プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索

M 研究・調査報告に関するプレスリリース

研究・調査報告のプレスリリースが6,715件見つかりました。このページでは「アンケート、ランキング、最新動向、研究所、オタク、意識調査、満足度、研究者、レポート、調査会社、、、」など、研究・調査報告に関する最新プレスリリースを47000社の利用企業の中から紹介しています。「詳細検索」をクリックしてキーワードや地域、配信期間などの条件を指定すると、より最適化された研究・調査報告のプレスリリースを探すことができます。

2017年 米国における「若者の流行・トレンド(テーマ・ジャンル)」に関する最新調査(公開事例:201社×223枚付き)

株式会社ESP総研(東京都港区、代表取締役:村岡 正悦)は、市場調査レポート“2017年 米国における「若者の流行・トレンド(テーマ・ジャンル)」に関する最新調査(公開事例:201社×223枚付き)”を発刊しました。

株式会社 ESP総研

  • !2017年9月10日 14時
  • aビジネス・人事サービス
  • a研究・調査報告

★難聴者に福音か、ヒアラブルテクノロジーの可能性! ★難聴者の53%が「ヒアラブル端末、欲しい」 ★ヒアラブルテクノロジー応用製品に期待の声!

難聴者の53%が、「ヒアラブル端末、欲しい」とのクロス集計分析結果が得られた。 また、補聴器ユーザーにヒアリングしたところ、ヒアラブルテクノロジー応用製品に対する期待の声が聞かれた。 先端テクノロジーの調査会社、AQU 先端テクノロジー総研(代 表、子安克昌)が、独自のアンケート調査データ(2,200人の協力)に基づき、クロス集計による相関関係分析等で分かった。

株式会社AQU先端テクノロジー総研

  • !2017年9月8日 17時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a研究・調査報告

村人?人狼?それともAI?宝塚大学東京メディア芸術学部渡邉哲意研究室の学生が人狼ゲームAI「人狼知能」のアバターをデザイン。静岡大学狩野芳伸研究室との共同研究。

宝塚大学東京メディア芸術学部渡邉哲意研究室の学生が、言葉の駆け引きで楽しむ「人狼ゲーム」のAI「人狼知能」のアバターをデザインしました。このアバターは、静岡大学狩野芳伸研究室の学生たちが開発したAI(人工知能)アルゴリズムと組み合わされ、AIと人間が対戦する人狼ゲームに用いられます。Live2Dを用いたキャラクターイラストによるアニメーション5体は、悩み・笑い・疑いなどを表現。この分野は急成長しており、AIが対戦する「人狼知能大会」も開催されています。大会結果発表の際は、制作したアバターを用いてAIと人間との模擬対戦も行われ会場を大いに沸かせました。今後は動きのバリエーションや演技方法などについて更なる検証を行い「人工」知能ならぬ「人狼」知能にふさわしいキャラクター作りを展開していきます。尚、これら渡邉研究室の活動は、2018年度より新設するメディアデザイン領域の主たる活動の一つです。

宝塚大学 東京メディア芸術学部(新宿キャンパス)

  • !2017年9月8日 10時
  • aエンタテインメント・音楽関連
  • a研究・調査報告

センスに自信なし! 男性6割が<ジュエリー迷子>に!? 「子どもっぽい」「似合わない」…女性42%が、男性が選んだジュエリーに不満も

女性が贈られたいシチュエーションも調査! “一生着けられるジュエリー”をもらうと、女性93%が「胸キュン」

プラチナ・ギルド・インターナショナル株式会社

  • !2017年9月7日 17時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

胃食道癌市場は今後10年間で7倍成長し、2026年には130億ドルに到達すると予測

胃食道癌市場は2016年の約20億ドルから2026年には130億ドルと顕著に成長する見通しで、最速で拡大する癌疾患の一つになると予想されます。この堅調な成長は、複数の高額な新規生物製剤、すなわちPD-1/PD-L1阻害剤の承認によって促進されるでしょう。胃腺癌・GEJ腺癌市場は2026年の胃食道癌市場全体の4分の3を占めますが、これは主に日本における胃腺癌・GEJ腺癌の高い罹患率に起因しています。日本では胃食道癌市場の売上が2016年の10億ドルから2026年には60億ドル以上に増大し、2026年の売上全体で半分を占める見込みです。2026年までに、患者シェアを奪い合う複数の薬剤[オプジーボ、キイトルーダ、Merck KGaA/ファイザー社のBavencio、ギリアド・サイエンシズ社のマトリックスメタロプロテアーゼ9阻害剤(andecaliximab)]が上市され、活発な分野になります。

