の包丁を使った魚のさばき方教室です。10歳のお子さんから70歳のシニア男性まで20名の参加者らが、当日水揚げされたばかりの鯖、タイ、カレイなどをおろしていただきました。

株式会社TAPP

  • !2019年3月6日 14時
  • a農林水産
  • a製品

農業従事者の声を元に高性能かつ低価格を実現 日本製 農薬散布ドローン「FLIGHTS-AG」発売

ドローン総合サービス事業を行う株式会社FLIGHTS (本社 : 東京都品川区、代表取締役 : 峠下 周平) は、農薬散布ドローン「FLIGHTS-AG」(フライトエージー)を発売します。「FLIGHTS-AG」は、当社初のオリジナルドローンです。

株式会社FLIGHTS

  • !2019年3月4日 15時
  • a農林水産
  • a製品

3月6日「啓蟄の日」。例年より1ヶ月早く金沢の老舗養蜂場のみつばちたちが活動開始

冬ごもりしていた虫が這い出してくるとされる二十四節季のひとつ「啓蟄(3月6日)」を前に、昭和5年の創業より金沢で養蜂を営む株式会社みつばちの詩工房(本社:石川県金沢市、代表取締役:牧埜幸一)の自社養蜂場では、例年より1ヶ月早くみつばちが活動を開始しています。

株式会社みつばちの詩工房

  • !2019年3月4日 11時
  • a農林水産
  • a企業の動向

誰でも簡単に魚をさばける「サカナイフ」1本で15キログラムのマグロをおろす動画を公開! 1年間で売り上げ6,000本を達成した国際特許出願中の“魔法の包丁”

クラウドファンディングを活用し、2度のプロジェクトで合計約1300万円の資金を調達のうえ完成。2018年3月の販売開始から、およそ1年間で6,000本を売り上げました。1本でうろこ落としから三枚おろしまで簡単にできる形状で、両刃構造のため左利きの方でも使えます。

株式会社TAPP

  • !2019年3月1日 10時
  • a農林水産
  • a製品

品種ごとの特徴や、ちがいが楽しめる♪オーガニック・シングルオリジンの川根茶5種、『やぶきた』・『やまのいぶき』・『つゆひかり』・『ふじみどり』・『おくみどり』☆

有機川根茶の生産・加工・販売を手掛ける、樽脇園は、シングルオリジンのお茶5種(『やぶきた』・『やまのいぶき』・『つゆひかり』・『ふじみどり』・『おくみどり』)を販売開始します。単一の農園・単一の品種からつくられた、シングルオリジン(⇔ブレンド)のお茶です。約30年前からオーガニックにこだわってつくられた、標高630mに位置する、樽脇園の川根茶です。品種ごとの特徴や、ちがいを楽しめるプレミアムなシリーズです。

株式会社樽脇園

  • !2019年2月27日 13時
  • a農林水産
  • a製品

作物名や病害虫、雑草の名前から農薬をかんたん検索! 無料で使える便利ツール 「農薬検索アプリ」をリリース

農薬名や登録番号がわからなくても農薬が検索できる「農薬検索アプリ」登場! ウォーターセルは、「作物名」「病害虫・雑草名」などの組み合わせで農薬を検索できる「農薬検索アプリ」をリリースしました。パソコンとモバイルに対応し、インストール不要、利用登録不要、利用料無料で今すぐかんたん手軽にご利用いただけます。検索結果はお気に入り登録も可能に。また、検索機能に加え、農業ニュースや検索ランキングなどの便利機能がみなさまの情報収集をサポートします。

ウォーターセル株式会社

  • !2019年2月26日 14時
  • a農林水産
  • aサービス

公開学習会「除草剤グリホサートをめぐる日本と世界の動向」2019年3月10日(日)

有機稲作農家と消費者団体等でつくる提携米研究会は、除草剤グリホサートが海外で使用中止、発がん性への懸念や訴訟が起きていることを受けて、国内の使用状況や残留基準のあり方に問題意識を持ち、専門家による公開学習会を開催します。講師は、海外の農薬事情や遺伝子組み換え食品などの問題に詳しい市民活動家の印鑰智哉氏。このほか、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンから、国内のグリホサートの調査報告もあります。日時は2019年3月10日(日)13:30~15:30、会場は喫茶ルノアール新宿区役所横店会議室5号室、参加費1500円(ドリンク付き)。申込みは提携米研究会 http://teikeimai.net/forum/ から。

提携米研究会

  • !2019年2月21日 16時
  • a農林水産
  • a告知・募集

新開発の高濃度乳酸菌で生ゴミや枯れ葉、雑草等の有機物を強力に発酵を促進させる高濃度発酵促進剤の販売店を募集!

新しく開発した高濃度の発酵促進剤(BJC-HK1)は、有用乳酸菌を主体とした10数種の微生物を高濃度に培養した発酵促進剤で、有機物の強力な発酵力と短期間での減量・堆肥化を可能にした発酵促進剤(BJC-HK1)の販売店を募集いたします。

株式会社B・Jコーポレーション

  • !2019年2月21日 8時
  • a農林水産
  • a告知・募集

JAISAスマートアグリシンポジウム2019 in 東京の開催について

この度、日本農業情報システム協会(事務局:千葉県我孫子市、代表:渡邊 智之、以下 JAISA)は、2019年3月7日(木) 東京日比谷にて「JAISA スマートアグリシンポジウム 2019」を開催することをお知らせ致します。 農業の課題をITで解決する「スマート農業」に取り組む企業が最先端のソリューション、センサー、サービス、 そして農業の未来について語ります。

日本農業情報システム協会

  • !2019年2月15日 8時
  • a農林水産
  • a企業の動向

能勢の栗林を再生しキマダラルリツバメの暮らす里山を未来に残したい。 公益財団法人大阪みどりのトラスト協会がクラウドファンディングでプロジェクト開始!

古くから栗の栽培が盛んな大阪府能勢町では栗の古木で営巣するアリと、そのアリと共棲するチョウ、キマダラルリツバメが生息しています。しかし近年、栗の栽培面積は減少し、大阪府ではキマダラルリツバメも絶滅危惧種に指定されています。そこで、栗林を再生し、生物多様性豊かな里山を次世代につなぐプロジェクトを開始しました。そのための資金を、クラウドファンディングで集めます。

公益財団法人大阪みどりのトラスト協会

  • !2019年2月12日 10時
  • a農林水産
  • a告知・募集
検索条件を追加・変更する

a人気のまとめ

注目のまとめ

Mカテゴリ

ï開く è閉じる

Kジャンル

ï開く è閉じる

c地域特集

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る