ディシジョン・リソーシズ・グループ 日本支店

  • !2017年9月7日 16時
  • a医療・健康
  • a研究・調査報告

保活シーズン、秋から本格化! 知っておきたい、「ベビーシッター」を雇ったパパママの本音を調査 約8割が「他人が家に入ること」への不安も

不在中の子どもの見守りに…スマ@ホーム システム「おはなしカメラ」

パナソニック株式会社

  • !2017年9月7日 11時
  • a機械
  • a研究・調査報告

老犬ホーム利用状況調査(2017年7月)発表

2017年7月末時点の老犬ホーム入居頭数は510頭となりました。

リブモ株式会社

  • !2017年9月7日 10時
  • aネットサービス
  • a研究・調査報告

あとらす二十一「主要企業スマホサイト ソーシャルボタン調査 2017年8月版 」を発表。世界のスマホサイトの5割がシェアボタン、7割がフォローボタンを設置

2016年8月の調査に続き、スマートフォンでのSNSによる情報発信が益々重要になっていることから、世界と国内の主要企業のスマートフォンサイトにおけるソーシャルボタンの設置状況を調査しました。その結果、世界ではスマホサイトの5割がソーシャルシェアボタン、7割がフォローボタンを設置してることが分かりました。一方で、国内ではシェアボタン、フォローボタンともに設置率は3割程度に留まり、半数がシェアボタン・フォローボタンともに未設置となっていました。

株式会社あとらす二十一

  • !2017年9月6日 12時
  • aネットサービス
  • a研究・調査報告

全国47都道府県の「がんばるお父さん」を大調査! 仕事前向きナンバーワン、家族愛ナンバーワンは何県? 三大都市のお父さんの特徴も紹介

ワンダ「お父さん大百科」9月4日公開

アサヒ飲料株式会社

  • !2017年9月4日 14時
  • a食品関連
  • a研究・調査報告

2017年「ドローン」×「ターゲッティング(用途・適用分野)」に関する深堀調査

株式会社ESP総研(東京都港区、代表取締役:村岡 正悦)は、市場調査レポート“2017年「ドローン」×「ターゲッティング(用途・適用分野)」に関する深堀調査”を発刊しました。

株式会社 ESP総研

  • !2017年9月3日 10時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a研究・調査報告

あとらす二十一、「世界・国内主要企業サイトスマートフォン対応状況調査 2017年8月版 」を発表。世界・国内主要企業サイトの8割がスマートフォン対応に

前回(2016年4月)に続き、世界および国内の主要企業サイトを対象に調査しました。その結果、スマートフォン対応サイトは、世界、国内ともに前回から約1.2倍に増加し、全体の8割となりました。対応方法は、レスポンシブデザインが増加し、スマートフォン専用サイトはさらに減少しました。国内でもレスポンシブデザインが増加しているものの、世界に比較すると未だ少ないことがわかりました。

株式会社あとらす二十一

  • !2017年9月1日 11時
  • a広告・デザイン
  • a研究・調査報告

ビジネスシーンの「ヒゲとヘアスタイル」に関する調査 営業職はダメ、役員はOK?“ヒゲメンOK”な職種を大調査!

男性社員4割が「職場のヒゲメン」に憧れアリ!? 美容専門家が職種別ヒゲ&ヘアスタイルを指南!

パナソニック株式会社

  • !2017年9月1日 10時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

連合調べ 現在の生活満足度「満足」54%「不満」46%、満足度が最も低い世代は40代

日本労働組合総連合会(略称:連合、所在地:東京都千代田区、会長:神津 里季生、組織人員:686万人)は、「働くことを軸とする安心社会」の実現に向け、働く者、生活者の立場から政策・制度について提言を行っています。今回は、働く人が持つ生活意識や社会の理想像を把握するため、今年4月21日~4月26日の6日間、「日本の社会と労働組合に関する調査」を、インターネットリサーチにより実施し、全国の15歳~64歳の働く人(自営業・フリーランス、役員・経営者を除く)1,036名の有効サンプルを集計しました。(調査協力機関:ネットエイジア株式会社)

ネットエイジア株式会社

  • !2017年8月31日 18時
  • aビジネス・人事サービス
  • a研究・調査報告

IT端末の業務上使用等に関する実態アンケート~個人所有機器の業務上使用がある企業は23.9%。会社支給機器のモニタリング実施企業は約6割~

民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では、企業の人事労務・総務担当者を対象に、社員個人が所有するIT端末の業務上使用と、会社支給機器の私的利用や管理方法について調査を行った。個人所有機器の業務上使用の実態がある企業は23.9%。そのうち、42.9%の企業が規程・ルール等を定めていなかった。また、会社支給機器のモニタリングを実施している企業は57.7%。実施内容は「インターネット接続状況」「電子メールの送受信状況」「機器の操作状況」が多かった。

一般財団法人労務行政研究所

  • !2017年8月31日 14時
  • aビジネス・人事サービス
  • a研究・調査報告

日本最西端の与那国島でRISUタブレットによる学力テストを実施

日本初の遠隔双方向ライブ授業サービス「東大NETアカデミー」を運営するフィオレ・コネクション(東京目黒区)と、算数タブレットによる遠隔学習や、個別指導塾による学習支援サービスを提供するRISU Japan株式会社(文京区)が協力し、8月22日に日本最西端・沖縄県与那国島「町営学習塾」にて、小学生向けに“RISUタブレットによる学力テスト”と、東大生講師が来島しての対面授業を実施いたしました。

RISU Japan

  • !2017年8月30日 13時
  • a教育
  • a研究・調査報告

ヒアラブル端末、スマートイヤホン、急成長へ! 補聴器潜在需要にも好影響!AIスピーカー、日本市場は5年後、年間300万台へ !  調査報告書完成! AQU先端

ヒアラブル端末、スマートイヤホン、急成長へ! 補聴器潜在需要にも好影響! AIスピーカー、日本市場は5年後、年間300万台へ !  AIスピーカー、ヒアラブル端末の調査報告書完成! このたび、先端テクノロジーの調査会社、AQU先端テクノロジー総研(代表、子安克昌)は、『AIスピーカー及び、ヒアラブル端末の市場動向、市場予測に関する調査』 調査報告書を発刊いたしました。

株式会社AQU先端テクノロジー総研

  • !2017年8月30日 10時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a研究・調査報告

早稲田大学と、ソフトウェア開発領域における不具合予測技術を用いた開発意思決定支援、ならびにデータ駆動型ペルソナに基づく意思決定支援に関する共同研究を開始

株式会社いい生活は、学校法人早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所とソフトウェアシステムおよびサービスの高信頼・高効率・高価値開発運用の研究に関する以下2点のテーマについて共同研究を開始いたしました。(1)ソフトウェアの不具合予測技術を用いた開発意思決定支援に関する研究テスト工程における品質検査情報を用いて、ソフトウェアの欠陥発生を予測。ソフトウェアの品質検査期間中における品質状況を適切に把握する方法を研究します。(2)データ駆動型ペルソナに基づくソフトウェア開発にかかわる意思決定支援に関する研究ユーザのソフトウェアの利用履歴等をもとに、機械学習等を用いて実ユーザのユーザ像を導出・分析する方法を研究します。この方法が確立されると、効率的にユーザの実ニーズを把握することが可能となり、より効果的な開発計画の立案を支援することができるようになります。

株式会社いい生活

  • !2017年8月29日 14時
  • aネットサービス
  • a研究・調査報告

【視聴者の愚痴】『24時間テレビ』感動の裏でこのような愚痴を投稿する視聴者も

株式会社ライフメディアの運用する愚痴の投稿・共有サイト『みんなのグチリバ』に投稿された『24時間テレビ』に関する愚痴をご紹介させていただきます。https://guchiriba.com/notes/4049https://guchiriba.com/notes/4082https://guchiriba.com/notes/4081瞬間最高視聴率40.5%(※1)とすばらしい数字を残した一方で、『チャリティーとして矛盾があるのではないか?』などの愚痴が当サイトに投稿されています。24時間終了時点での募金金額は1億2902万958円と、2016年の2億3369万9751円を1億円以上下回っているとのことで、このような視聴者の24時間テレビへの愚痴が反映されているのかもしれません。(※1)ビデオリサーチ調べ、関東地区

株式会社ライフメディア

  • !2017年8月28日 15時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

下着サロンへの来店理由は「サイズへの不安」――「自分のサイズが分からない」女性が半数以上であることが調査で明らかに

適正下着ラボは、HEAVEN Japan試着体感サロン心斎橋に訪れたお客様を対象に「サロンへの来店目的」のアンケート調査を行いました。集計結果を分析したところ、以下のような事が分かりました。

株式会社HEAVEN Japan

  • !2017年8月28日 10時
  • aファッション・ビューティー
  • a研究・調査報告

連合調べ 非正規雇用で働く女性の生活意識 経済的なゆとりが「ない」7割 シングルマザーでは9割以上に

日本労働組合総連合会(略称:連合、所在地:東京都千代田区、会長:神津 里季生)は、非正規雇用で働く女性の就業実態や職場の様子、生活意識を把握するため、2017年7月26日~7月28日の3日間、「非正規雇用で働く女性に関する調査」を、インターネットリサーチにより実施し、全国の非正規雇用(有期契約社員・嘱託社員、臨時・非常勤公務員、派遣社員、パートタイマー、アルバイト)で働く20歳~59歳の女性1,000名の有効サンプルを集計しました。(調査協力機関:ネットエイジア株式会社)

ネットエイジア株式会社

  • !2017年8月25日 18時
  • aビジネス・人事サービス
  • a研究・調査報告
検索条件を追加・変更する

a人気のまとめ

注目のまとめ

c地域特集

ï開く è閉じる

Mカテゴリ

ï開く è閉じる

Kジャンル

ï開く è閉じる

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る